最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

核さえ持てば、日本の抱える問題は一挙に解決するのに

私はイラチである。

憲法改正だ外国人参政権だ在日特権だとチマチマした問題でモタモタしていると、ときどきイライラ〜(`、´X)としてくる。もっと、一挙解決!根本解決!を目指そうぜ!

このまえ、尖閣問題で稲田議員が国会質問していた。彼女はいつも立派だが、なぜか核武装の言葉が出ない。保守政党というなら核武装を言うのが本当ではないのか??

師匠と伊藤貫さんの対談で話題に出ていたが、核弾頭が100から200あれば、どこの国も手出しをしてこないらしい。最後通牒を出せる裏付けがなくては、どんな交渉も最初から勝負ありだ。

江戸の末期に黒船が現れてビビった日本は強くなるためにあらゆる努力をした。明治期において鹿鳴館などという西洋かぶれのことをしたって西洋人から認められはしなかった。ところが日清戦争に勝った途端、日本は認められたのだ。

福沢諭吉は西洋かぶれの文明開化をあざ笑った。欧化主義者を「開化先生」「改革者流」「心酔者流」と言ってさんざんコケにしたのだ。そして彼はこう言った。

「重要なことは、あくまでも日本の独立にあり、そのためには大国、強国である欧米文明国のやり方を受け入れる他ない。とりわけ学ぶべきことは、文明国の持つ「人民独立の気風」なのである。これは一人の人間についても一国についても等しく当てはまる。真に問題なのは、ただ政治制度を民主化し、学校を作り、軍隊を整え、工業を興し、西欧の知識を移入するといったことではない。つまり制度や知識を真似て輸入することではない。それは「文明の外形」にすぎない。真に大事なものは、目に見えないものであり、書くことのできないものであった。「そのものとは何ぞや、人民独立の気風、すなわち是なり」というわけある。」以上「日本の愛国心: 序説的考察 」著者: 佐伯啓思


現代の「開化先生」「改革者流」「心酔者流」である親米左翼よ。強者の腰巾着、ドラエモンに出てくるツネオ君のような心性では、いつまでたっても問題は解決しまい。ツネオは金持ちだから、骨までしゃぶるためにジャイアンにちょっとばかり相手にされているのだ。それだけ。

師匠がいっていたが、平和主義者だった日本の外交官が世界からあまりにもコケにされるので、憤懣やるかたない思いになり、死ぬ前に書いた著書の中で、「日本よ!核武装!!」と書いたということである。

我が国のあらゆる問題の本質は国防意識にある。人民独立の気風など跡形もない。核武装しかないのに、保守と思しき人間でさえこれを言うと、利口ぶるバカが2ちゃんねるで拾ってきた知識で反論を繰り返すんだよね。バッカバカしい。

はやくはやくはやく〜 核武装のビラを作って世帯数5000万枚×12ヶ月撒きたい〜 尖閣問題でビビる今がチャンスのはず。

2010年10月25日 (月)

護憲左翼は5歳で、親米保守(親米左翼)は10歳

あはははは!!!! これは面白かった。護憲左翼は5歳で、親米保守(親米左翼)は10歳らしい。

この動画は面白いですよ!!いや、面白いだけじゃない。勉強になりますよ!!
日本の外交官は他国からバカにされるのがたまんないらしくて、最近は祖国よ核を持てという心境になって来たらしいです。


西部邁ゼミナール「核が日本を沈没から救う」

所属意識

私たちのやっているのは、些細な、とるに足らないような運動だけれども、全くバカにしてよいものではない。

私から見れば、H会にドップリ漬かって運動しているような人でも、話してみると、「自分はH会ではない」と言う。「それは詭弁というものだ。」といつも教えてあげるのだが、何度聞いても「自分はH会ではない」と言う。

「自分はH会ではない」「自分はどこにも所属していない。」と一瞬カッコいいようなことをぬかす人が少なからずいるが、左翼だということがバレてしまうから気をつけた方がいい。

この手の人々は良いとこ取りが好きで責任とか立場とか考えない人々だ。良く考えてみると、その人たちって結婚していない独り者ばかりだ。インフラ、公共の有り難みを無視して、個々で生きて行けるとでも思っているのだろう。これは左翼的な世界観である。

この問題をもっともっと大きくしていけば、日本人の立場を取ることを嫌がる地球市民というべき人々と同じになる。そんな者は男ではない。

2010年10月24日 (日)

