最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 毒と薬は裏腹 | トップページ | 君たちは去勢されてしまった »

2012年1月28日 (土)

脱原発?原発推進? かんべんしてよ。。

今回の原発騒動で思想が確立していない人々のブレは目に余るものがあった。

主権回復を目指す会は原発騒動以前は原発について何ら異を唱えていはしなかったと思うが、原発騒動後、脱原発に急旋回をみせた。愛国左翼だと一時期言っていた憶えがあるが、なるほどその通り。脱原発の理由は安全性や生命財産、コストなどを挙げているが、原発事故を誇大宣伝するマスコミをまるまる信じて腰を抜かしたというのが本質だろう。

私は力みのない緩やかな脱原発に反対する者ではないが、今頃になって急に脱原発と騒ぐのは甚だ珍妙と言わざるを得ない。それに、イラン、ホルムズ海峡で何かが起こり油が高騰したら、この人たちどうするつもりなんだろう。。どう考えても、原発の被害よりこちらの被害の方が甚大のはず。。原発しかないのがなんでわからんのかなぁ。そのときは小声で原発再開と言うつもりだろうか。世界の国はイランで大騒ぎしている中、日本だけ脱原発とはおめでたい話である。

脱原発を言うなら資本主義、技術主義、産業主義、進歩主義にも反対してみろ。

もう一つおかしかったのは、在特会が原発推進を唱えたことである。こちらは主権回復を目指す会が言う通り、「左翼が『脱原発』なら、こっちは『原発推進』だ」と安易に考えたのだろう。その態度は、自分は保守ではなくアンチ左翼に過ぎないと自分で言っているようなものであった。左翼の反対をやればいいとばかり原発推進を訴えるのはあまりにおこちゃまじみていた。推進でなく維持を訴えるのがれっきとした大人の態度である。

原発事故が起こったから、地震が起こったからで、その度ごとに己の見解を迷走させては思想運動にならない。


有象無象の大衆がブレてあっちゃこっちゃにこぞって走る姿は滑稽であった。

ちなみに私はケンカを売りたいのではなく、思想的におかしすぎるので修正していただければと思い、苦言を呈したつもりである。最近はブログも更新していないので見ている人も少数だ。修正するなら今しかないはずだ。

« 毒と薬は裏腹 | トップページ | 君たちは去勢されてしまった »

コメント

Free knowledge like this doesn't just help, it prootme democracy. Thank you.

Furearlz? That's marvelously good to know.

原発を維持するためには今起こっている原発反対への対抗が必要なのではありませんか?
推進とは言っていても演説内容は原発の維持を推進だと思います。

原発関連で珍妙なので言えば事故後に電力料金が高いとか言う話になったのも面白いです。
事故らないように値段上がっても良いから安全にしろって話がありませんでした。
福知山線の事故後に電車の運賃が高い!などといってるようなもんです。
原発停止の結果電気代が上昇するのですから、「電気代が上がった!原発停止の結果だ!やったー!」
とは言わない反対派って一体なんなのでしょうか。わがままなガキなのでしょうか。

●そもそも、「原発が必要」といっている目的・根拠とは何なのか?

そもそも、「原発が必要」といっている目的・根拠とは何なのか?

この根本を無視した論議など、全く無意味でしかない!

「日本に原発が必要」な根拠とは、

①電力インフラとしての原発
②核武装のために必要な原発

以外にはなかろう。

しかし、このどちらも「大嘘」でしかないのは明白だ。

①電力インフラとしての原発

という「大嘘」、その根拠とは、

「原発は同出力のバックアップ火力とセットで造られ、火力のバックアップがなければ運営できない」

という事実である。

つまり、原発はそれ単体では絶対に運用できない発電システムなのだ。この「根本的な事実」をひた隠しにして国民を40年間騙してやってきたのが「原発の実態」なのだ。

「原発が緊急停止した時には、即座にバックアップの火力が取って代わるので、絶対に停電もしなければ電力不足にもならない」、これが「原発の正体」なのだ。

つまり、「火力のバックアップがあってこその原発」なのであり、こんなものが「日本の発電インフラ」になどなれるはずがない事は自明である。

しょせんは、「原発」で金儲けをしている「原子力村」利権勢力の金儲けでしかないのだ。しかも、日本の「原子力村」など、しょせんは米仏英の原子力シンジケートの下請け、でしかない。

②核武装のために必要な原発

これも「大嘘」、でしかない。

「日本の核武装化」には二つの壁がある。

(1)日本には原爆製造が出来るタイプの原子炉がない。

日本の原発用原子炉は全てアメリカ規格の軽水炉、これは「原爆を製造できないタイプの原子炉」であり、54基の原発をフル稼働してもたった一発の原爆もできない「無用の長物」である。原爆製造のできる高速増殖炉「もんじゅ」は頓挫していて動かない。

