最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

核武装

2010年11月30日 (火)

外交文書発表:核放棄、揺れた政府 70年のNPT署名直前「潜在製造能力保持を」

外交文書発表:核放棄、揺れた政府 70年のNPT署名直前「潜在製造能力保持を」

この頃は日本の政治にも戦中派が残っていた時期である。佐藤栄作は明治34年の生まれであった。アメリカの圧力はかなりのものであっただろうと思うが、自主防衛の選択肢を捨てることにかなり困惑したようだ。潜在製造能力を保持し、核武装を後世に託したわけだ。(*゚ー゚*)ヨッシャ ガンバルド!!

NPTは日本とドイツに核保有をさせないために、核保有国が作った条約だ。このとき、NPTにより核保有を一時あきらめる代わりに、原子力の平和利用はNPTで保証されるということだったようだ。

しかし、NPTの第十条の脱退条項には至極当たり前のことが書いてある。

「各締約国は……異常な事態が自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、その主権を行使して、この条約から脱退する権利を有する。」

要は必要に応じて脱退するのは正当とみなされるのだ。 

1964年に中国の核保有が明らかになったとき、フランスのガロア将軍は

「自主的な核武装を放棄すれば、日本はアメリカへの依存をますます深めるか、中国との関係において、真の独立を失うだろう。」

と指摘したということだし、北朝鮮の核保有が明らかになったとき、国際社会でのもっぱらの関心事は「日本は核武装するのではないか?」ということだったようで、アメリカの研究所でも、「日本や韓国はいずれ核武装されるであろう。」との予測が発表されているということである。

外国にとっては日本の核武装は当たり前なのに、日本人だけが核武装に関心がないとは、なんと情けないことであろうか。

右派までもが何のためらいもなく「日米同盟」という言葉を使うが、そんな言葉は欺瞞以外のなにものでもない。あるのは日米安保で日米同盟などない。日米同盟であれば、お互いに対等の立場で協力し合うはずだが。。一人前の大人と自分でさえ守れない子供が同盟など結べるものか。しゃらくせー(´д`)

ちなみに私は反米ではない。日本が自主独立したのち、本当の日米同盟をむすぶことを望む者である。


人気ブログランキングへ

2010年11月13日 (土)

草を食べてでも核武装!!! だよ

MDなんて幻だ。いつまで保護国で甘んじるつもりだ!?  みっともないよ。世界中から笑われてんだ。政治家が言えないなら国民が言うんだ。従軍慰安婦も南京大虐殺もみんなバカにされてるんだからよ。イチイチ反論したってキリがないんだよ。サッサと核武装せーや。

ご先祖様たちが呆れてるよ。ご先祖様たちがいろんな意味で強すぎたから、戦争に負けたのをいいことに、ジャイアンたちが日本をギュウギュウいわせてんだよ。

10年くらい前だったかな。アメリカの高官だったっけ。「あいつらちょっと脅すとパンツまで脱ぎやがる!!!!」と大笑いしてたそうだな。アメリカに追従してたって、どの道、パクスアメリカーナは終わりの鐘が鳴ってんだ。今度はパクスチャイナで、チャイナに媚びるつもりかよ。世界はそんなに甘くはないぜ。

日本は唯一の被爆国だから、核武装する権利がある!!!  やられたらパンツまで脱いでゴメンナサイと言うか、やられたらやり返す覚悟を持つか、2つに1つだ。

【もう核武装しかない!!! 街宣活動】

senngoku38の身を挺した行いを無駄にするな!!! 立ち上がれよ国民!! 憂いていても始まらない!!! 

先般の尖閣問題で一般の人たちから核武装の声がチラチラ出始めたと聞きます。以前より核武装を訴えている我々にとって非常に嬉しいことです。骨董市に来られる方々に国民の真の声を聞いてみようと思います。この声如何によっては本格的に核武装問題に取り組むつもりです。平日時間のある方々、ぜひご参加ください。


日 時: 11月18日(木)14:00〜 
場 所: 大須観音西隣セブンイレブン前にて
主 催: 核武装を考える会 
連絡先: 080−5120−9341

人数が少ないので署名活動改め、街頭演説です 


人気ブログランキングへ

2010年10月30日 (土)

核さえ持てば、日本の抱える問題は一挙に解決するのに

私はイラチである。

憲法改正だ外国人参政権だ在日特権だとチマチマした問題でモタモタしていると、ときどきイライラ〜(`、´X)としてくる。もっと、一挙解決!根本解決!を目指そうぜ!

