最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

禁煙ファッショ

2010年11月26日 (金)

タバコの煙がどうした

【受動喫煙で年間60万人以上が死亡…WHO推計】

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙が原因で世界中で年間60万人以上が死亡しているとの推計を、世界保健機関(WHO)などのグループがまとめ、26日付の英医学誌ランセットに発表した。
 研究グループは、世界192か国の喫煙調査やWHOデータなどをもとに、受動喫煙にさらされている割合や、受動喫煙が原因となって病気で死亡した人数を計算。2004年に世界中で60万3000人が死亡したと推定した。
 死者のうち、16万6000人は14歳以下の子供だった。世界中の子供の40%が家庭などで、受動喫煙にさらされており、特にアフリカや南アジアでの被害が大きかった。
 15歳以上の喫煙していない男女でも、30%以上が受動喫煙にさらされており、女性28万1000人、男性15万6000人が、1年間に亡くなった。


…………転載ここまで…………


また世紀の大嘘を言ってら〜。60万人も死ぬなら、タバコの煙の充満した部屋にいて死んだ人間を一人くらい連れてきてもよかろう。排気ガスの充満した部屋では自殺ができるだろうて。排気ガスの被害は一顧だにせず、タバコの煙のことばかりキャンキャンうるさいな。

運動仲間にも、わざわざ私の車で送ってあげてるのに、自分が乗ったらタバコを吸うなと言う立場をわかっていない奴までいる。集団ヒステリーだろう。頭弱いんじゃない??

禁煙ファシズムはアメリカの禁酒法を彷彿とさせる。歴史の浅いおバカの清教徒の国では、精神が成熟していないがゆえに風紀委員のような法律を作ってしまい、四苦八苦した。

しかし、世界には、こんな強者までいるのだ。貫禄十分である。消毒だタバコの煙だとギャンギャンわめく母親の元には、このような大物はいるまい。

人気ブログランキングへ


2010年5月 7日 (金)

どうでもいいですが、ブラジャーはタバコの害どころではないらしい。

<ブラジャーを1日12時間以上着ける女性、乳がんのリスクが21倍に—米国立癌研究所>

2010年5月5日、ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立癌研究所の研究で分かった。黒竜江晨報が伝えた。

記事によれば、同研究所がブラジャーの着用時間と乳がんとの因果関係について調査した結果、習慣的に長時間ブラジャーを着用する女性は乳がんなど乳房の病気にかかりやすいことが分かった。1日12時間以上着用する女性は全く着用しない女性の21倍、就寝時も着用する女性は同100倍も罹患率が高まるという。形が崩れるのを気にして就寝時もブラを外さない女性は要注意だ。

調査はまた、世界の女性の約80%がサイズの合わないブラジャーを付けていると指摘。締め付けのきついブラジャーを長時間付けることにより、乳房のリンパの流れが悪くなり、乳腺の正常な細胞ががん化する可能性が高まることから、身体に合ったブラジャーの着用を推奨している。(翻訳・編集/NN)


ちなみに、タバコの場合はと言えば、

20〜24歳で喫煙を始めた男性が肺がんで死亡する割合(確率)は10万人当たり114人,つまり0.1%、非喫煙者の場合には0.02%。

簡単に言えば、喫煙者の肺がんで死ぬ確率が1000人に1人、非喫煙者の肺がんで死ぬ確率が5000人に1人。ということだ。その確率は非喫煙者の5倍になる。

ところが、乳がんはどうだ? 5倍どころじゃないじゃないか!!! 21倍とか100倍とか言ってる。

これは大変だ!! 今すぐブラジャーに

「あなたのつけるブラジャーは乳がんになる確率が20倍高くなります。」

と但し書きをつけるべきである!!そして、ブラジャー禁止条例を検討するべきである!!ブラジャーの会社は殺人鬼だとマスコミは叩くべきである!!ブラジャーに多額の税金を課せ!!

政治家諸君、すぐに実行したまえ。

近い未来には靴下もパンツもベルトも、それから魚も肉もすべてに微量の発がん性が発見されるだろう。

オマエらの言ってることは、こんなにバカバカしいのだ。バ〜カ!!!

私はタバコ発ガン説のウソについて、徹底的に闘う構えだ。

2010年5月 3日 (月)

タバコ集団ヒステリー

15年以上も前のことだと思うが、「世にも奇妙な物語」で禁煙をネタにした番組があった。タバコを吸う人間がどんどん逮捕されていき、最後の一人が警察に負われるという番組だった。

あの頃は冗談として番組が作られたわけだが、今では「あり得る話」なってきた。

禁煙ファシズムはアメリカの禁酒法を彷彿とさせる。歴史の浅いおバカの清教徒の国では、精神が成熟していないがゆえに風紀委員のような法律を作ってしまい、四苦八苦した。戦争反対と同じように。

タバコの煙が充満した部屋で死んだ人は見た事も聞いた事もない。車の事故は年間80万件、そのうち即死者は1万人。排気ガスの充満した部屋にいれば確実に死ぬ。自動車が社会にひきおこす迷惑度のことを考えれば、タバコの迷惑度など無視してよいほどに小さいのは明らかである。

タバコの方はと言えば、なんでもタバコを吸う人の1000人に一人が肺がんになるそうな。タミフル騒動と同じやな。バカバカしい。


迷惑の可能性はタバコだけではない。他人の酒気や、口臭、足の臭い、汗の臭い、金を返さない、夜中のピアノ思いついただけでもたくさんあるが、そんなことには留まらない。他人の顔相、言葉にも不快の念を禁じ得ないものが少なくない。


嫌煙の権利とは恐れ入ったものである。傲慢な思想である。魔女狩りも集団ヒステリーだった。女の腐ったような奴が増えたもんだ。そんなに長生きがしたいか。みっともない。

今度からは私が吸っているキャスター3ミリは410円になるそうだ。前から何があっても吸い続けると断言しているから、それもいいか。保守はタバコの害などにごちゃごちゃ言わんけんね。

どうぞイジメたってくださいな。集団イジメにもめげず吸い続けますから。