最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

「民主党を延命させよ」という逆説をいいたい時だ

「民主党を延命させることは絶対にしてはならない」

という人が保守派の中に多数いる。

民主党の延命? 結構じゃないか。

私は国民が心底反省しないうちに民主党を政権の座から下ろすことに反対もしてみたくなる。なぜなら、民主党は国民の喝采によって選ばれた政権ではなかったか。

「新しいことは良いことだ。」という革命思想によって、政権を選ぶことの危険性を、そろそろ国民は気付いてもよいのではないか。

「新しく」きた奴はいい奴か悪い奴か?? 

「新しいことは良い」「古いことはダメ」という日本にはびこる戦後精神を総括しなければいけない時だ。国民が心底反省しないと、民主党を政権の座から下ろしたって、国民はまた「新しい奴」を選ぶに決まっている。

名古屋だって民主党から今度は「減税日本」という「新しい奴」を選んだのだ。懲りない奴らだよ。。自分が選んだ政権に、国民全員が責任をとるときが来たのだ。悪くはないだろうて。私は一票を投じたわけではないが、一緒に責任を取るつもりだよ。

いいじゃないか。安いもんだ。極論を言えば、人間は死んで苦から逃れることを神様から許されているじゃないか。いちばん楽に死ねる方法をうちの子どもにはすでに教えてあるからよっと。たいしたことないんだよ。

私は民主党がもっともっと決定的にやらかすことを期待している。

古い奴だとお思いでしょうが… そういえば、こんな歌もあったなぁ。この世の中は「新奇さを求める奴」でいっぱいだ。浮ついた世の中だ。


人気ブログランキングへ

2011年3月30日 (水)

排外主義というなら地下に潜れよ

私に挑戦状を叩き付けている人がいる。極右評論のブログ主である。短い反論?がきた。反論は「バカ」という2文字であった。笑っちゃう。あとは反論になっていない。

日本人のみならずとも人命は尊い。人命が尊いからこそそれを凶行によって安易且つ残虐非道に奪った者に対しては死刑制度が適用されるし、戦争・侵略という国民の生命を脅かす行為に対しては自衛手段として交戦権を行使するように私たちは国家として尊い人命を守るがゆえに他の人命を奪わざるを得ない非常な現実世界を生きている(人命が尊いなら死刑にも戦争にも反対してみろ-などと喚いているバカもいるようだが)。http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

こんな反論?は赤子の手を捻るようなものだ。この人はまず、「人命は尊い」と言いながらも、「人命を残虐に奪った者の人命は尊くない」と言っている。そして、「侵略する国の国民の人命は尊くない」とも言っている。

さて、どういうことかと考えれば、「人命の尊さ」は、「善悪の価値観」によって決まるということなのだ。尊いのは「人命」より、道徳的価値の方だということだ。つまり、生命自体が尊いのではなく、「良く生きる」ことが価値なのであって、ことさら「人命の尊さ」を叫ぶことは無意味どころか害毒に等しい。このブログ主は自分で「人命は尊い」という命題を自分の言葉で否定してしまった。結局、私の言ったとおりであった。自爆である。

そして、次に、いつも思っていたことだが、このブログ主の文章は、文法がなく意味不明である。私は前に塾をやっていたのでよくわかるが、小学校3年生程度の文法も理解していないと思える。観念的な言葉のツギハギで、なんとかスローガンだけが伝わる程度である。「つまるところ」というのは「つまり」に値し、今まで述べたことの要約を述べるわけだが、そうなっていない。指示語が指し示す言葉も不明確である。文と文もつながっていない。意味不明な文章といえる。

こんな文章を有り難がって読む人は、頭の悪い人だろう。読者に、もともと読解力がないから、文章の意味などどうでもよく、言葉をツギハギしてスローガンに酔いしれているだけに違いない。そんな学力の人間がこの世に多いというこっちゃ。

歴史に学ばない思いつきの運動は、一時、大衆に似た指導者の元に、大衆が集まり、流行となるかもしれないが、それは必ずや歴史の荒波にのまれ消滅していく。しかし、私は消滅しない。歴史の荒波を乗り越え洗練された保守主義という思想に立脚しているからだ。保守主義は歴史の荒波をすでに乗り越えたものなのだ。…私は神と歴史と伝統に対してのみ「謙虚」であり続けるつもりだ。


長くなるが、「人格」までケナされているから、ついでに、前から思っていた、排外主義についても書き加えよう。

排外主義、差別主義は、悪党の住処である。排外主義、差別主義を唱える者は、自分は何ほどかの悪徳をしているという認識が必要である。バカは自分のバカさ加減を知ることによって、バカから逃れることができる。悪党についても同じ原理である。

在特会は「朝鮮人は出て行け」とは言わない。「日本が嫌いな」「反日の政治活動をする」朝鮮人に対して出て行けと言っているに過ぎない。しかし、排外主義は違う。人種という根拠によって出て行けと叫ぶものである。善をなすつもりで排外主義、差別主義をやるのなら、余程のバカかキチガイである。

言っておくが、私はなにも「ネオナチ」や「排外主義」を認めないわけではない。自分は悪役を演じてみせるという「ネオナチ」や「排外主義」なら、一分の道理を認めても良いのだ。

あんたが本物の排外主義者なら、悪役に徹して、たまにはパチンコ屋にダンプカーで突っ込むとか、朝鮮人を誰彼かまわず殴るとかしてみたらどうや。そして、地下に潜って秘密結社でも作ってみろや。そうしたら、私だって一目おいてやる。

地下に潜った時点であんたたちは恐れられる。ブログ書いて言葉に酔いしれるなや。それをなんというか知ってるかい? センズリと言わずしてなんというのだ。

オマエのブログの目的はなんだ 観念的な言葉を使い、もっともらしく、思想らしく見せるための言葉の羅列。思いつきでは、届かないんだよ。なんにも見えてこない。

以上にて、斬り捨て御免とさせていただいた。

人気ブログランキングへ


2011年3月29日 (火)

甘ったれるなよ

何を持って「保守」と言うのか?
人それぞれ違う様な気もするのですが

こんなことを言う奴はアホだ。気持ちの悪いことを言うな。君は感情からして左翼だ。

「人それぞれ」などという甘ったれた言葉遣いは相対主義の言辞である。自分の不勉強をいいことに、「自分の考えも認めろ」という傲慢な態度である。

たとえば、「無礼」という言葉の意味は「礼儀をわきまえないさま」である。この「無礼」という言葉の意味が「人それぞれ」なら、言葉は言葉として機能しなくなる。国語辞典も存在しなくなる。手前勝手に言葉の意味を多様化、差異化していけば、言葉は曖昧な雰囲気につつまれ、論理が存在しなくなる。

西部先生は「言葉は過去から相続されたものであり、昔は、言葉の一つ一つが物事の感覚、思念そして関与を表すという意味での思想であった。」とおっしゃっている。

「人それぞれ」なんていう言葉を使う奴は単なるアホである。「人それぞれ」なのは顔であり知能であり、性格である。言葉の解釈に「人それぞれ」はない。

保守思想家の本をキチンと読めよ。

人気ブログランキングへ

保守思想家の「予言」はなぜ当たるのか

この前の勉強会の下準備で、バークの言葉を再度勉強し直した。バークの予言とも言える言葉は、すべて当たっているのだ。まるで、タイムマシンに乗って現代を見てきたかのようである。

バークだけではない。西部先生を介して知った、オルテガ、トクヴィル、チェスタトン、エリオットなどなど、そして日本人では西部先生。

なぜだかわかる。

過去から現代にいたるまで「人間性」が変わっていないからだ。「過去をより遠くまで振り返ることが出来れば、未来をより遠くまで見渡せるだろう。」というチャーチルの言葉通り、「未来に対する予言」が説得力のあるものとなるためには、過去を振り返らねばならないのだ。

一人の個人についてだって同じことが言えるだろう。ある男が未来に何をなし得るかは、男の過去を探れば、だいたい察しがつくというものだ。


人気ブログランキングへ


2011年3月28日 (月)

昨日の勉強会

昨日の勉強会ですが、案じたとおりちょっと緊張して、滑らかにはしゃべれませんでしたが、滞りなく終わり、ホッとしています。なんとなくでも左翼とはなんなのかが、わかっていただければ幸いです。

昨日のバークに学ぶの要点をあげさせていただきます。

まず、フランス革命の思想を説き起こし、それへの批判をバークの言葉で解説しました。自由、平等、博愛の思想が、日本国憲法にも受け継がれており、現代に生きる日本人の精神を蝕んでいると指摘しました。「保守」も「左翼」もフランス革命を元に出てきた言葉だからです。

保守とは、フランス革命で掲げられた新思想を根本的に否定し、それまで続いてきた伝統精神に還れと、主張した思想なのです。

日本に当てはめて言えば、明治維新や敗戦から続く戦後体制は、歴史の連続性の中にはなく、西洋文明の摂取をもって進歩とみなしてきた卑屈な精神の上になりたっているわけです。

日本を真姿に戻すことが、保守たる者の使命です。いまの戦後体制を守ることをもって「保守」とはいいません。戦後がいかにフランス革命の思想で満ちあふれているのか。戦後体制の打破を目指すのが「保守」なのです。

動画になるそうですので、完成しましたら、恥ずかしいけどアップさせていただきます。

途中が抜けてます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv44592579
http://live.nicovideo.jp/watch/lv44595006?related=1

人気ブログランキングへ

2011年3月26日 (土)

左折のときは左に寄れよ

あのー、すいませんけどね、一車線しかない道路で、左に曲がるとき、なんで右に寄ってから左に曲がるの? あれ、やめてまえんですかねぇ。

そういうことされると、後ろの車がブレーキを踏まならんのだわ。自己中はやめてまえんですかー。スムーズに流れないでしょう。

左に寄って減速しながら曲がりなさいよ。うっとうしい。。

ところで、明日の生放送はこちらだでよろしくね。最後は私がキレることになってるそうだでね。
今週、3月27日(日)午後2時〜 生中継チャンネルは、NetRight http://com.nicovideo.jp/community/co1063438


人気ブログランキングへ

2011年3月25日 (金)

この震災において保守派は何をすべきか

わが同志が、この震災において保守派は何をすべきか、という文章を書いているので紹介する。

保守派もしくはその亜流も含めて、今回の震災に動揺して筆に勢いがなくなっているそうだ。未曾有の出来事であり、まさに国難と言える。この時にこそ、保守の保守たる所以を明確に指し示すべきである。

私はこの震災で3つのことを書いた。1、外国勢力による間接侵略。2、日本人の精神の気高さを各国が絶賛した。3、天皇陛下の被災者に対する慈悲の心。

この3つがこれまでの素直な感想だったし、これを表明すべきだと思い、ささやかながら行動も起こしたし、文も書いてきた。マイミクの方々からは賛同もいただいた。ありがたい限りである。