このまえ、尖閣問題で稲田議員が国会質問していた。彼女はいつも立派だが、なぜか核武装の言葉が出ない。保守政党というなら核武装を言うのが本当ではないのか??

師匠と伊藤貫さんの対談で話題に出ていたが、核弾頭が100から200あれば、どこの国も手出しをしてこないらしい。最後通牒を出せる裏付けがなくては、どんな交渉も最初から勝負ありだ。

江戸の末期に黒船が現れてビビった日本は強くなるためにあらゆる努力をした。明治期において鹿鳴館などという西洋かぶれのことをしたって西洋人から認められはしなかった。ところが日清戦争に勝った途端、日本は認められたのだ。

福沢諭吉は西洋かぶれの文明開化をあざ笑った。欧化主義者を「開化先生」「改革者流」「心酔者流」と言ってさんざんコケにしたのだ。そして彼はこう言った。

「重要なことは、あくまでも日本の独立にあり、そのためには大国、強国である欧米文明国のやり方を受け入れる他ない。とりわけ学ぶべきことは、文明国の持つ「人民独立の気風」なのである。これは一人の人間についても一国についても等しく当てはまる。真に問題なのは、ただ政治制度を民主化し、学校を作り、軍隊を整え、工業を興し、西欧の知識を移入するといったことではない。つまり制度や知識を真似て輸入することではない。それは「文明の外形」にすぎない。真に大事なものは、目に見えないものであり、書くことのできないものであった。「そのものとは何ぞや、人民独立の気風、すなわち是なり」というわけある。」以上「日本の愛国心: 序説的考察 」著者: 佐伯啓思


現代の「開化先生」「改革者流」「心酔者流」である親米左翼よ。強者の腰巾着、ドラエモンに出てくるツネオ君のような心性では、いつまでたっても問題は解決しまい。ツネオは金持ちだから、骨までしゃぶるためにジャイアンにちょっとばかり相手にされているのだ。それだけ。

師匠がいっていたが、平和主義者だった日本の外交官が世界からあまりにもコケにされるので、憤懣やるかたない思いになり、死ぬ前に書いた著書の中で、「日本よ!核武装!!」と書いたということである。

我が国のあらゆる問題の本質は国防意識にある。人民独立の気風など跡形もない。核武装しかないのに、保守と思しき人間でさえこれを言うと、利口ぶるバカが2ちゃんねるで拾ってきた知識で反論を繰り返すんだよね。バッカバカしい。

はやくはやくはやく〜 核武装のビラを作って世帯数5000万枚×12ヶ月撒きたい〜 尖閣問題でビビる今がチャンスのはず。

2010年9月16日 (木)

核武装講演会動画

ご好評いただきました核武装講演会の動画がやっとできました。















2010年7月 6日 (火)

憲法改正より核武装が先だ

核武装と言うと、憲法改正が先だと言う人が多い。

しかし、憲法改正論議は半世紀にわたってグダグダと、うだつの上がらないまま続いているのであり、これを待って核武装するとなると気が遠いてくる。

憲法改正と核武装は同時並行が望ましいに決まっているが、幸いなことに日本国憲法のままでも核武装はできるのだ。だから憲法解釈変更や憲法改正よりも先に、まずは核武装したほうがいい。運動論として考えても、核武装さえ実現できれば、遅々として進まなかった憲法改正などスイスイ事が運ぶに決まっている。

アメリカの核の傘など嘘八百のデマであり、日米同盟も欺瞞でしかない。日本が核武装すれば、日米同盟も欺瞞でなくなり実質的パートナーとなることもできる。日本にとって起死回生の逆転ホームランは核武装なのだ。

まあ、石平さんの言う通り、2、3年後に中国が台湾を併合するとなれば、どう考えたって間に合わないが、数パーセントの%の希望がある限り、我々は核武装を訴えていこう。

広島長崎で盛り上がる日に核武装論議をします。拡散お願いします。
Jj_2


2010年6月 1日 (火)