11/5 11/6 11/7 のお知らせ

Photo


■桜井天国3 in 名古屋 ~天国太平の乱~

民主党政権誕生から一年。混迷の度を深める日本の現状を桜井誠(在特会会長) と天国太平(大日本愛書連総裁) がメッタ斬り! 全国に展開する行動する保守運動の中でよりいっそう重要度を増している地域、愛知県名古屋市より桜井天国第三弾をお届けします。

【日時】
平成22年11月7日(日) 開場13:30 開始14:00

14:00 主催者挨拶
14:05 桜井天国
14:50 休憩
15:00 在特会への関心事にお答えいたします
15:45 閉会

【場所】
ウィンク愛知 1104会議室
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より徒歩約2分
http://www.winc-aichi.jp/access/

【参加費】
1,000円 (※ 高校生以下無料)
特別会員無料

【申し込み方法】
事前申し込みは不要です。
参加ご希望の方はウィンク愛知 1104会議室へそのままお越しください。

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00より中継予定
中継先URL未定
※ 緊急時は下記スティッカムに中継先変更
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【現場責任者】
佐倉一二三 (在特会 愛知支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 愛知支部

【協賛】
大日本愛書連

【問い合わせ先】
在特会 愛知支部メールアドレス
zaitokuaiti@gmail.com

【参考】
桜井天国 言いたい放題! 反日政権誕生日8.30 在特会special
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8092582

桜井天国2 ダイジェスト版 民主党政権とどのように戦うのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8452082

■桜井会長と行く名古屋名物ツアー!!
「ひつまぶし」か「名古屋コーチン」

【日時】
平成22年11月5日(金) 17:00〜(予約がいりますので前日までに必ず電話してください)

【問い合わせ先】
080-5120-9341(岩橋)


■尖閣は日本固有の領土!日本政府のヘタレぶりを許さない!街頭演説会

尖閣諸島は我が国固有の領土です!ヘタレ政府に断固抗議すると共に即刻証拠ビデオの公開を要望する!


【日時】
平成22年11月6日(土) 集合14:00

【場所】
大須万松寺ミニストップ前 (大津通添い赤門交差点と万松寺交差点の間)

【現場責任者】
佐倉一二三 (在特会 愛知支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 愛知支部

【問い合わせ先】
080-5120-9341



2010年10月19日 (火)

中国領事館移転反対運動

中国領事館移転反対運動で2度の紙爆弾投下にたくさんの方が集まっていただきました。お疲れさまでした。移転の決定は最終段階に入っているようです。焼け石に水のような気もしますが、最後に栄で街頭演説、署名、ビラ攻撃をしたいと思います。名古屋市民の反対の声を届けましょう。

時 10月24日(日)13:00~
所 名古屋三越と中日ビルの間の広場
主催:愛国倶楽部

追 記)この前は3番出口がなくてごめんなさいでした 
連絡先)080-5120-9341 (岩橋)

2010年10月17日 (日)

こんなのご存知ですか?? 

チラシ集積サイトhttp://chirasihokanko.makibisi.net/で見つけたチラシです。よく出来ていますね。前からお店に張ってあるピースボートのチラシにいちいちムカついていました。

なんでも風の噂に聞くと、このピースボートのチラシをお店などに配布?する方がいるそうで、100件くらい配ると、50件くらいはポスターを自主的に店主の方がはがすそうですよ。店主は知らずに貼ってたんですね。いや〜知らないって恐ろしいですね。
なかなか成果があるんだ〜。すごいすごい。いや、勧めているわけじゃござんせんが、成果が目に見えるなんてなかなか面白い運動だなあと思った次第です。

E40_poster5

Heiwa


今が苦しいときだ

今日、ある人と久々長電話をした。大半がバカ話であったが、その中で在特会の話が出た。たしかに在特会は今回の事件で対応能力がなかったし、一時の盛り上がりはどこかへ吹っ飛んでしまっている。離れていった人もたくさんいるだろう。という話だった。でもそんなのはたいした問題ではない。

今回のことぐらいで離れていった人は、初めから興味本位で参加していただけで、確かな感情と確かな論理があって参加していたわけではない。そういう人はどれだけたくさんいたところで、初めから役には立たないし、何かあればすぐに雲散霧消するに決まっている。

対応能力にしたって、オギャーと生まれてまだ3年や4年、しかもネットで会員を募っているわけであって、しっかりした組織とか対応能力を期待する方がおかしい。皆、会長一人に期待し過ぎである。文句を言うなら、組織の一員として自分が支えようと努力すべきだ。