日本の行方を思う。私はこの震災は天の与えた試練だと思う。復興まで相当の時間とエネルギーを要するだろう。今まさに渦中にある人々は、これを天命と観じて従容として受け止めている。私たち国民は、この方々に感謝すべきである。私たちの身代わりとなられた方々とも思える。この試練を乗り越えられれば、日本は再び美しい心が蘇るに違いない。

日本人は古来より神々に語りかけ、神々の声を聞いた。稲作を通じ、共同体精神=公共心を養った。「大君の辺にこそ死なめかえり見はせじ」と歌い自己犠牲を厭わなかった。これが日本人の心なのである。

であるならば、保守のなすべきことは自ずと定まって来る。それは、遠隔地からの募金や救援物資の搬送活動ではない。日本精神の復興こそをなせねばならない。それは、国民の団結を呼びかけることである。更には救援活動に従事している多くの自衛官への感謝運動もある。また私たちも被災地に赴き復興協力隊を組織して、自ら汗を流すこともある。

反日左翼は反原発で国民世論を分裂させようと画策している。これに対応するのは保守の役目である。外国勢力の存在にも私たちこそが、問題意識を持ち続けなくてはならない。


まさにこの通りである。保守派はこの震災を転換点としうるよう努力すべきである。こんな大事な転換点となりうるチャンスを逃してはならない。大勢の犠牲者の死をムダにしないよう、今までの戦後の国のあり方、心のあり方を反省し、転換点としなければならない。

心根が戦後民主主義左翼の人は、甚大な被害にただ驚き同情し、国難に慌てふためくばかりで、馬脚を表してしまった。一夜にして右派の仮面が外れたのだ。恥ずかしいことである。

自分を保守という思想に立脚させるならば、今こそ、民衆の心に届く言葉を吐かねばならない。今こそ心にしみる時なのだ。それは同情の言葉ではない。今までの戦後の国のあり方、心のあり方への反省を促すような言葉を吐かねばならないのだ。そして外国勢力の存在も今こそアピールすべきだ。

共同体の復興、伝統精神の復興こそが急務である。

そのための時期にかなった街頭及びその他の活動ならどんどんやるべきだ。時期外れの事柄なら見合わせばいいが、ただ単に自粛なんてくだらない発想である。

なんでやらないのか。あ~、そうか。保守じゃないからだ。保守とサヨクでは問題意識が違うもんね。。反日の大暴れを指加えて見てる気か!弱い精神の奴らである。


人気ブログランキングへ

2011年3月24日 (木)

今週末は勉強会です

考えの定まらない男どもが、サヨクと言われたこと(一般論を書いたのだけれど、自分に当てはまると思ったのだろう)に腹をたて、インネンをつけてくることがままある。

生命尊重などという戦後的価値はサヨク、左翼のものだ。日本は700年以上の武家社会を保ってきた国である。武家社会には生命尊重という観念はなかった。切り捨てご免のときも、生命を奪ったことそのものではなく、それが常識に照らし合わせて「正当」であったかかどうかが話し合われた。

世界史的に見ると、フランス革命から左翼という人間理性を崇める人々が現れた。戦争に負けた日本は、そのフランス革命を元にして純粋型として戦後憲法が作られた。そして戦後日本人は歴史伝統を破壊することをもって進歩とみなしてきたのである。

私は思う!震災で亡くなった方々に思いを馳せるのもそれはそれで良いが、そうであれば、この国を2000年以上、血と汗で守り抜いてきた先人たちの思いを汲み取ることをしなくてどうする!

歴史や伝統を破壊することをもって進歩とみなすような人間たち、現在、生きてる人間の理性だけを信頼する奴らが、また、先人に一顧だにしない奴らが、哀悼だなんだと。なにを偉そうに言ってるのか、私にはまったく理解できない。

私にはピンときたが、これは保守と戦後派の闘いである!多勢に無勢であろうが、必ずや勝利してみせる!

文句がある人は来て反論してくれ。

ただし、今週末のために、プリントをたくさん作るつもりだ。反論はありがたいが、来週まで待ってからしてくれ。

第3回「先人に学ぶ会」

テーマ:エドマンドバークに学ぶ

自民党などは「保守」という言葉を多用します。2009年の総選挙においても、自民党党首であった麻生氏が「保守政党」であることを、前面に押し出していたことは記憶に新しい。ですが、大多数の選挙民に「保守主義」とは何か?と尋ねてみれば、その理解度や浸透度は果たしてどうでしょう?

フランス革命を徹底的に批判することをもって、バークは保守主義の始祖となりました。では、フランス革命とはいったい何だったのか? バークに習って、フランス革命を考察することで、左翼の本質が見えてきます。

そうしたら、あらら、自分が保守だと思っていた人も、左翼だったことに気付くのです。
フランス革命による近代はフランスにはもはやないのです。フランス革命後、フランスは180度逆に保守主義化したのです。「近代」を世界で一番、急進的に受け入れているのは実は日本なのです。

講 師:岩橋未子

日 時:3月27日(日)午後2時開会

会 場:金山神社(金山総合駅南口より南進5分)

会 費:800円

主 催:先人に学ぶ会


あと、勉強会の前に、愛国倶楽部で街宣もあります。またすぐに選挙がありますので、当分できません。ふるってご参加ください。

  日時 3月27日〈日) 12時30分より13時50分

  場所  名古屋市中区 金山総合駅南口広場

人気ブログランキングへ

  

          

オバさんレベルの男はどうしたものか

まただよ〜。2ちゃんねらーを引き合いにだしてはいるが、私のことに違いない。またイチャモンつけてる。まあ、ヒマつぶしにはいいけどね。

さてと、ありさんに反論させてもらう。


今まで、どこへ行っても私は異端児であったし、はずれ者であった。そしてはずれ者には、はずれ者のプライドもある。

私は初めから多数派の人間を味方につけようと思ってはいない。昔から100人中1人くらいの少数派と付き合ってきた。優秀だとかいうことではなく、本質の話が出来る人たちだった。99人の多数派と付き合うことは、私には苦痛でしかない。私がブログで目指すのは、100人中99人の人間に好かれようということではなく、100人中1人の人間、同志になりそうな人、を捜し出そうとする試みでしかない。

あなたたちは多数派に賛同を得たいのだ。そしてあなたたち自身も多数派なのだ。あなたたちと私とは、そもそも目的が違う。私はこの震災から何を学ぶべきなのかを表したい、あなたは(いろいろ読んでみたけど)終始、犠牲者に対して哀悼の意を述べ、生命がなくなったことへの悲しみを表現している。私にはどう見ても感情論にみえる。

多数派の人間が、異端児に文句をつけたって仕方がないと思う。もともと相容れない。
「口に出して弔意を表さない人って、恥知らずだよね〜」と言い合う、オバさんの井戸端会議でも聞いているようだ。オバさんレベルなんよ。。

ブログでお悔やみの言葉を言わないと人格が悪いんか??? 口に出して弔意を表さないと、低レベルなんか??? よーわからん。人の人格までを否定するなら、「弔意をブログで表せば人格が優れている」という論理をキチッと説明するべきである。でないと、こちとらはオバさんレベルの感情論であるとしか言えない。


日本には男はおらんのか!?

断言するが、その考え方ではいつまでたっても私には勝てない。ムカつくなら読むのやめればいい。私は一般論を書いているつもりだが、何かがグサッとくるのだろう、怖いもの見たさって気持ちもわからんでもない。ねちっこい感情が芽生えるのかもしらん。
あなたたちが致命的なのはね、保守主義の意味をわかりもせず、わかろうともせず、批判している点なの。

私の方は、キチガイが一人、文句を言ってきてるだけなら、暴言を吐いて黙らすか、相手にしないかだろう。しかし、あなたが多数派の意見と同じだろうと思うから、ブログでの反論にも意味があると思い、ご丁寧に反論してる。私は感情でブログを書いているわけではない。私にとって、この反論は一般論である。個人的感情で反論するなんて、恥ずかしくてできやしない。


関係ないが、朝鮮には「泣き女」という職業があるそうである。お葬式で、大きな声を張り上げて、悲しみを現すセレモニー屋だそうである。私にはできそうにない。。どうしてもムリだ。それに、それは日本の伝統にはない。

テレビカメラの前で、座って「眠れないんです」と自分を哀れんでワーワー泣くオバさんの被災者よりも、辺りを見回っていて、記者に問われて「子どもを捜してるんだー」とポツンと言った被災者に、私はグッとくる。しみじみ「ああ、探さずにいられないだろうなぁ。。」と同じ気持ちになる。そういう私でどこが道理にはずれているのか。人格にまで言及されるいわれはないと思うが。わざわざ口に出して言わねば、人格を疑われるとは如何なものか。

私はあなたたちと違って長生きが素晴らしいとは思ってないんだ。「良く生きる」ことが人生の命題であって、生命自体が素晴らしいなんて思っちゃいない。「良く生きる」とは何かをつくづく考える必要があるけどね。生命自体が素晴らしいなら、明日から死刑反対、戦争反対にしてくれ。矛盾してるじゃないか。そして、何度も哀悼の意を表す管首相の人格はどうなのか。高レベルなのだろうか。

最近の戦後民主主義人間は、安っぽい性善説に基づいて偽善や欺瞞をふりかざす「同じて和せず」の輩が多すぎる!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やっと出た!西部先生のメッセージ。師匠はすごいなあ。。こんな言葉使い到底真似できない。。ところで、、師匠もお悔やみ言ってない! だろうて! 

