最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2013年2月

2013年2月18日 (月)

自殺した子どもの親は、世の中のあり方を変えろと意見を述べる権利を与えられるのか?

■小5自殺で両親手記「学校統廃合、再検討して」
(読売新聞 - 02月18日 06:18)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2327382
 大阪府大東市の小学5年の男児(11)が学校の統廃合の中止を求めるメモを残して自殺した問題で、男児の両親が17日、読売新聞などに現在の心境を記した手記を寄せた。

 両親は「心の叫びをキャッチできず、本当にごめんなさい」と悔やみ、子どもが物事を変えるために死を選ばないよう訴えているほか、男児が通っていた小学校の統廃合については再検討を求めている。

 男児は14日夕、「一つのちいさな命とひきかえに、とうはいごうを中止してください」というメモを残し、JR片町線野崎駅で電車に飛び込み、自殺した。

 両親は手記で、男児から最近「統廃合について、子どもの意見を聞いてくれるところはないの?」などと尋ねられ、閉校式の練習があった12日夜には男児が「みんな気持ちが違うんやから団結せー言われてもできへんやんなー」と憤慨していたことを明かした。

 両親は「閉校式の練習などを頑張れば頑張るほど、統廃合という自分の思いとは逆の方向に進んでいってしまうことに心の矛盾を抱え、自分自身を追い込んでしまったのでしょう」とし、「傷ついた羽を休めてあげることが出来なかった。後悔しても後悔しきれません」とつづった。

 そのうえで「物事を変えるために子どもができることが死だとは決して思わないでほしい。生きて働きかけ、世の中を変えてほしい」と強調した。

 学校の統廃合には「子どもたちがどう感じているか意見を話し合う場を十分に持つことなく進められたことに一番の問題がある」と指摘。「子どもたちの納得と理解を得られるかたちで、時間をかけて是非から再検討してほしい」とした。







最近、子どもが自殺すると、親が世の中に対して堂々と意見を述べ始める。そもそも、子どもが自殺するということは、そんな子どもに育てた責任は、世の中でも教師でもなく、親にしかない。親がまず始めに恥じ入るべきなのに、なぜ堂々と恥ずかしげもなく、世の中に意見をするのだ?? 体罰で死んだ子どもの親もそうだ。


この子どもの親はどれだけ税金を払っているのか?統廃合に反対なら、寄付でもポーンと出せばいい。子どもたちの納得と理解? 子どもの見解をいちいち聞いて政治をするんか? どんなバカだ、この親は。顔が見たい。おぎゃあと生まれたその日から、子どもに一票を与えろというのか?


私の子どもが小さいときも、バカ親がバカ面さらして、あの先生はいいだの悪いだの朝から晩までピーチクパーチクやっていた。本当にいやな世の中だ。

« 2013年1月 | トップページ | 2015年5月 »