そんなもんスーパーマンじゃないんだから、一人の人間で対応できるはずなかろう?? 金策だけで大変だろうに。その荒波を乗り越えるのは、組織の役目であって、自分も組織の一員として在特会を支えるんだという人をどれだけ作るか、きちっとした体系をどれだけ作れるのか問われているのだ。どんな運動をやるにも、会にとって一番大切な生命線は組織であるということを今回のことで知るべきだ。確かに在特会は、今まで会長個人のカリスマ性によってもっているような会であったといえる。

どこかのおもろいオッサンたちの5人の会で名誉顧問が3人代表が1人婦人部長が1人というような、ただ役職をつければいいというような、マンガのような組織のことではない。

3、4名のしっかりと崩れない核さえまずできれば、あとは自然に思うようなことができて行くはずである。そして核の真ん中にあるのは、俺が俺がというエゴではなく「公心」だ。

逮捕された人には申し訳ないが、逮捕自体が問題ではない。逮捕によって良い面悪い面が必ずあるわけだから、良い面を生かし今後につなげるべきである。

もう一つ言えば、能力がないのは在特会だけではない。それを包括する日本社会にもうその能力はないのだ。日本の国防や外交を見てもそれがわかるだろう。だいたいがおかしい社会なのだから、このようなことになるのだ。

そう言えば、その人が面白いことを言っていた。
「あーゆ一ね、一時的に盛り上がるデモあるでしょう。尖閣とかね、なにか問題が起こるとデモやるでしょう。デモはオナラなんですよ。社会に不満がたまっているから、それをガス抜きするためのオナラ。オナラをするとガスが抜けてもうやらないでしょう? 」

確かにそうだ。私たちはガス抜きをして喜んでいてはいけない。単にオナラで終わらないために、組織にするためにたゆまぬ努力をせねばならない。ええじゃないか運動をして満悦し喜んでいるのは愚者の所業であり、どう解釈し今後どうして行くかを考えるのは思想の仕事である。

2010年10月15日 (金)

京都朝鮮学校事件の嘆願署名について

戦後半世紀以上にわたって朝鮮学校は公共の施設である児童公園に朝礼台、サッカーゴール、スピーカーなどの放送設備を設置していました。行政は長年の不法行為を黙認しつつ動こうとしませんでした。怠慢と言わずになんと言ったらよいのでしょうか。これに抗議したのが在特会メンバーでした。

抗議は現場に制服の警官が立ち会いのもと行われました。威力業務妨害と言っていますが、違法性があったならなぜ現行犯逮捕しなかったのでしょうか?警官に従っているからこそ現行犯逮捕されなかったのと違いますか?

また、公園の賃借契約もないままに公共の場に設置したスピーカーなどの設備ですが、果たしてそれらの物にたいして京都朝鮮学校は財産権があるというのでしょうか。器物破損の法的根拠を示せるのでしょうか??

もう一つ言います。名誉毀損罪に問われているのは「ボケ」という言葉らしいのですが、関西人は日常会話の中でボケ、カス、アホという言葉を使います。こんな言葉を使ったことぐらいは、それに関して謝れば済む程度のことであり、これが名誉毀損で立件できるとなれば、関西人の常識が覆ることになります。

以上、素人が数人で考えただけでも、今回の逮捕にはこれだけ怪しい背景しかないことがわかります。日本の捜査機関は法と証拠に基づき公正であるべきです。今回のことは時の政権におもねる政治判断があったと言わざるを得ません。どんな政治的判断か聞いてみたいところです。朝鮮人を優遇するのが政治判断だと言うのでしょうか。だって京都朝鮮学校前校長は略式起訴で10万円の罰金だけですよ。この国の捜査機関はいったいどこの国の捜査機関であるのか?? 普通の国なら、常識的に考えて、日本の捜査機関なら、今回の場合、在特会に味方するのが当然でありましょう。

これこそが在日特権といえるのではないでしょうか。だからこそ在特会が立ち上がったわけでありますし、これを闘うことこそ在特会の使命と言えるのではないでしょうか。名古屋から反撃の狼煙をあげたいと思います。

嘆願署名は単に感情論の話ではありません。これこそ、我々が運動にしていくべき問題であります。

2010年10月14日 (木)

先週に引き続きポスティングを行います!!!       