東日本大震災に際して「西部邁ゼミナールからのメッセージ」

人気ブログランキングへ

2011年3月23日 (水)

おっさんとの東海道中膝栗毛

東京へは、運動の大先輩お二人と行ってきた。ほとんどトンボ帰りだったが、道中でいろんな話ができた。

東北は民主王国なのだそうだ。今回、震災への政府の対応が問題になり、人災ともいわれているが、自分で選んだ民主党政権だったのだ。自分で選んだ民主党に苦しめられているのであった。

東京電力の社員が「被爆の可能性があるのは、原子力発電所内で作業している社員であって、一般人にはほとんど影響はない。」と発言しているそうだ。多分そうだろう。マスコミはいかにもチェルノブイリを彷彿させるような報道をしている。政府もパニックを誘発させる発言をしている。「未だに、80歳の原爆被害者が、国家補償を求めているらしいが、原爆被害者が80歳まで生きられるんだぞ。ははは。多少の被爆は体にいい。」ということであった。あ〜こりゃこりゃ。我ら3人は東京へ行って、たっぷり放射能を浴びて、体内の英気を養ってきた。

一人のオジさんは、若い頃、毎日夜中の3時に、わら人形に憎い奴の名前を書いて、釘を打ち込んだことがあるそうである。1週間ほどして、その憎い奴が、こう打ち明けたそうである。「俺、最近さあ、夜中になると頭が割れるように痛いんだわ〜。」その後、怖くなってやめたそうだ。「あれ、ホントに効くんだぞ!」と言っていた。やっぱ、怨念て伝わるんだよね〜。という話から、今回の地震や津波はたくさんの国民の怨念の集積が天災として現れたということで、3人の意見が一致した。

中国が攻めてくる〜!とキチガイになっている学生がいるそうであるが、日本をねらっていることは確かでも、今すぐ攻めてくるということはない。尖閣の問題で、日本国民は中国の正体を知ってしまった。中国にとっては今すぐドンパチやるよりも、政治家や経団連を接待して、中国の利益につながるようにしたほうが余程いい。

新潟の中国領事館移転が、否決されたそうである。「もう名古屋の中国領事館移転も頓挫するだろう。今までは知らないうちに進んでいた間接侵略もこれからは難しくなるだろう。」ということだった。我々の運動が目に見える成果として現れているということである。我々が声をあげていることは全くのムダではない。さあ、明日からも頑張ろう。

人気ブログランキングへ


公開質問状

                            2011年3月23日
東京電力株式会社
会長 勝俣恒久殿 
                    核武装推進委員会 代表 岩橋未子

              公 開 質 問 状


去る、2011年3月11日、マグニチュード9、0という歴史上まれにみる地震が発生しました。その後、この地震は東日本大震災と名付けられました。その際に起きた福島第一原子力発電所の出来事についてお尋ねしたいことがあります。

「震災当日、勝俣恒久会長、清水正孝社長ら最高幹部3人が出張中で、特に、勝俣会長と皷紀男副社長は、日中の経済交流を進める「愛華訪中団」の一員として中国・北京におられ、当日中に本社へ戻れなかった、また、清水社長は当日、関西方面に出張中だった」

ということがニュースで伝えられております。 さらに、ネットなどでは、東京電力の最高幹部は銀座で、毎晩のようにどんちゃん騒ぎをしていたという噂があります。 また、今回の原発事故では、冷却水が失われたことにより、事故につながったことが連日のように報道されています。

3月14日、産経ニュースなどで、以下のような事実が報道されています。

「東京電力は14日、福島第1原発2号機に海水を注入していたポンプは、職員がパトロールに出掛け、目を離したすきに、燃料が切れて停止したと明らかにした。」

また、3月15日の20時頃、NHKでも同じような報道がありました。

「海水注入ポンプの原動機から離れるときにオイルを確認しなかったため 燃料切れで冷却水が送られなかった。冷却水ポンプの側から離れるときに燃料の残量を確認しなかったため、ポンプが止まり燃料棒の冷却水位がほぼ空焚き状態まで下がってしまった。」

そして、「ニュースの深層」という番組でも同じようなことが伝えられています。

「ポンプの中に油を入れなきゃならないのに忘れてしまって、ポンプが止まって冷却水の注入ができなくなった。」

今回の冷却水の問題が、初期の段階での人為ミスとするならば、社会に与えた影響は計り知れません。

最後に、読売ニュースではこのような報道もされていました。

「東京電力によると、福島第2原発で現場の作業員1人が死亡した。 死亡したのは、東京電力の協力会社・国勇工業のハヤカワ・オサムさん(54)。 経産省の原子力安全・保安院によると、積み荷に当たって 心肺停止となったということだが、死亡時間などくわしいことは わかっていない。 また、福島第1原発では東京電力職員・小久保和彦さん(24)と 寺島祥希さん(21)が行方不明となっており、東京電力が確認を急いでいる。 」

以上のことから、今回の一連の報道が事実であれば、私たち国民に与えた影響は計り知れないとともに、貴社の経営体質に疑念を持たざるをえないため、以下の事項について質問いたします。


1、会長と社長、そして副社長は、震災発生後、遠隔地より、どのような陣頭指揮をとられたのでしょうか。

2、私どもは以上の報道の事実から、貴社の最高幹部の飲食を接待した者は外国勢力ではないか、との疑いを持っていますが、そういう事実はあったでしょうか。 外国勢力とは外国の意思を受けて工作活動する者のことです。

3、「ポンプの中に油を入れなきゃならないのに忘れてしまって、ポンプが止まって冷却水の注入ができなくなった。」という報道は事実でしょうか。事実であれば、いったい国民にどのように説明されるおつもりですか。貴社はすべてを情報公開すべきであります。 事実でなければ、いったいどのようにして原子炉が冷却できなくなったのでしょうか。

4、社員の中に外国勢力に工作されているような不審者はいないでしょうか。いるかいないかをきっちり精査して報告していただきたい。

5、亡くなられたハヤカワ・オサムさん(54)は、貴社の協力会社・国勇工業の経営陣、または社員で間違いありませんか。積み荷にあたってということでしたが、そのときの状況を報告いただきたい。

6、行方不明となっている小久保和彦さん(24)と 寺島祥希さん(21)は、貴社の社員で間違いありませんか。その後の行方は把握しておられますか。 把握しておられましたら、お教えください。


恐れ入りますが、3月中を目処に、遅くとも4月中には、精査して回答をいただけますようよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


明日、東京電力へ行ってきます

今日、公開質問状を出しに東京電力へ行ってきます。

ところで、マイミクの方で、初めて日記を書かれた方がいます。今日はその方の日記を紹介します。空母でピンと来たなら、まぎれもない同志だと思いました。不謹慎だとは思いますが、今回の震災は私にとって、本物の同志を発見する機会になりました。


自分は政治について関心は有りつつも特に勉強などしていません。、加減なことを言ってはいけないという思いから多くを語らないようにしていました。ですが、この大震災を機に黙っていてはいけないという思いが芽生え色々と表現していこうかと考えるようになりました。人それぞれに意見はあるでしょうけど自分なりに思うことを書いてみます。

さて表題の件ですが、日本が現実に無くなってしまう危機が「今現在」目の前にあることに気づかれて居る方は少数派だと思います。3月11日に東北大震災が起きてしまいました。戦後では最大の災害です。これから日本が立ち直って行くには大変な労力と時間がかかることでしょう。しかし元々地震国家に住んでいる我々が、たかが地震程度で滅んでしまうことはあり得ません。

地震が起きた時アメリカはただちに日本への支援を表明し空母を派遣したと聞きました。地震の支援で空母?分かる人はすぐその真意を見抜いたことでしょう。私もすぐに意味が分かりました。要するにこの地震の大混乱に乗じて中国が攻め込んでくる事への牽制なのです。

もしアメリカが全く日本を支援してくれなかったとしたら確実に中国が攻めてきている。それも尖閣みたいな島ではなく、首都東京を直接攻めてくる。そして日本の長い歴史に幕が下ろされる。情けないことに自国を守る装備も気概もない弱小民族はアメリカ様にすがって辛うじて国の形態を維持しているに過ぎないのです。

まさかいくら中国でも地震に乗じて侵略なんてしてこないだろうと思っていたら考えが甘いです。敵が弱っている機に乗じて攻めるのは兵法の基本中の基本です。国際世論など意に介さない侵略国家が中国なのです。ただアメリカが素晴らしいわけでもないのですが、ここは素直にアメリカに感謝せざるを得ないと思います。

核兵器を持って日本を守ることと、中国に侵略され、財産、命を奪われ、女は強姦され売られることとどっちを選びますか?


人気ブログランキングへ


2011年3月22日 (火)

日本の農業を壊滅させる気か!

政府は3月21日、農畜産物から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたことを受け、福島、茨城、栃木、群馬4県で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県産の原乳について、当分の間、出荷を控えるよう各県知事に指示した。

また、中国産野菜が原発の影響で大量に出回るようだ。

昨日の中日新聞では、【上海=今村太郎】東日本大震災を受け、日本の食品関連業者が国産農作物の収穫減や原発事故の風評被害に備えて中国産の確保に乗りだし、浙江省や江蘇省など中国沿岸部の食品メーカーが対応に追われている。

地震に乗じて原発を故障させ、ほうれん草がどーだこーだと言って、日本の野菜はダメだという印象を与えた。これではTPPどころではない。もう政府が外国勢力、中国の手先であるとしか言いようがない。被災地に送るために大量に買い占めた電池を民主党が止めていたと報道があったが、政府が社会不安を巻き起こそうとしているとしか考えられない。


ところで、先日の「中部電力よ!感情論に与するな!」街宣だが、私たちが中部電力前についたときには、15人くらいの反日野郎がすでに座り込みをしていた。「浜岡原発運転中止」と書いた横幕やプラカードなどもあった。大東仁の動画で有名なダンシングババアも湧いてきた。中部電力の応援をする街宣のはずだったが、急遽、反日左翼の糾弾に変わってしまった。

まもなく、T植さんも街宣車で駆けつけてくれ、街宣が始まると、奴らは妨害をはじめた。そして警察を呼んだ。国家権力否定の反日野郎が、警察を呼ぶなどという矛盾はどう説明するのか。

彼らはよほど自分たちのやっていることがヤマしいのか、肖像権を主張してきた。やっぱヤマしいんだよねえ。

それと、街宣中、自転車に乗った愚民ババアが話しかけてきた。原発は怖いから反対になってしまっているらしい。別にどーなろうといいんだよ、私は。愚民様には「どーぞ最後まで生き残りください。」と心から願っている。ではなんで私が運動をしているのかと言えば、生き残りたいからではない。ご先祖様や先人たちに申し訳ないからなにかをやらずにおれない、それだけだ。

私は今まで知識も興味もないせいもあり、かたくなに演説を固辞してきたが、今回の震災に乗じ、外国人の手先がまたぞろ動き出していることに怒り心頭になってしまったせいか、ついにマイクを握ってしまった。。核武装以外のことは、どの道、これからも演説は無理だと思う。それだけは言っておきます。

東京電力と中部電力を間違えてしまいましたが、初めての演説ですので、許してください。



人気ブログランキングへ


2011年3月21日 (月)

デマゴーグだと!?なめるなよ。

昨日、仕事をやりながら、テレビの音を聞いていた。大震災のおさらいをしていたようだ。驚くべきことに、東電の初期のミスには、まったく触れられず、今回の原発騒ぎは、すべて地震と津波のせいになっていた!しかもマスコミは東電社員を英雄にまで仕立て上げている!なんということだ。

それとー、名指しじゃないが、デマゴーグと言われたようだな。これに反論しなくては女がすたる。

今回のおさらいをもう一度しよう。ニュース記事からである。

3/14

【福島2号機の海水注入ポンプ、職員パトロール中に燃料切れで停止 】産経より
2011.3.14 20:39
 東京電力は14日、福島第1原発2号機に海水を注入していたポンプは、職員がパトロールに出掛け、目を離したすきに、燃料が切れて停止したと明らかにした。


3/15 20時頃 NHK

海水注入ポンプの原動機から離れるときにオイルを確認しなかったため 燃料切れで冷却水が送られなかった。 命の綱とも言うべき冷却水、1,3号機で懲りたのか2号機では早々に海水を注入。
ここまでは良かったのだが、冷却水ポンプの側から離れるときに燃料の残量を課帰任しなかったため、ポンプが止まり燃料棒の冷却水位がほぼ空焚き状態まで下がってしまった。


別の番組では、こういう言い方をした。いちばん冒頭の部分です。

ポンプの中に油を入れなきゃならないのに忘れてしまって、ポンプが止まって冷却水の注入ができなくなった。 しかし、評論家はそれを無視しています。


これだけ見ても、今回の原発騒ぎは、東電のミスまたは故意による事故でしかない。どこがデマゴーグなんだ。マスコミが反日左翼のテロを隠蔽しようとしているだけじゃないか。マスコミの煽動に乗っているバカはどちらなんだ!?