つまり、アメリカは日本に「そのドル箱になる」原爆を造れない原発は大いにやらせても、「原爆は造れない」(つまり「核武装」できない)ように仕向けているのだ。

原爆製造のためには「黒煙炉」か「重水炉」を持たねばならない。これはせいぜい2、3基で足り、しかも原発のような大型原子炉は不要で小型のもので十分である。これらの原子炉一基当たり、原爆は年産10発なので、3基で年産30発、10年で300発の原爆を製造できる。しかし、日本にはこのタイプの原子炉が一基もない。

つまり、核武装に必要なのは小型の「黒煙炉」か「重水炉」なのであり、原発の「軽水炉」54基など全く不要でしかない!

こんな事は、原発を一基も持っていないイスラエルが、既に数百発の核兵器を製造・保有しているという事実を観れば、明白なのである。

(2)NPT(核拡散防止条約)は「日本の核武装」を禁止しており、核武装するためにはNPTから脱退する必要がある。

日本は原発の核燃料ウランを100パーセント輸入に頼っている。しかし、NPTに加盟していなけばどの国も日本にウランを輸出してくれない。よって、原発を続けるためにはNPT加盟国であることが絶対条件、なのだ。

しかし、NPTは「日本の核武装」を禁止しているのだ。

つまり、NPTを巡って、「原発=NPT加盟が絶対条件、核武装=NPT脱退が絶対条件」なので、原発と核武装は真っ向から対立してしまうのだ。

要するに、日本は「原発か核武装か」という二者択一をしなければならない。では、選ぶのは「原発なのか、核武装なのか」であろうが!

では、アメリカと対決してでもNPTから脱退して「核武装」する気概があるのか? ありはしまい。こんな根性なしで、何が「核武装」か!


要するに「日本の原発」など。しょせんは「アメリカの原子力植民地」でしかないのだ。その証拠に、アメリカは日本には「原爆を造れない原子炉」を多数売りつけても、「原爆の造れる原子炉」は持たせず、要するに「核武装」はさせないのだ。しかも、その原子炉の主要部は「ブラックボックス」、これは航空自衛隊のF15戦闘機と同じだ。肝心要なところは「ブラックボックス」、日本自前ではいじることはできないという仕組み。

まさに、日本が「アメリカの植民地」でしかないという生きた証拠だ。

■そもそもの根底にある「日本の独立回復・自存自立という究極のテーマ」を棚上げにして、全ての論議は成り立たない!

60年間も「アメリカの植民地」=「米領日本」に甘んじている「事大主義」のままで、「愛国」も「核武装」クソもあったものではない!!

だいたいが、「植民地」が「核武装」など、できるわけがなかろうが!

何が「領土を護れ」だ、笑わせるな! テメエの本国が「60年植民地」のくせに、領土もクソもないものだろうが! そもそも「植民地」に「領土」などあるか!!

「アメリカの植民地」が「核武装」もクソもあったものではない! アメリカのお墨付きがなけはれば何もできない、のが「植民地・米領日本」の実態だろうが!

それを「保守」とかいう「アメリカの子分」に過ぎない連中が、「イカサマの独立主権国家」ヅラをして利いた風な事を言っているだけだろう?

「60年間アメリカ植民地」にぶら下がっていて、何が「領土を護れ」だの「日本の名誉」だ、笑わせるな!!

「愛国」とか抜かすならば、「植民地」から独立回復することが何よりも先決中の先決、だろうが!

ところが、「日本の右派」なる連中、どういつもこいつもこの「本質」は避けて通るという「卑怯者」ぶりの連中ばかり。しょせんは「アメリカのケツにぶら下がった家来ども」じゃないか!

「植民地」からの「独立回復」もできない奴が何が「愛国」だ、笑わせるな!

その驚くべき、あなたのブログとあなたが提供する詳細な情報に入れ、時間と労力を見て。私はあなたのブログをブックマークして、新しいポストのため、それが毎週訪問します。

私はあなたがこのコンテンツ内で行ったポイントのほとんどに同意する。

これは本当に素晴らしい記事です、私は最近found.Iあなたの次のポストのために楽しみにして満足している。"

こんにちは、
私は、この共有のためにも、あなたは非常に感謝しています...それは私が私の執筆のために十分な情報を得る私の執筆プロジェクトのために非常に便利です..!

私は非常に有益なブログのこのタイプが大好きです。

It was very useful for me. Keep sharing such ideas in the future as well. This was actually what I was looking for and I am glad to.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/43897415

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発?原発推進? かんべんしてよ。。:

« 毒と薬は裏腹 | トップページ | 君たちは去勢されてしまった »