最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 再再 … 極右評論へ | トップページ | 極右評論 逃亡! »

2011年4月 4日 (月)

排外主義と保守主義の思想的な違い

※これは極右評論への反論でもなんでもありません。一般論です。

排外主義は、まえにも書いた通り、人種、DNAによって排斥かどうかを識別する。何度も言うが、悪役に徹して排外主義を主張するなら、私も排外主義について一分の道理を認めてもいい。

保守主義の場合は、日本の歴史慣習を重んじ、ルールや秩序を遵守し、日本国のために武器をとって闘う意思のある帰化した者であれば、これを許容する。要は頭の中身の問題である。

例えば、アメリカは移民国家である。アメリカの国籍を取得する場合は、これまで属していた国への忠誠をすべて放棄し、アメリカ合衆国に忠節を尽くし、アメリカの法と秩序を守り、アメリカのために武器をもって戦うことを誓約させられる。(保守主義的)

大東亜戦争前に、アメリカで日本人移民排斥運動があった。この排斥運動は非常に理不尽なものであった。この時のほとんどの日本人移民にはアメリカ国籍があったそうだ。要は日系アメリカ人であったのだ。法や秩序も守っていたが、「日本人はよく働きすぎる」という理由で排斥された。(排外主義的)

で、誰かが言っていたが、いい朝鮮人か悪い朝鮮人かわからないだろうと。それに答えよう。

在日韓国朝鮮人は日本の国籍を取得せず、祖国に忠誠を誓いつつ、日本で永住権を求めている人たちである。日本に忠誠を誓っていない外国籍の朝鮮人ということだ。そんなものは一匹残らず祖国にお帰りいただけばいい。朝鮮半島から強制連行された可哀想な人たちなんだから。早く祖国に帰っていただいたらいいだろう。いい朝鮮人も悪い朝鮮人も関係ない。単なる外国人だろうて。永住権を奪い外国人扱いすればいいし、外国人に関する法やルールをもっと厳しくしたっていい。

戦後日本人は、朝鮮に対する贖罪意識があったために、在日韓国朝鮮人を強制連行された可哀想な人たちと看做し、超法規的措置をとるに至った。「叩き出せ」という言葉は、戦後の朝鮮に対する贖罪意識から解放しろ!日本人よしっかりしろ!という意味である。

石平さんやラモスさんなどは日本国籍を持っていて、日本国に忠誠を誓っている。そのへんを歩いているバカな日本人より日本人らしい。この人たちまで、追い出すぞ!と宣言するのが排外主義である。日本人に純血種があるのかどうか知らないが。。

国籍取得をもっと厳しくするべきだ。忠誠を誓わせろ。誓約に反した者はただちに国籍を剥奪すればいい。剥奪すべきだ。反日の政治活動をしている朝鮮系日本人などは国籍を剥奪しろ。在日韓国朝鮮人はいい人だろうが悪い人だろうが、単なる外国人に過ぎないわけだから、皆さん揃って祖国へお帰りいただく。法を整備しろと主張するのが、「保守」であろう。

保守が綺麗事などとは言わせない。

« 再再 … 極右評論へ | トップページ | 極右評論 逃亡! »

エセ排外主義者との論争」カテゴリの記事

コメント

banana排外主義の一角が来ました。

私の提唱する「中韓限定排外主義」では、
人間を物理的に排斥するという発想はありません。
排斥の対象となっているのは、
中韓の政治的、国家的、民族的な利害関係や
日本人の感性と相容れない特有の文化・慣習であり、
ハードウェア(人種、DNA)よりは
ソフトウェア的なものを問題視していることがわかると思います。

なぜこれらのものを排斥するのかといいますと、
互いの異質は「争い」を招き、共存できないからです。

しかも、日本人と中国人は、かつて満洲で
互いに政治的接点を持ったことがきっかけで
全面戦争という破局を迎えてしまった苦い過去があります。

日本人はその過去について
「侵略戦争」などと卑下して中国人に謝る必要など全くありません。

むしろ、アジア主義、八紘一宇、「五族協和・王道楽土」といった

「まぜりゃんせ」

を二度と繰り返さないことが
真の意味での過去の反省であり、
先人に対しての後世の世代に課せられた責務であると考えます。

それゆえの「中韓限定排外主義」なのです。

このまえはバナナありがとうございました。しかし、バナナでは買収されません(笑)