外国勢力にとって、何がいちばん大事だろう。日本を丸裸にすることである。在日米軍基地反対、安保反対でアメリカ軍を撤退させ、自衛隊反対で、日本から軍隊をなくし、原発反対で、核の軍事転用を不可能にする。外国勢力の意向を受けた反日左翼が血道をあげるのは、その3つ、日本を丸裸にさせることである。

誰かに言われなくとも、私も人体に影響のある放射線や放射能が出ているなんて信じてやしない。専門家が言わなくても、常識があればそれくらいのことはわかるんだよ。政府だってウソは言えないから、一貫して「人体に影響はない」としか言ってないだろう。万が一出ていようが私にはどーでもいい。死ぬときゃ死ぬんだよ。

愚民てのは、とにかく専門家が好きだ。専門家の言うことなら信じる。私は愚民になりたくないので、専門バカは嫌いである。総合的にものを考えれる人間の言うことなら信じる。「大衆(愚民)の見本は知識人(専門人)である。」とオルテガだって言っているじゃないか。専門人のいうことなら信頼するなんてのは、バカだからなんだよ。自分で考える頭がないからだ。

ともかく私は東電が故意にやり、マスコミはそれを隠蔽し、地震のせいにし、政府も知ってて煽ったと信じている。シーベルトだのわけのわからないことを言って目くらまししたり、煽ったり。放射能なんて漏れていないさ。くだらない。JR東日本だって社会不安を煽ったんだよ。東電の誰かが自殺したり消されてもおかしくないくらいの、国家的な茶番劇だと思っている。

なぜ、そう思うかって? 毎回毎回地震が来るたびに同じことをやってんだよ。今回は政府もグルだから大きなウソになってしまっただけだ。

こんなのもある。

3/17 【読売新聞社】
東電謝罪、2号機の異常データは単位換算ミス
(読売新聞) 2011年03月17日 01時19分
 東京電力は17日未明、福島第一原発2号機の原子炉格納容器や圧力容器の内部圧力が著しく低下したとする計測値を16日午後に公表したが、圧力単位の換算ミスなどによる誤りだったことを明らかにした。

 問題のデータは、原子炉内の圧力がほぼ大気圧程度に下がる異常なデータを示しており、圧力容器や格納容器が密閉性を失うという最悪の想定も指摘されていた。

 東電は16日午後4時から行った記者会見で、格納容器の圧力は同日午前9時20分に、それまでの220キロ・パスカルから45キロ・パスカルへ大幅に低下したと発表。「気密性が失われた可能性を否定できない」との見解を示した。

 しかし、17日午前0時からの会見では45キロ・パスカルは450キロ・パスカルだったと訂正。「現場で圧力計を見た作業員が、桁数を間違えたようだ。現場とのやり取りに問題があり、申し訳ない」と謝罪した。

人気ブログランキングへ

外国人にはもっともーっと煽って逃亡させよ

このたびの地震、原発騒動で、排害社がなにもしなくても外人が祖国に帰って行ちゃった。

しかし、こんなに簡単に外国人が逃げ出すとは思わなんだ。

そこで、それをヒントに提言しよう。

原発騒動で、「メルトダウンしとるぞ、逃げろ逃げろ~」とはしゃいで喜んでいた愚民がいた。日本人を煽ってたから野次馬プラス愚民だ。

でも、これは良い機会だぞ。好機到来だ!

排害社はこの愚民と一緒に、朝鮮総連や池袋や中華街などに出かけていき、

「メルトダウンだぞ。爆発するぞ、日本は危険だ。祖国に帰った方がいい。逃げろ逃げろ~!」

と外国人に対し煽ってこればいいのでは??? そして外国人は2度とかえってくんな。

今、排害社のやることは、本来の意義からして、これしかないんじゃないか???

人気ブログランキングへ

2011年3月19日 (土)

もう、死にたくなってきた

もうやだよ。こんな国。死にたいよ。

師匠がよく口にする言葉である。今、私も同じ心境でいる。

原子力政策の見直し、枝野氏同調
2011.3.18 23:37
 東京電力福島第1原子力発電所で放射能漏(ろう)洩(えい)が起きたのを受けて、政府の原子力政策が見直される可能性が出てきた。自民党の谷垣禎一総裁が17日に見直しの必要に言及、枝野幸男官房長官も18日に同調した。ただ、代替エネルギーの確保がままならないこともあり、早急な見直し論に慎重な意見も出ている。

 枝野氏は会見で、谷垣氏が「原子力政策の推進は難しい状況になった。事故を速やかに総括・分析し、新しい対応を打ち出さないといけない」と発言したことを聞かれると、「政府として方向性を申し上げる状況ではないが、至極当然のことだ。まっとうな発言だ」と応じた。

 一方、公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は18日、国会内で記者団に、「これだけの不安を国民に与えている以上、安全規制のあり方や、事故が起きた時の対応、法体系などを見直す必要がある」と指摘した。原子力災害対策特別措置法など関連法制を見直しが念頭にある。ただ、原発推進の見直しには「必要なエネルギーをどうまかなうのか、全体の議論の中で検討していきたい」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 自民党の小池百合子総務会長も記者会見で、谷垣氏の17日の発言を念頭に「重要な課題なので党内の政務調査会の各部会などで議論されるべきものだ。冷静にしっかりと我が国のあるべき論を検討すべきだ」と、慎重な対応を求めた。


下のニュースをを覚えているだろうか。

1970年、先人たちが、NPTの署名を前に、核兵器に転用可能な選択肢=原発を後世に残すよう苦心していたことがわかる外交文書である。

日本にとっての原発は、核武装国の原発とは意味が違うことがよくわかるだろう。

今回の震災で「原発」のニュースが流れた。我が同志がメールをしてきて、私もピンときた。原発のニュースは日に日に酷くなった。それにつれ、他人には不謹慎だなどと言いながら、はしゃぐ人たちが現れた。民衆煽動などというものは、こういうものだなと思った。

やばいと思いつつ、一生懸命ブログに反対論を書いた。非力さをつくづく感じた。

私の気持ちとは裏腹に、ニュースが酷くなるにつれて、民衆は熱狂していった。6日目ぐらいがピークだった気がする。右系の人までがほとんどすべて、原発ニュースに固唾を飲んでいた。本当に阿呆な人たちである。

で、出てきたのが、原発見直し論である。力が抜けた。

ここまでくると、民主党が悪いとかいう問題ではない。あの原発騒動で、この見直し論を誰も問題にしようともしてない。


<外交文書>核放棄、揺れた政府 70年のNPT署名直前
毎日新聞 11月30日(火)2時33分配信

外務省は29日、70年の核拡散防止条約(NPT)の署名を前に、核兵器保有とNPT加盟をてんびんにかけながら加盟の長所・短所を活発に議論していたことを示す外交文書を発表した。
日本政府はNPTに加盟することで「核武装のフリーハンド(制約を受けないこと)」を放棄したが、安全保障上の要請から核武装の選択肢放棄を懸念する声が政府内で根強く、核による「武装」と「平和利用」のはざまで揺れた当局の困惑ぶりが浮き彫りになった。

外務省が発表したのは、同省幹部が当時の重要外交課題を議論するため69年7~9月に開いた外交政策企画委員会(当時)作成の「わが国の外交政策大綱」など計15件の文書。

NPT加盟について、推進派は「加入しない場合、核燃料の供給を停止されるおそれがある。濃縮ウランを断たれたら原子力平和利用は問題外になる」(68年11月)と、原子力発電など核の平和利用に役立てるため必要性を訴えた。

一方、慎重派は「安保条約が米側から破棄されて、条約を脱退してから核の問題を考えるのでは間に合わないし、中共(中国共産党)の核兵器に対し米国が反撃してくれるか確信が持てないからNPT参加に同意できない」(69年11月)など、
米国の「核の傘」への疑念や中国の核開発への懸念を強調した。

また、外交政策大綱では「当面核兵器は保有しない政策をとるが、核兵器製造の経済的・技術的ポテンシャルは常に保持するとともにこれに対する掣肘(せいちゅう)(制約)をうけないよう配慮する」(69年9月)と核兵器製造の潜在力保持の必要性を指摘。
原子力の平和利用を進めながらも核兵器に転用可能な選択肢を残すよう求める意見が記されている。

被災者がこんなことを言ってた。

「一瞬ですべてをなくしました。命だけが助かりました。それで良かったのか悪かったのか、まだ自分でも納得がいきません。」

この言葉が心に残った。ほんとにそうだよなぁ。。と思った。55歳くらいの人にみえた。私がその立場でも、たしかに生き残ったことに納得できないだろうと思った。この日本には自分だけは生きながらえたいと思っている人がわんさかいるが、私はゴメンこうむりたい。

死んだ人は、もしかしたら幸せだったのかもしれないと思う。

また、現世の人間たちが、自分たちのことしか考えず、おじいさん、おばあさんからの贈り物を、平気で葬り、後世に残さないのを、この目で見てしまった。。

この震災で、志を同じくする同志が、ほんの少ししかいないことに気付いてしまった。。

核武装なんて口先だけ。。

人気ブログランキングへ

2011年3月18日 (金)

故意ではなくミスなら、東京電力はそれを証明せよ

今回の原発問題は、東京電力のレベルの低いミスの連続から起こった。

1、ポンプの中に油を入れなきゃならないのに忘れてしまって、ポンプが止まって冷却水の注入ができなくなった。

2、第1原発と東京電力の本社との電話回線を切ってしまい、8時間現場のデータをファイルで送ることができなくなった。

本当にミスだと証明できるのか? スパイ防止法がないから証明する必要がないのか? これだけの騒ぎを起こした東京電力はそれを証明する必要がある。

オマエらの中に不審者がいるのではないか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000014-mai-soci
勝俣会長と皷(つづみ)紀男副社長は震災当日、日中の経済交流を進める「愛華訪中団」の一員として中国・北京にいた。勝俣会長が団長で、12日まで上海や南京などを回り、中国政財界幹部と会合を開いた。11日は成田空港が使えず、勝俣会長らは12日に帰国した。

おい、会長がスパイか。 これで東電の体質が透けてみえるようだ。

こいつら役員は銀座で有名で毎日毎日、どんちゃん騒ぎをしていた模様。銀座のキャバクラのオネエちゃんが言ってる。毎晩、飲食を接待した者は外国勢力ではないのか?