【講演会】核武装に対する5つの反対論を撃破する

宮崎先生と西部先生の対談より。

西部先生:「このような八方ふさがりの状況で、突破口を切り開くとしたら核武装しかないんじゃないか? 僕はなにもクレイジーに軽はずみに言う気はないんだけれども、やっぱり、考え方の上でね、世界の強国が大量に核を持ってお互いに頑張ってるときにね、日本だって子孫が生き延びれるとしたらね、核のことを真剣に真っ正面から見ないとだめなんだという、そういう意味での核論議をねしなきゃならないと思うんだよね。なんていうんですかね、変なシンポジウムで核とはなんだろうなんて洒落臭いんじゃなくて、日本の1億3千万の民がね、核を武装の頂点に置くべきじゃないかってことを、世論レベルで執拗に言うグループがいるといいよね。」

宮崎正弘先生:「もう時間的に間に合わないんですよ。だからね、初めから日本が核を開発するのではなくて、今までインド、パキスタンに日本は援助してますね、それをチャラにするから核よこせという手もあるし、もう1つはアメリカに8000億ドルからの国債を日本は貸してるわけでしょ、あれいずれチャラになると思います、そのときの担保として堂々と横須賀か佐世保に寄港している原子力潜水艦を押さえます。それは核兵器つきにしてくださいと、こういう選択がいずれ必要になるだろう。まあ、これ奇策ですけどね。」

西部先生:「その辺の一般国民がさ、「おい、なんかさ、担保をとったらしいぜ。」って言って、その辺りの居酒屋でみんながバンザーイ、バンザーイってやるぐらいでないと取れないんだよね。」一同爆笑。

演題「核武装に対する5つの反対論を撃破する!!」
講師:西部邁氏、藤井厳喜氏
日時:平成22年8月8日(日)14:00~16:00
場所:ウインクあいち
入場料:大人2.000円 学生1.000円
主催:核武装を考える会
TEL 052-702-3020
FAX 052-702-3165
mail: nazonokusa7@gmail.com
チラシはこちらからダウンロードできます。

Jj_2


2010年4月18日 (日)

核武装したら慰安婦とかのくだらない論争は終わりますよ、木内さん

木内とかいう人がからんできてますけどね。共産党の人かな。まだ話そうとしてくるだけマシか。

私は細かいぐちゃぐちゃした話が嫌いでね、木内さんの話には興味ないんだけど、1つ言わせてもらうと、現代だって大昔だって、金持ちや貧乏人、理不尽に殺されたりする人、寿命が長い人、短い人、ブサイクな人、美しい人、いろいろいるんだよね。

理不尽ていうと、日本では広島長崎に原爆が落ちたり、空襲されたり、他国では文化大革命なんかものすごい数が殺された。で、慰安婦ってのは戦争中、親の借金かなんかのかたに売春宿に売られ、彼らは売春婦としてその辺の軍人の比じゃない程の金額を稼いでいた。木内さんは、奴隷じゃなかったかと心配している。

そりゃ可哀想ですよ。でもね世の中には理不尽なことなんて数えきれないくらいあるんですよ。なぜ、そこに焦点を当てるのかが不明なんですがね。。木内さんには14万人の死者は目に入らないようですが、でもね、それこそが国際法違反なんですよ。

個人の不幸を国際法だとかいって国家の問題にしようとするのが木内さんたちなんですよ。くだらん。
狭義とか広義とかどうでもいいの。強制連行はなかったの。民間なのよ。民間だから許可証はいるかもしれないけど、民間てことは金稼ぐことが目的なの。軍は民間の金稼ぎには口だししないのよ。

それでね、木内さんに教えてあげる。安倍首相がどうのこうのでなくて、日本は核武装してないから、言いたいことが言えないだけなのよ。だから慰安婦とか南京とか、あなたのご指摘は核武装して、独立したらすべて解決ってこと。

核武装したらね、こんなくだらない論争は終わるわけ。愚民ばっかだから核武装するまでが大変なんだけどね。

日本よ!アフガン、イラク、チェチェンを見よ! 彼らは大国に標的にされながらも闘ってるぜ。立派だよ。核武装しようや。福祉国家やめようや。(厚生労働省の予算コストは防衛省の六倍。こんな国ありますか?? しかも障害者が感謝せんと威張っとる。なんやあいつら凸(`、´X))

おっと軍事費3倍増、徴兵もね。徴兵に関してはまた書くね。