最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 核さえ持てば、日本の抱える問題は一挙に解決するのに | トップページ | 11月の運動のご案内 »

2010年11月 2日 (火)

日本には保守思想がない、敵の敵は味方の論理しかない

私と同じ頃、副会長になった方たちがいる。お会いしたことがあるが2人ともなかなかの人物だ。そりゃそうだろう。自分の都合のいい時だけ喝采しまくって、逮捕だのなんだので自分の都合が悪くなると蜘蛛の子を散らすようにいなくなる人たちじゃないんだから。

で、その北海道の方のブログを最近チラチラ見るようになった。ちょっと驚かれるのだが、いつも私がネットを利用するのは、このブログとmixiとハンゲームの花札ぐらいなもので、在特会のHPだって見ていなかったのであるから(それでこの前叱られたが)この方のを見るのは私にとってはめずらしいことになる。

ある日面白い記事を見つけた。フリーチベットと唱えれば保守思想であるか


私はこれにほとんど同感だ。反共、反中国、反朝鮮、反左翼は保守とは何にも関係ないのである。アンチな気分が強いだけで、自分が何者かということもわかっていないし、独立精神もないのであるから、敵の敵は味方の論理で、親アメリカ、親チベット、親保守となるわけだ。ところが親○○になるだけで、依然として自分が何者かということはわからないだろうし、独立精神もないだろう。

なんかね、混沌とした民族に成り下がってしまったね。やだね。

明治になって「文明開化」=西洋化をひた走り、12年経ったある日、明治天皇はこう述べられた。

「近頃の世情を察するに、いたずらに洋風に馳せて独立自尊の念なし、例えば、洋人論語を良き書なりと唱ふれば直に取りてこれを読み、また悪しき書なりと言えばこれを捨つ、あたかも愚夫•愚婦が争ひて流行の稲荷に参詣するがごとし。」

また同年、各県の学校を巡覧し、親しく生徒の学業を視察された折に、

「例えば農商の子弟で、その発言が高尚な空論に終始する者がいる。甚だしきに至っては西洋語が達者であるにもかかわらず、それを日本語に訳すことができない。こういう学生は卒業後、家に帰っても再び本業に就きにくい。高尚の空論では、公職に就いても役に立たない。それどころか博聞を誇って目上を侮り、県の官吏を妨げる者となるに違いない。」と。

そしてこの頃から若者に伝統への服従を強いるために教育勅語へのルートが引かれた。

以上、ドナルド•キーン「明治天皇」より

現在の保守陣営にもいろんな人がいる。まず95%が保守派でもない民族派でもないタダのアンチ。アンチは憂さ晴らしすれば気が済むのだから、アンチな運動に出て来て憂さ晴らしすれば気が晴れる。アンチにしかなれないような教育しかしてないんだ、日本は。はやく明治から現代に続く欧化を反省し教育勅語を復活せい!


« 核さえ持てば、日本の抱える問題は一挙に解決するのに | トップページ | 11月の運動のご案内 »

保守と反左翼」カテゴリの記事

コメント

>three_sparrows

在日特権を許さないんだからアンチな会なのは知ってるよ。アンチでも路線が一緒のうちは、一緒に行動しますよ。それだけだよ。わかったか。ボケ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/37502469

この記事へのトラックバック一覧です: 日本には保守思想がない、敵の敵は味方の論理しかない:

« 核さえ持てば、日本の抱える問題は一挙に解決するのに | トップページ | 11月の運動のご案内 »