震災が発生した後、どのような陣頭指揮をとったのか?

初期の段階の人為ミスとするなら、それを証明し、すべて情報公開せよ。

人気ブログランキングへ

だらしのない世論に負けるな

市民団体「原発きのこの会」が中電に「静岡・浜岡原発の即時停止を」‎

 東日本大震災による福島原発の事故を受け、名古屋市の市民団体「原発きのこの会」の設立呼びかけ人だった中川徹さん(64)=同市守山区=ら約20人が14日、中部電力に対し、浜岡原発(静岡県)の運転即時停止を申し入れた。東海地震の想定震源域の上に立地しており、「福島より不利」と指摘したのに対し、中電側は「最新の知見を取り入れて対応している」と強調した。
 本店前で、公開の場での話し合いを求め、中電側と押し問答しているさなか、「福島原発3号機爆発」の知らせが飛び込み、一時騒然とした。

情報によって意見が左から右に、右から左に流れる者を愚民と言う。自民から民主に、民主から減税日本にザーッと雪崩をうつのも同じである。まったくのアホ。

尖閣問題の後には核武装の声が出ていたが、原発でかき消されてしまった。原子力の平和利用に賛同してみたり、地震が起きるたびに反原発を吹聴してみたり。だらしがない国民である。ヘリのバケツに望みを託したり、どんなけアホなんだか。。そんなふうに脅えるようでは、殴られたら殴り返すともいえる核武装は夢のまた夢。

こんなふうに雪崩をうって左右する感情的な世論には与してはならない!!

国難の今こそ、我々は行動せねばならない。今週の日曜日、中部電力へ行くぞ!


【中部電力よ!感情論に与するな!】

中部電力よ、原発きのこの会などの、だらしない妄言に与してはならない!核の平和利用を日本国民は暗黙に了解していたはずである。一時のだらしない感情論など聞く必要もない! 

【日時】
平成23年3月20日(日)14:00~15:00

【場所】
中部電力本社前 名古屋市東区東新町1. アクセス方法. 地下鉄東山線栄駅5番出口から東へ徒歩約5分。 地下鉄桜通線高岳駅4番出口から南へ徒歩8分

【主催】
核武装推進委員会

【現場責任者】
岩橋 080−5120−9341


あと、東京電力に公開質問状を出しに行く予定をしています。平日です。あと、1名乗れます。

人気ブログランキングへ


人民解放軍がくるようだ

今回、原発騒動についてあーだこーだと言っていたら、この動画を教えてもらった。

やはり東京電力の中に外国勢力があるんじゃないか? 今回起こったことは、このままそっくりだろうが。

東電は身元調査をちゃんとしろ!!悪い分子は首にしろ!


もうひとつ、中国が地震被害が発生した日本を支援するため人民解放軍を派遣する意向を明らかにしたと、報じられている。この提案に対し、日本政府がどんな反応を見せたかは確認されていない。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=138255&servcode=A00

他国の軍隊を、しかも人民解放軍を受け入れることは、地震より危険である。外患誘致とはこのことだ。

もういい加減にしてくれ!!!!


人気ブログランキングへ

日ごろ メディアリテラシーがどうのこうのと偉そうに言ってる奴らが 安全性の危険を煽られたとき、メディアの煽動に乗って泡踊りを始めることに気づいてしまった。

パープリンの愚民はどうしようもない。

2011年3月17日 (木)

ヘリのバケツはもうお笑いだ

メルケル首相 「日本からの情報は矛盾している」
福島第一原発の爆発や火災などに関する日本政府の対応について、不信感を強調する報道が目立っている

福島第1原発、午後にも外部から電源が回復する見通し=保安院
経済産業省の原子力安全・保安院は17日朝の会見で、福島第1原子力発電所できょう午後にも、外部の送電線から電源が回復する見通しであることを明らかにした。電源が戻ると、海水を使った注水システムが回復する見通し。

やっと幕引きか。

新潟県中越沖地震のときもマスコミは放射能漏れと騒ぎ立てた。実際はどうだったのか?

特別な耐震強化をしていない排気ダクトや消火栓などの付帯設備は、大きく損傷していた。原子炉の建屋内にある、耐震性をある程度強化したクレーンも破損した。こうしたトラブルは60件以上にのぼった。付属施設である変圧器からの火災がでた。また放射性物質(人体には影響ないレベル)を含んだ海水が日本海に流れ出たということもあった。

重要な箇所には損傷はなかった。原子炉の安全は確保されていた。原子炉の安全性にいかにも問題があるような情報をマスコミは垂れ流した。

マスコミは、「放射線」と「放射能」という言葉を完全に誤って使っていた。「原発の放射能心配」と騒いでいた。

wikipediaより
放射線・・・一般的には電離性を有する高いエネルギーを持った電磁波や粒子線(ビーム)のことを指す。日本語では「電離性放射線」とするのが正しい。広義な意味で放射線は、電離性でない(すなわち電離作用をもたないような低いエネルギーの)放射線も意味する。また、マスコミ報道で「放射能漏れ」や「放射能を浴びる」と言われる場合の「放射能」は放射線を指している場合があり、完全な誤用である。

放射能・・・放射線を出す能力のことである。「放射能」はあくまである放射性物質が放射線を出す能力を指す言葉であるが、しばしば「放射能を持つ物質(放射性物質)」や「放射線」との混同や誤用が見られる。

柏崎の原子力発電所の報道を見てもマスコミの視点は風評や不安感を煽るばかりのものが目立った。

覚えてない? あんたたち、記憶喪失??? てか、バカ??

さて今回は??

緊急時に原子炉で最も重要とされる「止める」「閉じこめる」「冷やす」、という三つの機能があるそうだ。今回は「冷やす」というところが問題であるという報道、政府の発表だった。

これを見よ!

20_201103178798521n

笑っちゃった。完全にナメとる。この程度の水で冷やせば安全性が確保されるのかよ。

もうお笑いである。

政府の皆さん、東京電力のみなさん、マスコミの皆さん、今回も十分笑わせてもらいました。ありがとう。

人気ブログランキングへ

2011年3月16日 (水)

メルトダウン寸前なのは国民精神の方である

雹が降った。不思議なこともあるもんだ。マイミクの方が『太平記』をふと思い出したそうだ。私が学がないので、この変な揺れの地震の初めから、小学生の読むファンタジー小説『十二国記』を思い出していた。

治世は永遠には続かない。天命のない者を玉座にすえることは、理に逆らい世のなりたちを否定することとなる、またその王が道を誤り天意に背けば、人心は乱れ国は荒廃し天変地異が続く。。というお話である。そういえば、村山首相のときも大きな地震があったな。。

石原都知事は「天罰だ」と言った。まさにその通り。天罰ではないことを誰も説明できまい。皆、これからの動乱期を意識の下で察知しているように思える。世界でいちばん人心が乱れているのは、日本である。

人々が精神の背骨をなくし、生きのびることそれ自体を第一の価値とみなし、原発問題で過剰に反応したり、落ち着かない素振りを見せている。

みっともねえ!! はずかしいよ。。

非常事態には人間の本質があらわれるようだ。食べきれない量の食べ物を買いあさってみたり、よく知りもしないことを大げさに話してみたり、日頃、右側にいるとみられる人たちでさえ左翼まっさおの発言を繰り返している。

私は地震に乗じて相当程度の間接侵略が行われていると見ているが、まぁ、どーでもいいや。好きにやってちょ。こんな国民は他の生命を食い散らかす価値もない。侵略されるなんて祖先に対して恥ずかしいから、国ごと地震に見舞われてしまうがいい。

メルトダウン寸前の国民精神を取り戻さなければ、「天罰」はこれからも続くに違いない。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


そういえば、南京大虐殺記念館に捏造資料を寄贈する大東さんのところに、今年も行って参りました。

かなりの顔見知りになってしまったので、なーなーの抗議になってしまっていますが、ご覧ください。ビデオの電池が足りなくて、短い収録となってしまいました。実際は1時間以上やってます。

収穫ですが、パネル展をするなら、大東さんが参加してくれるという約束をとりつけました。ですので、今年の8月には「真の平和のための戦争展」を開催したいと思います。

以前、毎年左翼が開催する「平和のための戦争展」に、我々も「ライタイハン」をやらせてくれお願いをしに行きましたが、どれだけ待っても返事がないので、お隣の部屋でも借りてやりたいと思います。

本日は、朝鮮総連の固定資産税の件で、瀬戸市役所に行って参りました。


人気ブログランキングへ

2011年3月15日 (火)

庶民と愚民の違い

庶民とは、常識に根ざした生活感覚のある国民のことを指す。ものを言わないサイレントマジョリティーとは庶民のことである。マスコミの町中インタビューでは庶民感覚のある意見はほとんど登場しない。

愚民(大衆)とは簡単に言えば、マスコミによって均質化、画一化、平均化された凡庸、低俗な人民のことである。ノイジーマイノリティである。最近はノイジーマジョリティーだけどね。

人間には、庶民と愚民(大衆)の両方の側面があるが、現代日本では庶民感覚が薄れ、愚民化の一途をたどっている。愚民からわき起こるものを世論といい、庶民からわき起こるものは公論という。愚民は「民意」などという怪しく頼りない言葉をよく使う。

私の言う保守とは、自身の愚民(大衆)の側面を思想によりなんとか抑えようと努力し、常識や道理からなる庶民感覚を鍛えていこうという態度に他ならない。

今回の原発の件で、私は庶民と愚民の両方の意見を聞いた。

まず、本当の普通の庶民の方である。

私:今回の原発の件をどう思うか?
庶:今回「想定外」という言葉がよく使われるけど、あの「想定外」というのが、そもそもおかしいよね。原発などというものは、「想定外」がないように作られて当然でしょう。おかしいなあと思って見ているよ。テレビがやかまし過ぎるわ。細かいことは興味がない。
私:原発批判にはどう思うか?
庶:原発に頼って生きているのに、やかましい過ぎるわ。原発がいらないなら、電気のない生活をするしかないじゃん。

次に愚民の方である。

私:今回の原発の件をどう思うか?
愚:あれな、メルトダウンしとるんだと。500ミリシーベルトの放射線をいちどきに全身に浴びた場合は人体の末梢(まっしょう)血中のリンパ球減少が起こる。逃げろ逃げろ〜。この房はプルトミウムを使っている。 今までの放射線とは違うぞ。 軽い被爆だと思っていたら死ぬぞ。
私:原発批判にはどう思うか?
愚:アメリカもスイスも、原発は怖いで、考え直す言っとるがや。

ここまで愚民だとかわいいけどね!にわか原発評論家には参る。

人気ブログランキングへ


2011年3月14日 (月)

少女のようにセンチメンタルな男たち

今回の地震の件で、感じたことだが、なんだが日本の男が、少女のようにセンチメンタルだなぁ。。と思うことが多かった。

なぜだか直感でわかる。

この人たち、闘うだなんだ言っておきながら、普段から自分の死について考えていないのだ。自分の死を想定していないのだ。死ぬのが怖いのだ。だから、人命という2文字で、思考停止、センチメンタルになってしまうんだ。

それは一本筋の通った思想がないということだ。それでは腹がすわるまい。人命の2文字でセンチメンタルになる者など闘えまい。私だったら、そう察知されるのは、まことに恥ずかしい。。

人間て、10年か、50年か、100年か、違うだけで、早かれ遅かれ全員死ぬんだよね。人は必ず死ぬのだから、地震で死んだから特別可哀想なのか、いっぺんに死んだから特別可哀想なのか、センチメンタルにならざるをえないのか、私にはよくわからないんだよね。長生き=幸せ、が定説となっているようだが、老醜晒すのがいいのかわるいのかも自分自身ではっきり決めておいた方がいい。

哀れみだけなら、どこまでいっても人は救えない。慈悲とは施すことである。具体的行動が伴わなければ、哀れみなど屁の突っ張りにもならない。ネットで哀れんでいるのは、哀れむ自分がかわいいからに過ぎない。男なら、哀れむ前に施せよ。まえにあっただろう。「同情するなら金をくれ」というやつ。別に金でなくともいいのだけれど。。

なんだか、日本という国家は弱いなあ。。と思ってしまった。

若人に一つ教えといてやろう。私は師匠の本に教えてもらった。

葉隠にこのような言葉がある。「大事の思案は軽くすべし。小事の思案は重くすべし。」

意味は「小事についてはつくづく考えろ、大事については(普段から考えているのだから)あっさり答えを出せ」

小事というのは日常の些細なことだ。日常の些細なことは、常識に照らし合わせTPOや相手の状況など、バランス感覚を発揮して考えねばならない。大事と言うのは自分の生死にかかわることだ。宇宙や歴史から見れば、自分なんぞはゴミに等しい。歴史伝統を保守するという意味において、自分が何らかの役割を果たせるなら自分の生死などいつでも賭けてもいい。という覚悟さえ養成しておけば、答えはあっさり出せる。出すべきだ。ということだ。


いや、しかし、私が同志に選んだ方たちは、センチメンタルではなかった。やはり、という感じだった。

人気ブログランキングへ

うさんくさすぎる原発報道

どう考えてもわからない。外からみると、原発の施設はビクともしていない。で、なぜ肝心のところがイカレるの?? 津波で? あ~不思議。

なんで、震源地のど真ん中にある、宮城県の女川原発は大丈夫なんだろう。

アメリカ 「冷却材輸送するよ」   
日本政府 「だが断る」??

「明日はわが身」 脱原発団体が緊迫の声?

初歩的な質問で悪いけど、窓ガラスを閉めよとか、服を洗えとか言ってるが、放射能て窓ガラスは通さないの?洗ったらとれるの?水で落ちるのけ??

警察採用試験では身元調査があるだろう。原発の施設に就職するときは、身元調査はあるのか? アカは採用してないのか? どうなんや。また、外国人も採用してないのか? 今回のことがホントだとしたら、人為的じゃないのか?

ていうかそもそも、核武装論を抑え込むための政治宣伝、情報操作じゃないのけ?

「日本政府、原子力緊急事態宣言を初めて発令」もう笑っちゃうよ。これ出したかったんだよね。きっと。


テレビで、女の子が「おかあさーん!」とか言ってた。わたしとて胸が痛んだ。たしかに気の毒なのだ。

しかし感情論に流されるでない。核武装論者よ!ひるむでない!

チェルノブイリ原発の地元ウクライナにあるチェルノブイリ・センターのグルイガロ副所長も「日本の原子炉は近代的なタイプ。核分裂は制御され、(放射性物質を含む)蒸気が排出される可能性があるにすぎない」として、放射性物質が大量に漏れることはないとの見解を示した。

ロシア非常事態省も「(日本の原発の)状況は一貫してコントロールされている。脅威はない」との声明を出した。

おい。あの白い煙って蒸気じゃねーのか?

2007年の新潟県中越沖地震のときも柏崎の原子力発電所の報道が酷かった。

想定の2倍もの揺れがあったのに、原子炉は正常に停止した。また、原子炉本体には全くの問題は見当たらなかった。わざと国民の不安を煽りたいがために、このことをなぜかマスコミは意図的に伝えようとしなかった。原発反対派の利益にのみ適うものだった。

細部の小さなことをまるで、重大事のようにそのことだけで問題全体を覆いつくそうとミスリードし、国民を一種の思考停止状態に陥れるマスコミ。今回は政府ぐるみだ。

マスコミは言いっぱなしでも許されるかもしれんが、政府となるとそうはいかんぞ。これだけ騒いで落としどころをどこにするか。高見の見物としよう。


日本の原発をなめるなよ!!

人気ブログランキングへ

2011年3月13日 (日)

外国のみなさまありがとうございます

【各国の支援一覧】
アメリカ
 空母派遣
 援助隊140人
 救助犬10頭以上
 救援用機材約150トン分
ニュージーランド
 援助隊54人
 救助犬
オーストラリア
 救助隊72人
 救助犬
ドイツ・スイス
 援助隊70人
 救助犬
イギリス
 援助隊63人
 救助犬2頭
フランス
 援助隊30人
タイ
 援助隊24人
 救助犬6頭
 義援金1400万円
トルコ
 援助隊3チーム
シンガポール
 援助隊5人
 救助犬5頭 
ロシア
 天然ガス15万トン
 救援隊200人待機
台湾
 義援金2億8千万円
 救援隊待機(日本政府が拒否したため)
中国
 援助隊10人
 義援金1000万円
★韓国
 犬2(逃亡1)役人5人 義援金0円
 (救援隊ではなく、自国民の安否確認のための、役人の日本視察。現地入りせず東京に滞在。TVでは「一番乗り」と大々的に報道)

【RV】寄付まとめ:ブリトニー6億 ガガ゙1億 東芝5億 パナソニック3億+物 トヨタ3億 キヤノン3億 三菱東京UFJ銀、三井住友銀、みずほグループ、シティバンク銀、野村證券、大和証券 各1億 ビカス(ネパールカレー屋)10万円 大富豪アグネス・チャン:折り鶴

人気ブログランキングへ

2011年3月12日 (土)

これは、情報操作だ!外患誘致だ!

中国と韓国は支援する気があるなら、物資と金で支援してください。5兆円ぐらいでいいです。さすれば復興も早い。人間はいりません。よろしくです。


放射能漏れ? 爆発?


日本はあらゆる反対を押し切って原子炉を作った。いくら大きい地震だと言ったって、それくらいの地震は想定済みのはずである。初め、放射能漏れはないとしていたが、次々に状況が変わってきたことがニュースで流れている。どう考えてもおかしい。

テレビは一斉に原発報道しかしていない。情報統制ではないか。

日本国民の世論が一色で染め上げられ同型に収まってしまっている。これは危険である。世論が雪崩を打って一つの方向に落ち込んでいっている。愚民の典型である。自分の頭で考えようとしない、マスコミに追従していく愚民はすぐに情報操作の罠にはまってしまう。

あの戦争のときもこういう状態であったのだろう。こういうときに大きな落とし穴がある。ほんとに呆れる。

各国の軍隊を無制限に招き入れることは危ない! 外患誘致である。

哀悼の意を表している場合ではない。緊急事態に際してそんなことを言う奴は当てにならない!!日頃はマスゴミと言ってる奴らが、全く当てにならないのを私はこの目で見てしまった。

君たちの操作は簡単だ。原発で命の危険を煽ったあと、各国の軍隊が来れば、涙を流して有り難がる愚民だからだ。


人気ブログランキングへ

真正のクズぶりを発揮しておこう

朝鮮人が私の日記を見て、真正のクズと言ってくださった。よくぞ「真正の」をつけてくださった。前にも書いたように、バカと言われたら怒るが、大バカと言われるとなんだか誇らしい気持ちになってしまう私であるから、なんかうれしいよ。ありがとう。

お誉めにあずかったので、もういっちょ、真正のクズぶりを発揮しておこう。

今回の地震に際して、偽善者が大量発生している。キモいやつらだ。

日々起こる交通事故や火事には見向きもしない奴が、地震で大量に死んだ人に限っては、支援を!ご冥福を!とか言っちゃって。なんなんだ、いったい。(この世には事故で被害を受ける人が後を絶たないし、また、個別で起こった事故の場合、多くは支援などされないし放置される。)

政府が大規模な地震の被害に対して迅速な対応が求められるわけは、かわいそうだからではない。社会の秩序が混乱に見舞われるからだ。それ以上でもそれ以下でもない。


まあ、騒ぎたいから騒いでいるのだろう。説明してもムダだわな。

人気ブログランキングへ

2011年3月11日 (金)

地震に乗じて外国勢力が動いている可能性アリ

今日の揺れはめまいのようなイヤーな揺れだった。なにかの前兆なのか。

関東大震災のとき、浄水場に毒を入れたとか朝鮮人が騒ぎを起こした。あれは今から考えれば、自作自演のマッチポンプであった可能性がある。朝鮮人を迫害したとして日本人が反省しているが、これに得して喜んでいるのは、朝鮮人である。デマから世論操作するのも間接侵略のひとつである。

今回

福島放射漏れしてないと言ってたけど、その後、漏れてるとテレ東 、TBS。地震ぐらいで放射能漏れなど起きるはずがない。おかしい。

政府が初の原子力「緊急事態」宣言を検討。

国家の根幹である首都東京の都市機能は麻痺。革マルの巣窟JR東日本が様子見だといって在来線を止めた。家に帰れない人たちが難民化している。これもおかしい。


ルース駐日米大使から、在日米軍はできることがあれば全面的に協力したいと申し出。


地震に乗じて外国勢力が動いている可能性アリ。

東京の状況がテレビからは、あまり入ってこない。

地震情報に惑わされず、ニュースを凝視せよ

地震に乗じた間接侵略はコストがかからない。国際世論からも責められない。外国勢力は日本に地震が起きた場合について、十分にシュミレーションしているはずである。地震が起きたら、こうしたれと段階的に社会実験してるのではないか。

原発は日本の急所であり、だから核はだめだというイメージ操作にもなる。

ある方からの情報である。

これも忘れるな!