駐名古屋中国総領事館が、国有地・名城住宅跡地3000坪を買いに来ています。 ただいま、財務省・東海財務局・国有財産調整官で審査中です。

ここは、名古屋城横、護国神社近く、名古屋市役所、愛知県庁北で 名古屋にとり、最も大切である土地に、中国の総領事館という日本の法律が 及ばない土地と建物ができることにはいいのでしょうか?

そこで、我々は このたび、緊急にポスティングを行います。 中国総領事館が名古屋城近くに土地の取得に反対する、ポスティングを近隣住民に行います。 時間があれば、お願いいたします。

10月17日〈日) 13時00~
集合場所 地下鉄名城公園駅 3番出口


同日ですが、在特会の会議もあります。

京都朝鮮学校事件で起訴された仲間の支援!嘆願署名活動、朝鮮学校補助金問題追求などをこれからやって行くにあたって、これに関する打ち合わせを行います。京都朝鮮学校事件が許せない!起訴された皆さんを支援したい!という名古屋近辺の方、ぜひご参加ください。

【時】 10月17日〈日) 15時30~
【所】 金山神社1F会議室


2010年10月12日 (火)

疲れるわ(u_u。)

相対主義、虚無主義の話をすると、ブログでもmixiでも能書きたれがうじゃうじゃ湧いてくる。こいつらに共通の特徴は、価値観の喪失、自己中心性、思考の記号化、画一化である。これはすべて大衆の特徴だ。こいつらにとって言論は単なるゲームであり、知行合一と言うべきものが見当たらない。

こいつらは親子をDNA鑑定で決めてもらえば納得するような人間であり、切腹する武士を端で笑ってみてるような奴らである。

匿名であることをいいことに無責任な空論をグチャグチャ言い立て奴は相手をしないに限るのだが、相手をしてしまった。延々無意味な議論が続いてしまった。疲れた。いや、体が疲れただけかもしれない。忙しかったからね。もうこれ以上はバカに付き合う気はない。

顔が見てみたいものである。直に合うのを楽しみにしてるわ。

2010年10月 5日 (火)

今、必要なのは大きくて賢明な政府である・・・by西部邁

今、必要なのは大きくて賢明な政府である・・・by西部邁

どうですか?( ̄ー ̄)ニヤリ 親米オジさん? 聞き分けのないオジさんのために、師匠が助け舟を出してくれました。

西部邁ゼミナール「いつまで官僚バッシングを続けるのか」

オジさんが間違えるといけないので一応言っておきますが、今回の件で重要なのは上のリンクで、下の動画は付け足しです。

この優秀な官僚である中野剛志さんの前回編も付け足します。


2010年10月 4日 (月)

中立について

争いとかなにかあるとすぐに「私は中立です。」と言う人々がいる。

そもそも完全な中立は不可能なわけで、それはどういうことかと考えてみると、自分は嫌な思いをしたくないという気分に支配されたものだとわかる。利己主義、事なかれ主義の典型である。

また、どちらも正義に反しているなら中立でも正当だが、一方が正義であるとするなら、可能な限り手を貸さないのは不当というものだろう。 自らが正当であろうと努めることを放棄することになってしまうと思う。 自分の身の回りで起こったことに対して「私は中立です。」と言って涼しい顔をしているのは、私には困難な仕事である。

中立はそう思われると共に利得も少ない。マキャベリ語録に次のようなものがある。

「私は断言してもよいが、中立を保つということは、あまり有効な選択ではないと思う。とくに、仮想にしろ現実にしろ敵が存在し、その敵よりも弱体である場合は、効果がないどころか有害だ。中立でいると、勝者にとっては敵になるだけでなく、敗者にとっても、助けてくれなかったということで敵視されるのがオチなのだ。」

2010年10月 1日 (金)

反対票1

笑えることに、執行役員がどうのこうのという投票で、他の2名が反対票0に対し、私のところだけ反対票1となっていた。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ アンチが多い割に少なくないかい?? 20人くらいはいると思ったけどなぁ。。

どなたかが書いていたが、沈香も焚かず屁もひらずではダメだ。敵一人作れないような者に強力な味方も作れるはずがない。

ともかく、反対票1は愉快である。

■意 味:特に良いところもなければ、悪いところもなく、平々凡々であることのたとえ。
■読 み:じんこうもたかずへもひらず
■解 説:沈香を焚いたような芳香もないが、おならのような悪臭もないということから。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »