最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 名城公園隣3000坪をチャイナタウンにするな!!街宣&ビラ撒き | トップページ | デキてるのはオマエらの方だろうが »

2010年11月22日 (月)

拝啓 中国様

拝啓 中国様

最近、中国様の反日の水準がやや低いのではないかと危惧しておりましたが、先日の中国様の武力の先制攻撃のおかげで、我が国は喝を入れられが盛り上がっています。ありがたいことです。いや、本当に感謝しているのです。

情けないのは、ビデオを見る限りでは、武力攻撃があったにも関わらず、我が国民は保守派でさえ反撃についての議論が、我が師匠以外の知識人や保守派において私の知る限り一言もないことです。

いやむしろ、保守派は米国務長官の「尖閣諸島は日米安保の適用対象」という詐欺を本気で信じ涙を流して喜んでおります。アメリカ様もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。だって、中国様が我が国をイジればイジるほど、我が国民はアメリカ様に擦り寄り、TPPすら有り難がたがり、なんでも言うことを聞くわけですから。

巷では、未だかつてない規模でデモなどが繰り返されております。しかし、残念ながらこのナショナリズムも流行に終わるでしょう。我が師匠は先日の核武装の名古屋講演会で「民族の記憶」という言葉を使われました。「民族の記憶」というのは安定した感情があってのことです。安定した感情を持つためには、論理が必要です。日本人にはこの論理が不足しているのです。反韓反朝反中の感情論だけでは言わずもがなです。まあ、これも保守への入り口となってくれればよいですが。。。

有名な話ですが、毛利家では、家老と殿様が毎年正月に「殿、今年は(倒幕は)いかがなさいますか?」「まだ早かろう」と、討幕挙兵を話題にする儀式が、260年続いていたという逸話があります。 これは単に毛利家の記憶ですが、民族の記憶とはそういうものでございましょう。戦争に負けついでにキンタマまで抜かれた国民には、報復など頭の片隅にもないかもしれません。

とにかく、我が国再生のきっかけとなりますのは、中国様の反日にこそあることが今回の件でよくわかりました。もっともっとアグレッシブにやっていただければ光栄に存じます。今後ともよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ


読者様へ
11/15にいたずら心でブログランキングへ登録しましたところ、この上のアイコンを押してくださる方が結構多いのに驚きました。ひと手間余分なのに律儀な方がいらっしゃるようです。感謝いたします。

« 名城公園隣3000坪をチャイナタウンにするな!!街宣&ビラ撒き | トップページ | デキてるのはオマエらの方だろうが »

中国」カテゴリの記事

コメント

中国は、中原に鹿を追う伝統的な覇者の国。
だから、中国人に覇権主義は避けられない。
力を示したものが覇者となる。
漢民族が、東夷 (とうい)・西戎 (せいじゅう)・南蛮 (なんばん)・北狄 (ほくてき)に対して種々の要求をする。
議論を好まない。覇者はその力を示す。
口実は、その後からついてくる。

中国語には、時制がない。
中国人は、現実しか語らない。
聖人と呼ばれる孔子でさえそうであった。
宗教の内容など、彼らにとってどうでもよいことである。
自分の都合が悪くなれば、覇者は書を燃やし儒者を坑する(儒者を生き埋めにする)。
このやりかたは、今日に至るまで変わることがない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/37763767

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 中国様:

» 再び番組降板!宮崎宣子アナの放送事故動画! [再び番組降板!宮崎宣子アナの放送事故動画!]
「Oha!4 NEWS LIVE」(おはよん)を降板した日本テレビの宮崎宣子アナ放送事故を限定公開!! [続きを読む]

« 名城公園隣3000坪をチャイナタウンにするな!!街宣&ビラ撒き | トップページ | デキてるのはオマエらの方だろうが »