相次ぐ「政治とカネ」ついに本丸直撃 党内外から進退問う声浮上

 外国人献金問題で外相辞任に追い込まれた前原誠司氏に続き、「クリーンさ」を追求してきた菅直人首相にも同様の問題が浮上した。献金額が計25万円だった前原氏に対し、首相のケースは計100万円以上と高額だ。

人気ブログランキングへ

2011年3月10日 (木)

歴史とは本来、涙なくしては読めないはず

本日は、歴史とは何かを小林秀雄に学んでみたい。

~私の作った、歴史に関する「小林秀雄名言集」~

「日本のインテリぐらい歴史を知らないものはない。歴史学者、歴史の専門家の、歴史に対する態度がまちがってるんだな。歴史を語るといいながら、一種の社会学しか語ってやしない。だからおもしろくもなければ、感動もしないんだ。」

「たとえば、明治維新のときのことを考えても、そのときの歴史をくわしく調べれば、ふつうの人なら、涙なくしては読むことができない。ところが(歴史学者などは)そういう読み方がいけない、そういう文学的な臭味は取り除かなくてはいけない、という考え方ばかりが強いのだ。歴史というものは物理的現象じゃないんだからね。」

「歴史は人間の体験がなくちゃ存在しない。歴史は人間と離れることはできない。人間といっしょに始まって、人間といっしょに終わるんだ。だからほんとうの歴史は、おもしろい人間の性格や、尊敬すべき生活の事実談でいっぱいなんだ。そういうものを学んで、常識を養うようにしなければいけないのに、そういうものを歴史教育からしめ出しちまってるだろう。」

「今の歴史家は、歴史の客観性だとか、必然性だとか、法則性だとか、やかましくいうばかりで、その心構えは物質に対する科学のようにつめたい。歴史をもっとあたたかい目で見なけりゃだめだ。過去を惜しむ気持ちで。」

「たとえば、子どもを失った母親にとって、子どもが、いつ、どこで。どんな原因で死んだかが問題じゃない。かけがえのない子どもが死んだという事実だけが、いつまでも、悲しく、あきらめきれず、心の底に残ってるだろう。歴史とはそういうことだ。」

「現代の進歩的な人間は、過去の歴史とか、もう死んでしまった人間なんかに用はない、と思ってる。そんなばかな考えはないよ。過去とか歴史とかに現代を照らし合わせなきゃ、ほんとうに現在は新しくはならない。過去を殺して新しいものをつくることはできない。革命とか革新とかいう考えを、ただ過去を清算してしまう、殺してしまう、というところに立てるのは、空想です。」

「昔は歴史のことを鏡といったんだ。大鏡とか増鏡とか、みんな歴史物語だ。歴史の中には、見ず知らずの人間たちがたくさん出てくるが、実は、鏡に自分が映るように、その人間たちのなかに、自分の姿が映っているのだ。客観的に歴史を見るなんて意味をなさないよ。歴史という鏡のなかに自分を見るんだからね。これが、ほんとうの、歴史を学ぶ、ということなんだよ。」


最後にゲーテ

「ローマの英雄などは、今日の歴史家は、みんな作り話だと思っている。おそらくそうだろう。だが、それが作り話だとしても、そんなつまらぬことを言って、いったい何になるのか。それよりも、ああいう立派な作り話を、そのまま信じるほど、われわれも立派で良いではないか。そういう考えの通る時代が客観的で健全な時代だ。」

人気ブログランキングへ

必死の努力を知らずして、祖先に唾を吐くなかれ

日本は日露戦争に勝ってしまった。

日露戦争が終わるまでは、ロシアの南下政策への反対もあり、アメリカの政府も世論も、ほぼ全面的に日本に味方だった。ところが、日露戦争が終わると、それがあっという間に変わった。

日露戦争の翌年、サンフランシスコの教育委員会が、日本人学童を公立小学校から隔離して、東洋人学校に通わせるという決議を採択した。この問題を契機に日米開戦説が燃え上がった。ハースト系新聞は、除隊した日本の兵卒が大挙してわが太平洋側に押し寄せてくることは確実だ、などと騒ぎ立てる記事を載せた。米国でのエスカレートした日米開戦説はイエローペーパーだけではなかった。

ルーズベルトは「日本が中国を改造するのに成功すれば、白色人種に関する限り、世界の勢力均衡に大変動をきたすだろう。」と書いた。日本の支配の元に中国の資源と4億人のマンパワーが結集されれば、確実に新しい挑戦を受けることになるという、いわゆる「黄禍論」が強烈にわき起こったのである。

日露戦争で疲弊していた日本では、カリフォルニアの興奮とは反対に、冷静で一貫して慎重だった。しかし、世界にはいつの間にか日米戦争熱が広がっていた。

1908年3月、驚くべきことに、アメリカは突如として対日威嚇行動に出た。白船事件である。アメリカの太平洋艦隊を大挙して太平洋に回航させ、日本近海に近づけるという行動に出たのである。戦争の危機がここにもあったのだ。アメリカでは、明日にでも日本が攻めてくるというキャンペーンが繰り広げられていた。

さて、日露戦争後、慎重に慎重を重ねていた日本はこのときどうしたのか?? 

日本人は心の底から驚き、恐れた。日露戦争に勝った強い日本を信じているにもかかわらず、恐怖におののいた。そこで、どのような手を打ったのか???

友好国キャンペーンを一斉に開始したのである。「朝日新聞」は「米艦歓迎英語会話」欄を設けた。白船が横浜に入港した早朝から、群衆が桟橋近くの海岸に集まり、子どもたちが日米両国の小旗を振って、女子たちは菊の花束を持ちつつ、喉も破れよと万歳万歳を連呼した。

大艦隊は太平洋の南の方へ行く予定だったが、日本政府がいち早く手を打った。大艦隊の演習を歓迎式典に切り替えた。そしてこの大艦隊の幹部たちは、政府、財界、陸海軍首脳、市長、学会その他の、さまざまな団体が企画した園遊会や晩餐会にひっぱりだことなった。彼らがやってくると、新橋駅のホームは1000名の小学生が「星条旗よ永遠なれ」を歌った。

白船が立ち去って二週間後、日本の連合艦隊は九州の東南沖で大演習を行った。実践さながらの訓練であった。アメリカ大西洋艦隊をあれほど熱狂的に歓迎攻めにしておいたあとで、彼らが立ち去るとたちまち豹変した。もちろんこの事実はまったく伏せられ、冗談はいつ本物になるかわからないので、ひとまず、警戒を怠らなかった。

黒船来航と同じで、日本人は心の底では平静ではいられなかったろう。

以上、「国民の歴史」を要約した。詳しくは本物を読んでくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

大航海時代に始まり、世界を行き来できるようになり、西洋の世界制覇の野望の火が燃え上がる世界史の中に姿をあらわした日本。日本の近代国家としての出現は、西洋人に、背後にいる何十億というアジア人の代表として脅威を与えた。日露戦争勝利のニュースを聞いて、あらゆる植民地の国々では人々が胸を打ちふるわせて感動した。
しかし、当時の日本人には自分の客観的位置がよく見えていた。日本人は、「日本人がアジア人の代表であって、日露戦争は白人対有色人種の戦いの緒戦である」というふうに受け取られることをいちばん恐れていたのである。わが祖先たちは必死の努力をもって対応した。この必死の努力を知らずして、祖先に唾を吐くなかれ。後になって、祖先は間違ってたなどと見苦しいんだよ。言うだけなら小学生でも言える。

人気ブログランキングへ


2011年3月 8日 (火)

のんできました

今日は思い立って仲間のお店へ行ってきた。仲間のお店は朝鮮人の常連さんが来るという。聞けば朝鮮人が外国人参政権の話をしているらしい。

「くれぐれもケンカしないようお願いします。」と仲間からくぎをさされてた。店の壁には「韓国旅行参加者募集」の案内が貼ってあった。待ち構えていたが朝鮮人は来なかった。

待ってると来ないもんだよね〜。

ザンネン。またいくぞ。


そう言えば、18歳頃、デートのあと繁華街近くの公園のベンチで話をしていた。私はまだあらゆる点でウブだった。あたりはもう暗くなっていた。ふと後ろを見ると、すぐ後ろにオッサンが2人私たちのカバンに手をかけていた。

「なにしてるの??」私は大きい声で言った。オッサンたちと私たちは向き合った。やばい。。と思った。で、気がつくと、品のいい? 私自身も信じられないことを叫んでいた。「テメエら、なにしとんじゃー!ボケ!◎△$♪×¥●&%#?!ーー!」あまりの剣幕にオッサンたちは退散した。デートの相手は唖然としていた。そのとき、あたしってイザという時はけっこうつえーなと思った。

いざというときは結構つえーのよ。

人気ブログランキングへ


2011年3月 7日 (月)

日頃使わない刀でもキチンと研いでおけ…それが玉ありか玉なしかの違いだ

子どもの中学校時代の社会科の先生が左翼だということで、笑えることに、仲間が学校に電話し「おたくの学校は南京大虐殺を子どもに教えるのか?」と校長に抗議の電話をした。

(別に責めてませんからね!面白いから学校に電話をしたらいいと、子どもも私も了解済みのことです。もちろん岩橋くんに聞いたと言ってもいいと了解もしました!)

私学だったので校長先生は慌てたということだった。

で、後から聞くと、それが関係あるのかしらないが、高校で特定の先生に度々いじられたようである。はははは!