「中韓限定排外主義」、それは絵空事だと申しておきましょう。そんなことより、国籍取得を厳しくしたり、「スパイ防止法」とか、「国籍剥奪に関する法律」を作った方が早いです。細かくは専門家が考えればいいですが。。

事後法ではムリがありますので。

bananaほんとうは、そんなことを言いに来たのではなくて、
日系移民排斥に関するレンゲさんのこの部分の指摘に参りました。

→ 「日本人はよく働きすぎる」という理由で排斥された


歴史を紐解けば、そんなに単純な話でもないのです。
アメリカでは19世紀末期にいわゆる“フロンティア”が消滅すると、
従来のモンロー主義という孤立外交を捨て去って
積極的に対外膨張を始めるようになります。
ハワイを領有し、スペインとの戦争に勝ってフィリピンをも領有すると、
次は中国への進出を狙うようになります。
アメリカが日露戦争の講和を仲介したのは、
「門戸開放 機会均等」の実現のためであり、
決して善意でも無償の慈善事業でもなかったのです。
しかし、日本はアメリカに見返りをいっさい与えなかった。
それ以降、アメリカは日本に敵対的な国策を取るようになります。
1924年の「排日移民法」も、その一環になります。

アメリカが日本に敵対的な国策を取るようになったのは、日露戦争の勝利の翌日からです。

小生も概ねレンゲ氏に賛成。

帰化要件をもっと厳格にすべきであり、日本国に忠誠を誓わせるべきだ。

それで、反日日本人の大量生産を喰いとめる事ができるのではないのか?

レンゲ氏が挙げられている人達や前田日明、呉善花両氏のような親日の新(真)日本人をもDNAや属性だけで画一的に排斥しようとするレイシズムは右翼でも保守でもないでしょうね。

まぁ、例の方はネオナチの日本支部みたいなとこで活動してた前歴がありますし、そういった脳味噌が思考停止で動脈硬化に陥ったかのような幼稚な思考や発想をしてしまうのではないでしょうか?

ところで、彼と師匠である瀬戸氏は上手い事いってるんですかね?

いらんお節介でしょうが、二人の間に微妙な隙間風が吹いているような感じがします。

勿論、小生の杞憂に終わって欲しいのですけどな。

ネオナチなら、ある意味認めると言ってるじゃん。。ナチズムとはナショナリズムのことでしょう。でも、ネオナチと言うなら外国人の襲撃ぐらいやらなあかんでしょ。

あちらの方達は、人数が少ないからという理由で暴力行為を否定しているが、ヒトラーの運動は6人から始まったのは有名でしょう。

それから、有門さんは瀬戸さんが「灯油がない」とおっしゃってたときに、灯油を持ってすっ飛んで行ったんでしょうか。気になりますね。

仰りたいことはよく分かりますが、在特会は大枠での方針があって、その賛同者なら細かな思想の違いは不問とするとの方針のようですから、有門さんみたいな考えの人もたくさんいると思いますよ。

日本に忠誠を誓う外国人は歓迎するってのを強調するやり方は某桜と同じですよね。デモ参加者に対して
「プラカード持参歓迎 但し差別的なものは禁止」
とかやるんですか?「チョンコ」と発言した関西の活動家に対して「それは差別的だから、言い方を変えてくれ」とかやるんですかね。前にも言いましたけど、
世間では在特会は、忠誠を誓う外国人を歓迎してるとはとても思ってくれてないと思います。岩橋さんの考えだと言葉狩りをやらざるを得なくなってくると思いますよ。

有門さんみたいな考え?

というと、人権屋のような考えのことですか?

「プラカード持参歓迎 但し差別的なものは禁止」?
私はそんなことを言った覚えはありません。

申し訳ないが、チョンコと言おうが、キサマと言おうが、アンタと言おうが、このブタと言おうが関係ありません。そのときの状況によって言葉は使い分けるものです。脈絡があればいいんだよ。

そんなことすらわからずに、書き込むなよ、ボケが。

てめえ、文章読めるのか? 有門を批判しているのは、排外主義者だからでなく、人権や生命に価値を置く、エセ排外主義者だからだ。テメエは知能が低いんじゃ、カス。

そうですか
それなら安心しました。支部長と副会長は全く
性格が異なると思ったので懸念してましたが。
変な方向に動かなくて安心してます。

おっと、小生が読み落としておりましたな。失礼致しました。

有門さんは在特会を抜けたけど、瀬戸先生は在特会にまだいますしね。

何か色々しがらみがあるようですが、師弟なんだし福島に行ってあげて欲しいですよね。

師匠である瀬戸さんは今凄く苦労してるわけで・・・・。

ちょっと前のエントリーで街宣右翼や民族派の人達が被災地に行った事を愛国心があっていいと上から目線で有門さんが語っていましたが、貴方は師匠の下には行ってあげないの?って思ってしまいました。

向うに書こうと思ったけど、取り巻きの極端な人達に工作員扱いにされるのも嫌だったので断念しましたがね。

こういった時期なんだし、師匠を元気付けて上げて欲しいなと思っています。

反日集団及びシンパ、似非右翼または右翼・左翼に最も効果的な特効薬は「鉛弾」か「手榴弾」です。
馬鹿共相手していたらストレスが溜まりますよ。
ついでに報告です。
在特会に入会しましたので今後ともご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
いずれ、どこかでお会いする事があるかと思いますが私は論戦は好みませんのでご了承下さい。

綺麗事がいけませんか?
オレはキレイごとばかり言っていますよ。
地震は天災だけど、原発事故は天罰だとか言ってますよ。

ラモスは日本サッカーに意見を言ってもいいけど、
日本の政治については干渉してはいけない。

大地町の部落民もシー・シェパードも私たちの敵である。

原発事故で放射線汚染が広がっても日本人は祖国を捨てない。
逃げるのは外人と支那朝鮮化した元日本人。

蟻さんも瀬戸さんも、原発事故で民主党の対応の悪さを批判しても、
放射線汚染について文句は言わず結果を受入れるべき。

日本国籍を持っていて、日本国に忠誠を誓っている元外人なんか、
もっとも信用ならない二重スパイのようなものだ。

青い目のサムライなんか絶対にいない。

今回の震災、原発事故で日本は大きく変わる。
既に多くの日本人が死に、多くの人が被曝する。
経済は、破綻し貧困にあえぐ人だらけになるだろう。

日本国籍を持っていて、日本国に忠誠を誓っている元外人のどれ程が、
放射能に汚染された日本国にどれほど留まるだろう。
祖国に帰れる状況であっても日本に居続ける者が、
日本を愛する奇特な外人だと思う。

キレイごとばかりだ。
でも、本当にそう思っているからしかたがない。

ステルスさん。よろしくです。

オオヤマレンゲさん。よろしくです。

家族4人不明の男性が自殺 岩手・大船渡 (毎日新聞)

これが現実だ。大船渡は昔から在日だらけのところと聞く。
実際、絶望して自殺する方は増え続けるだろう。
家族がいても自殺した福島の農家の方もいた。
とても悲しい現実だが、起こるべきして起きているとも思う。

未曾有の国家危機である。
支那朝鮮化した日本人はもろい。
現実逃避し、現実に直面したら簡単に壊れる。
スピッツのボーカルなんて、自分が被災してないのに壊れた。

これは「ふるい」のような側面もあるように勝手に思う。
被災地では、死体があふれ多くの人がPTSDになっているという。
先の大東亜戦争後、日本にも死体があふれた。
日本人はPTSDなんかになっただろうか。
日教組が多くの日本人を骨抜きにしてしまった。
自爆する方は、救いようがない。

今、私たちは、次につなげることを主に考えなければと思うのです。
私心を捨て、国の未来のために今を生きることができる。
それが日本人だと思うのです。

今回、最後まで村の役場で放送してて津波に飲まれた女の子いたでしょ。

それから、ソ連が侵攻してきたとき、最後まで電話交換手として最後は青酸カリで自決した女の子いたでしょ。

日本人、いまだにいるんですよ。

>今回、最後まで村の役場で放送してて津波に飲まれた女の子いたでしょ。

>それから、ソ連が侵攻してきたとき、最後まで電話交換手として最後は青酸カリで自決した女の子いたでしょ。

>日本人、いまだにいるんですよ。


悲しい現実に胸が痛みます。

>投稿: 十二社池の下 | 2011年4月 4日 (月) 20時21分

>私の提唱する「中韓限定排外主義」では、
>中韓の政治的、国家的、民族的な利害関係や

>互いの異質は「争い」を招き、共存できないからです。

何か矛盾しているというか、意味が分かりませんね。
「異質は「争い」を招き、共存できない」のであれば、支那と朝鮮に限定されないのではなかろうか。
支那と朝鮮が「極度に異質」であるから?


>しかも、日本人と中国人は、かつて満洲で


日清戦争は?

本エントリー、個人的にも納得性が高いです。

しかし、本当は気分的にはこれを「保守主義」とは呼びたくない。あるいは「xx主義」と特別なもののように呼びたくはない。
なぜなら、日本人のアイデンティティや共通意識としてこれが普遍的・一般的であって欲しいから。
というか、当たり前のことを言っているだけにしか、思えないので。

まあ現実は全くそうではなく、そうでない日本人も多いので、あえて「保守運動」や啓蒙が必要なんでしょうけど・・・。

国家を構成する国民が、排斥を国家の存続に必要とするなら、排斥も肯定されるべきでは?
何故ならば、如何なる国家にも存続の権利を有するからです。
その国家の国家体系を存続する事を保守と呼ぶなら、排斥も保守なんです。
本エントリーで【日本人移民排斥運動】を取り上げていましたが、ワシントン会議・ロンドン会議に続く、来たるべき対日戦に備えての有事体制への法整備なら、その国家に属す国民は法に従うべきですし、日系人が「法や秩序も守っていた」とされるなら、国民としてその国家の一員として法に従うべきですし、日系「米国人」の彼等も、国民として認められるべく第442連隊戦闘団で戦ったのではないでしょうか?
それに、排日移民法とされてるジョンソン・リード法は、そもそも移民を制限する法で、本来なら野放図に支那人の入国や帰化が進んでる今の日本に一番必要な法かと思います。
各国国家体系が違えど、その時代に国家(体系)護持に必要とされる法が施行された場合、それらを遵守してきたのがその国の保守であり、他国の過去や事情を捉えて日本人的感覚や現代的価値観を持ち出すのはおかしいと思います。
米国の日本人排斥・支那の日貨排斥・韓国の親日法など、日本人が理不尽と感じようと、其々の国家存続に必要とするなら、日本人の感情など関係ないのです。
他国民(日本人)が何を思おうと「悪法もまた法なり」で、その国家では良法なのですよ。
したがって、本来排斥(排外)が保守と相容れないなど有りえない。
保守の言う日本人固有の美徳に排斥がイメージにそぐわないので有るなら、保守運動より復古運動でもするのがマシかもしれない。
この意味がわかるのならばだが。

馬鹿大嫌い♪って馬鹿?向こうで叩かれるのが怖くてこっちでご機嫌取りばかりしてんだろw
言いたい事あるなら向うでも書いてこいよこの小心者が。
ここのトラブルメーカーの方がよっぽど男らしくて清々しいわ。

私は日ノ本零さんを支持します。

要するに保守は右翼と違って、健全なナショナリズムであって、本来、国民全員が持つべきものなんですよ。当たり前のことを言ってるだけ。

>戦後日本人は、朝鮮に対する贖罪意識があったために、在日韓国朝鮮人を強制連行された可哀想な人たちと看做し、超法規的措置をとるに至った。

永住権は米国の戦略として傀儡自民党政府が受託しただけ。

認可した者達の自己責任という総括をし、真の主権回復を日本が実現した時に始めて効果が現われるだけ。

少なくとも、日本が在日になめられてしまったのは、日本人保守の欺瞞が透けて見えるからである。

認可した者達の自己責任?

くーだらない、テメエが欺瞞屋だろが。はやくあちらのブログにお返りくださーい。

原発の安全神話なるデマの風説撒き散らせて原発推進させた者達が全く責任を取らずに民主党の事故後の対応のまずさという部分に責任転嫁するのが保守なんだ。

だからA級戦犯すら責任を取らなかったのかと諦めの気持ちにもなるが、それでは世界常識が通用しない国家となってしまうだけだ。

在日特権という永住資格を与えた自民党政府に抗議するべきともう一度言っておく。

統一原理の国内最大のスポンサーとなって、運鮮明・東声会・総連等を利用、昨今問題となっているパチンコ利権なるものを最初に作り出した自民党に抗議しても相手にされないから見逃すと考えるなら、国益とは何かという基本問題を履き違えた団体と定義づけしておくことにする。

あのさー。どうでもいいことをくちゃくちゃ、ブンブン飛び回って、うるさいハエが一匹いるんだけど、私はアク禁できないけど、コメントを削除することはできる。それでいいかい? うるさいハエさん。オマエ暇人だろ? 暇人てのはだいたいがキチガイなのよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/39486905

この記事へのトラックバック一覧です: 排外主義と保守主義の思想的な違い:

« 再再 … 極右評論へ | トップページ | 極右評論 逃亡! »