最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 左翼顔、右翼顔、戦後民主主義顔!! | トップページ | 中道というのはつまみ食いのことだ »

2011年3月 4日 (金)

なぜか楽しみでならない6月17日蒙古襲来

6月17日、尖閣に中国が千隻の船でやってくるという。平成の蒙古襲来である。


「命が…命が…」と言ってる国と「3000万ぐらい死んでもかまわない。人口減らしにちょうど良い」国とでは、最初から、勝負あった!だ。鎌倉武士とは人間が違うわい。

大東亜戦争でも元寇でも日本人は一致団結して闘った。しかし、今の日本人は闘えない。自国の過去と祖先に対する尊崇を失ったからだ。過去と現在と未来とは連続しているから、現在の世代が未来に対する責任を持つには、自国の歴史に対する尊敬とか、偉大なる先人に対する崇敬の念、そういう精神がない限り、未来へのつながりを失ってしまうのだ。

大東亜戦争ではここが間違ってたとか、偉そうに言ってる時点でダメ。闘えないの。

何が楽しみかって? 日本人がアホ面さげてア然とするのが楽しみなのよ。

だけど。。

私は、私自身は、屈服だけはせんぞーーーー!絶対に!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

再び保守おじさん、チャーチルの言葉

「戦争からきらめきと魔術的な美がついに奪い取られてしまった。アレキサンダーや、シーザーや、ナポレオンが兵士達と共に危険を分かち合い、馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。そんなことはもう、なくなった」

「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは勇気を持ち続けることだ」

「過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう」

「お金を失うことは小さく失うことだ。名誉を失うことは大きく失うことだ。しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ」


人気ブログランキングへ

« 左翼顔、右翼顔、戦後民主主義顔!! | トップページ | 中道というのはつまみ食いのことだ »

コメント

・・・ひと段落ついたから、あそんでやるよ。

俺の新世代保守には、
1、天皇なきナショナリズム
2、靖国なきナショナリズム
3、大東亜戦争の顕彰なきナショナリズム

俺の中には、大東亜戦争の肯定はない!
・・・結果として、あれは、負けた戦争だ!
もし、新世代保守があの大東亜戦争に学ぶべきものがあるとすれば、
それこそ、「負け戦から学ぶ必勝の哲学!」それは、
「もし、次、闘わば、不敗の布陣!」
キンタマ付いてないお前にはわかるまい!

・・・ちょい飲んでるワWWWhappy01happy02sign01sleepy

アホか! 先人がどれだけの血を流してこの国があると思ってんだ!テメーは左翼だ。恥知らず恩知らず!死んじまえ!一回戦争に負けたぐらいでキンタマはずしやがって。

寝る前に!・・・でね、あんたらみたいなさぁあ、
団塊保守オヤジどもの洗礼受けてる、コテコテ愛国女は、
上しか眼中に無いのよ!下に眼向けろよと!

ご先祖様!英霊!・・・って価値観に崇高な価値があっても、
これから、未来の有る、F見屋君のような、
若いネットウヨクには、そんな過去の重荷を背負って
進ませようとするのは、酷だ!
貴女が背負った英霊を、F見屋君のような若いネットウヨクに、
貴女が背負った英霊を貴女とともに、
F見屋君のような若いネットウヨクに背負わせるという酷!

「レンゲの私が、英霊を顕彰するからF見屋!オマエも讃えろ!」・・・とかF見屋君の背中の上から叫んでも、
「そんなことよりも、仕事、結婚、生活、未来・・・英霊は最後でダメでしょうか?」byF見屋、が本音。

・・・今のキンタマ、旗竿倒して落としてるような若いネットウヨクには、無理。

貴女の理想の期待値が在特若手を萎えさせる。
人観て法説け。

ほんとアホだね。じゃあオマエ、そういう考え方で結婚してんのか?女いるのか?金あり余ってんのか?違うんじゃねーのか。あたしはこういう考え方でもモテてモテて困るほどですが??

猫でもキンタマのない猫はモテないのだ。うちは玉あり猫と玉なし猫がいるからよーくわかる。

先人の失敗をいつまでもあげつらってろ!

顔洗って出直してこい。ボケ!

 僕は大東亜戦争での帝国陸海軍将兵に英雄を見ました。たとえ負けたとしても、大戦果を上げ、米英の将兵を恐怖のどん底に陥れたのはゆるぎない事実です。

 何よりもアジアで唯一、白人に立ち向かったのは大日本帝国のみです。アジア・アフリカ諸国が今も、日本に対して賞賛するのも帝国陸海軍将兵の存在を無視する事はできません。

 それにしても、かつての陸海軍将兵と今の日本人の感覚が断絶していると思うのは僕だけなんでしょうか。

あれは、偉大な戦争だった。あのころの日本人は偉大だった。

西田先生 西部先生を師匠?

それがなにか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/39095690

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか楽しみでならない6月17日蒙古襲来:

» ヘリがうるさい [日本を変える論客たち]
我々人類は戦争をこの世から根絶することは絶対にできないと思い込まされているのだ。 そしてそれで私腹を肥やしている人間がごまんと存在していることを我々はまず認識するべきだ。...... [続きを読む]

« 左翼顔、右翼顔、戦後民主主義顔!! | トップページ | 中道というのはつまみ食いのことだ »