ある日子どもが「先生に口答えをするのは、どう思うか?」ということを聞いてきた。もちろん、「目上の人の言うことは多少、理不尽があっても素直に聞いた方が良い。」と答えた。しかしその後ちょっと付け足した。「先生だから度を外れることもないだろうが、万にひとつ、度を外れていたら、チラッと刀を見せてやるのも一つの手かもしれない。」治世の刀とは言葉のことである。
「そこの線引きがわからない。どう思う?」「そんなことは当事者でないからわからない。自分で判断したらいい。」で終わった。

一寸の虫にも分の魂。刀は納めてばかりいると錆ついて使えなくなる。

さて国家の話。

軍事力のない国家がまともであろうはずはない。軍事力は、国を守る精神を形成する。

国を守るということは、「自分の生命より国家の方が高い価値がある」ことを暗示している。それは人間に緊張を強い、高貴で道徳的な人格を形成する。

昔、刀は武士の魂だった。日本の核兵器は、日本国民の魂となって、日本人を倫理的に鍛錬してくれるだろう。

日本人よ、刀を研ぐのだ。刀を錆び付かせたら、活力のない卑屈な人間にしかなれない。

人気ブログランキングへ

2011年3月 6日 (日)

(*゚A`)ノおい、また保守思想をケナしとるがや

今帰ってきて久しぶりにある方のブログを見た。ヾ(*゚A`)ノおい、また保守思想をケナしとるがや。私に相手をしてもらいたいのか?? これをケナされた場合、いつでもお相手するぞよ。

一番どうしようもないのは、保守(コンサバティブ)、保守思想の意味も知らず保守をケナす人。左翼という意味も知らずに左翼をケナす人。言葉に意味が宿っていない。また、武士道だと言ってみたり、拝外だと言ってみたり、内容にも一貫性がない。感情と衝動に支配された方である。 みょうに煽られるので、記憶力がない人、頭の悪い人は、一貫性のなさにゲンナリするわけでもなく、気分の高揚剤としてはいいのかもしれんが。。。要は「気分」を語っているにすぎないのだ。

20年も前だったか。消費税の意味も考えずに朝から晩まで「消費税は悪税だ!」と群衆は騒いでいた。合理的な判断に立って群衆は騒いでいるのではない。騒ぎたいから騒いでいるだけなのだ。こういう群衆の暴発の前では、説明なんぞいくら筋道が立っていようとも何の効力も発揮し得ないのだ。

師匠の言葉を借りて言えば、こういう人たちの仕掛ける馬鹿騒ぎに集まってくるのは、退屈しのぎと苛立ちまぎれを主たる動機にして便乗するヤカラだけだろう。しかし、馬鹿騒ぎはいずれ飽きられるのがオチである。さらには、自分を馬鹿騒ぎに誘った率先者に嫌悪の情を向けるのが人の常なのである。

思想と行動は両輪の輪であり、どちらが欠けてもカタワでしかない。それに、保守とはおりこうちゃんの思想ではない。近代主義を排撃し殲滅せんとする戦闘的な哲学である。机上の理論ではない。バカにするなや。

行動だ!!!!!闘争だ!!!!とあまりにも言うので、「おいおい、オマエサンよ、もしかして、たまってんじゃないのか? 女でも作ったらどうか?」と助言してあげたくなる次第である。


人気ブログランキングへ


2011年3月 5日 (土)

お寿司屋さん

書くことないので。。。。

たま〜に気が向くと家でお寿司屋さんをします。カンタンです。特にお父さん、一年に一度くらい家族サービスいかがですか??? うちはもう喜びませんけど、小さい子どもがいるなら喜びますよ!

1、刺身用のネタを買います。何でもいいですが、今の季節だと貝類もおいしくなってます。そろそろサヨリもどうでしょう? もちろん、自分でサバイテもいいです。海苔も買いましょう。貝汁のアサリもね!きっと貝汁ぐらいは奥さんが作ってくれるでしょう。

2、軍艦巻き用にも海苔を切っておきます。

3、酢飯を作ります。カンタンなのは、おひつに炊きたてのご飯と酢飯の素を入れて、ふうふうしながら粗熱がとれるまで混ぜ合わせます。

4、食卓にネタを並べます。まな板もおきます。おひつも横におきます。あとはお皿を並べて、「へい!いらっしゃい!なんにしやしょう?」

食べる人数が多い場合は、握るのにちょっと時間がかかり、待たせることになるので、先に納豆やネギトロなどで、細巻きを2、3本作って切って置いておくといいと思います。

もちろんご存知だとは思いますが、握る時は手を湿らしてから握りましょう。でないと、手にご飯がベタベタついてしまいます。

大きい子どもがいるときは、冷めて見ていますから、特にお父さんの場合、手を洗ったかとか聞かれるでしょう。きちんと手を洗っておきましょう。

ちなみに、うちの一番人気は、なぜか、うずらの軍艦巻きです。これは愛知県ならではかもしれません。

回る寿司屋が嫌いなオオヤマレンゲでした。タバコ吸えないし。

2011年3月 4日 (金)

中道というのはつまみ食いのことだ

「自分は左翼でも保守でもない。中道だ。」いう人をよく見かける。

しかし、中道という考え方、思想は存在していない。左翼思想も保守思想も一つのまとまった考え方であって、中道というのはつまみ食いということにしかならない。いわゆる「いいとこ取りのノンポリ」のことである。

そうじゃないというなら、中道とはどんな思想のことなのか教えてもらいたい。

人気ブログランキングへ

なぜか楽しみでならない6月17日蒙古襲来

6月17日、尖閣に中国が千隻の船でやってくるという。平成の蒙古襲来である。


「命が…命が…」と言ってる国と「3000万ぐらい死んでもかまわない。人口減らしにちょうど良い」国とでは、最初から、勝負あった!だ。鎌倉武士とは人間が違うわい。

大東亜戦争でも元寇でも日本人は一致団結して闘った。しかし、今の日本人は闘えない。自国の過去と祖先に対する尊崇を失ったからだ。過去と現在と未来とは連続しているから、現在の世代が未来に対する責任を持つには、自国の歴史に対する尊敬とか、偉大なる先人に対する崇敬の念、そういう精神がない限り、未来へのつながりを失ってしまうのだ。

大東亜戦争ではここが間違ってたとか、偉そうに言ってる時点でダメ。闘えないの。

何が楽しみかって? 日本人がアホ面さげてア然とするのが楽しみなのよ。

だけど。。

私は、私自身は、屈服だけはせんぞーーーー!絶対に!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

再び保守おじさん、チャーチルの言葉

「戦争からきらめきと魔術的な美がついに奪い取られてしまった。アレキサンダーや、シーザーや、ナポレオンが兵士達と共に危険を分かち合い、馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。そんなことはもう、なくなった」

「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは勇気を持ち続けることだ」

「過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう」

「お金を失うことは小さく失うことだ。名誉を失うことは大きく失うことだ。しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ」


人気ブログランキングへ

2011年3月 2日 (水)

左翼顔、右翼顔、戦後民主主義顔!!

左翼顔…ともかく汚い。イメージは肌が黄土色で、目がなぜか一重、ちゅーか細〜い。ちなみに瑞穂タンは前は一重だった。朝鮮人は目が一重というのはダエモンさんが言ってる。だが、朝鮮半島の支配者はシナ人の末裔であるそうで、目が二重とか。。

UnknownUnknown1ImagesImages3Images4300xImages5

右翼顔…なんでかわかりませんけど、右翼顔はかっこいいのです。

Images6Unknown2Images7Images8Images9Tbs01s


戦後民主主義顔…甘やかされたおぼっちゃんの顔。中心、支柱のない顔。解釈もできないくせに知識量ばかりを誇る。2ちゃんねらーとなんも変わらん。もう精神が解体されちゃってマス。。

Images10Images11Images1214Images13

ハイ!お口直しに戦後民主主義顔でない祐くんの顔!いいねえ(。・w・。 )青年だ。 祐くん!野球なんか早う辞めて防衛大学校に入れ!
51wrvovfdul_sl500_aa300_

ご質問がありました。祐くんは右翼顔ではありません。物事を素直に吸収しようとする青年の顔です。

人気ブログランキングへ


2011年3月 1日 (火)

「エドマンド•バーク」予備知識その1 アメリカの憲法について

3/27のバークに学ぶですが、当日は論点を一点にしぼりたいと思います。しかし、論点をしっかり理解していただくために、何回かにわたって予備知識をブログで書いていきたいと思います。だんだんと腑に落ちていただければ嬉しいです。


「アメリカの憲法は保守主義の精神で貫かれている」


中川八洋さんによると、アメリカ建国当初の大統領、ジョージワシントンのもとでは保守主義者がその閣内を占めており、米国憲法は保守主義の精神で貫かれているということである。中川さんの本より抜粋させていただく。

「アメリカの建国の父たちはデモクラシーを不信視する考えが絶対多数であった。」

「米国にはそもそも『人民主権』はおろか『国民主権』という政治概念も存在しない。米国憲法とは『人民』への警戒、『人民』への嫌悪感、『人民』への疑念、で起草された憲法である。」

「抽象的な思弁上の『人民』などというものは米国には無縁である。星条旗に忠誠を誓い星条旗の下に銃をとる『国籍のある国民』だけが米国の憲法上の『the people』である。米国憲法の『the people』には愛国者というニュアンスすらある。『the people』を『人民』と訳す日本の憲法学者は事実誤認をさせる他意からの意図的な誤訳をしている。」

「米国憲法の原案執筆者ジェームス•マディソンは、財産や教養のない『人民』がデモクラシーによって政治に参加し政治を牛耳ることがないよう腐心した。『人民』に拡大要求をさせることがないよう、その憲法上の規定を全面削除した。熱しやすく冷めやすい一時的な『人民』の意思が国家の意思となりやすい一院制を否定した。付和雷同の『人民』の意思で朝令暮改的に簡単に憲法改正されることのないように改正手続きを厳しくした。無限に再任されてよい大統領、終身制の最高裁判事…それらもデモクラシーの暴走を防止する条項であった。」

「米国憲法は、『人は生まれながらにして平等』とか『天賦の権利』とかの自然法論的な表現のすべてを切り捨てた。制定時の米国憲法には平等という二文字は全くない。平等の二文字が入ったのは、1868年改定の『法の前の平等』を意味する第14条「法律の平等なる保護』という語句だけである。『人間の平等』と『法の前の平等』は異質で対極的な思想である。」

「デモクラシーを否定的に捉え、それによる政治を制限するという『制限デモクラシー』もしくは、「反デモクラシーのデモクラシー』、それが米国憲法である。」


ところがなぜ、アメリカ人が作った日本国憲法は保守主義の精神で貫かれていないのか??? 

そしてなぜ、日本国憲法は「人権」「自由」「権利」「平等」「国民主権」「デモクラシー」というフランス革命の思想で貫かれているのか???

フランス革命の思想は、危険で、人間の精神を解体するということが十分わかっていたはずなのに、なぜそうしたのか???

それは皆もおわかりのとおり、日本という国家に故意に時限爆弾を仕掛けたからなのである。本当にそうなるのか社会実験してやれー!ということだったのだろう。

人気ブログランキングへ


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »