最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

男がそろいもそろってだらしがない

このブログに書いたことは、コピペしてmixiの方も日記としてあげている。mixiの方が心理的距離が近い分コメントも多い。

保守でないなら何なのだ??と聞くと、

一人の人が「自分はただのバカ愛国者です。」とコメントすると、それに同調する人が何人か出た。バカ愛国者だという認識があるのはいいが、男がそろいもそろってだらしがないな〜。

女に行く道を指し示すのが男だろう。自分が力を入れてやっていることになんの理屈もないのかよ。そんなもんで動くのは女だ。感情論ばかりが氾濫してさ。おたんこなすだよ、君たちは。

「保守」という言葉を否定するのは感情論でしかない

自分は保守ではないと言う皆様へ

「行動する保守運動」を否定して「行動する運動」「行動する社会運動」と名称変更した人たちのことです


ネットのあちこちで、「保守」という言葉に対し、完全にナメきった言葉使いがされている。仲間によってである。

保守運動をしているにもかかわらず、保守という言葉を否定するなら、自分は何者かをはっきり示してから否定するのが筋だ。

保守じゃないと言うなら、一体なんなのだ??? 結局、説明し得ないから運動が混乱するに至っているんだろう。思想的に束ねていないから、好き嫌いで集まるんだ。好き嫌いというのは感情で、変わりやすいのだ。今日は好きでも明日は嫌いということが起こる。

自警団?? 自警団なら一本筋の通った考えは不要である。

倒錯した言葉を使う者は、倒錯したオツムしかないのだ。もちろんそのような者の元に集まる者も倒錯したオツムの者が集まってくる。

別にケナしたいのではない。「保守」をいちいちケナしているのは君たちなのだ。君らは何者なのかはっきり説明せよ。説明し得ないなら、勉強不足だとはっきり言うべきだ。人を煽動するわけだから、それくらいの責任はあるだろう。逮捕者も出てるのだから。

一貫した考えを持たずに、後から「あれは間違いでした」は済まされない。

2010年9月27日 (月)

先頭を行く人間はつらい!!

ちょっと前名古屋は揉め分裂したが、分裂の原因ははっきり言って、「行動する保守」が登場したからである。

「行動しない保守」とされる人たちが、行動する保守の登場に脅え、初めのうちは在特会などを過激だとかケナしていたが、今ではどこの団体も、朝鮮学校の件のみならず、街宣やデモは当たり前になった。「行動しない」と言われてさぞ悔しかったのだろう(笑  
あはは!可哀想に。「行動しない」と言われた恨みが、私に一極集中したのだ。どんなけたまらんかったかわかる??

ことほど左様に「行動する」という言葉は「行動しない」とされる人たちを発奮させた。今では彼らも、何か起これば競争のように、デモだの街宣だのを嬉々としてやるようになった。`;:゙;`;・ヽ(*≧ε≦*)ブッ!!笑えるでしょう。

これは「行動する保守」の功績である。先頭を行く人間は、敵からも味方のはずの人間からもケナされる運命にある。

今度は「行動する保守」の中で桜井会長がやり玉に上がっている。運動とは直接関係のない事柄においてである。言っておくが、私は在特会のすべてを肯定しているわけではない。しかしね、私はへそ曲りでね、多数派というものが嫌いだもんだから、そうであればこそ、私が会長を守ってみせるという気力が湧いてくるのである。常に優秀な人間は少数派に属する。弱い人間は中立および多数派につく。

多数派の専制を許さないぞ〜!!! 多数決の民主主義くそくらえ〜!

いまこの試練を乗り越えろ!!さすれば我々はもっと強大になる!!

2010年9月26日 (日)

アンコールワット出土品のはずだが

いつものかたい話はさておいて、この前、骨董市にてアンコールワットから出土したという銅製の腐食がすすんだ仏像を2つ買った。一番気に入った首だけのものは、衝動買いにしては高すぎるなあと思い、2番目、3番目に気に入ったのを買った。おじさんは「まとめていくら」という感じで「ええかこいつ」と思いながら買った。

なんでもアンコールワット出土のものは国外持ち出し禁止らしいが、盗人が多いらしく、京都の古物商のおじさんが現地で盗人から譲ってもらうのだそうな。。

言っておくが私は日本の職人技は世界一だと思っている一人だが、あけびかごや絵一つ買うにも、有名な作家の作品はめちゃ高いわけで、仏像などに至っては、気に入るようなものはとても手が出ない。いや、有名な職人がどんどん亡くなっていき、最近の職人は芸術性や創造性ばかり求めて、荒っぽいものばかりが氾濫し、精緻な職人技など、不可能になりつつあるのだ。

家に帰ってきて、本当にアンコールワットの出土なのか気になり、いろいろ検索してみたが、同じようなものがない。一番気に入ったのに似たのは、見つかったが、買ったものと同じようなのは一切無かった。

ん?? だまされてないよね。誰か詳しい方いませんか~

船長釈放 中国よもっとやれ派手にやれ!

中国人船長釈放でネット上で大騒ぎになっている。しかし世間では誰も騒いでいない。

なんやら抗議をするため刃物を持った男が逮捕されたらしいが、それだけだ。江戸や明治の頃ならあちこちで暗殺事件が起きているはずである。

政府などの上層部の首をすげ替えれば日本は真っ当になるなどと言ってる人もいるが、この人は民主主義を理解していない。政治家が悪いといくら吠えたところで、その政治家を選んだのは国民自身であり、政治家は国民の鏡なのである。

赤尾敏なんて、「選挙をやるたびに日本は悪くなっとるじゃないか!!」と言っていたが、これは日本人の質がだんだん悪くなってきたということに他ならない。

政治家が悪い!民主党が悪い!という意見は腐るぐらいあるが、民主主義を疑う意見は何一つ出てこない。自由だ民主だ人権だ平等だと声高に言うことが、根本から日本を腐らせていることを理解しないのだ。

自由だ民主だと声高に叫ぶ奴なんか日本人ではない。古くから日本には自由と秩序、民主と専制が両方あったはずだ。オツムの中身がアメリカ人の国なんか私にはどーだっていい。(いや、アメリカの方がマシだ。失礼。)そんな国は滅びて当然。守る価値などないさ。自分のためにカネ儲けてうまいもん食ってウンコして遊ぶだけの人間、自分の自由や権利を求めるだけの人間の国を守って何が嬉しいのだ?? そこらへんの中国人とどこが違うの?? 日本人が声も出ないくらい唖然とするのが待ち遠しいわ。

要するに民主主義(自分)を疑う気力もない人たちが、指導者の首すげ替えたってなんにも変わらんということさ。指導者が悪いなんて誰でも言える。運動なら民主党の批判でもやるけどね。そんなのパフォーマンスだからね。

とにかく、日本人が早く慟哭し、自主独立の構えを持ってパキスタンのように、「草を食べてでも核武装」という心境にならねばなんにも変わることはない。

2010年9月24日 (金)

中国の尖閣侵略糾弾!緊急デモ

ぼくちゃんたち行動する保守も協力しましょう。怒りにふるえている方はぜひご参加を


本日午後、中国漁船船長の処分保留、釈放が決定しました。恐れていたことが、現実となりました。これまで私どもは、日本政府の毅然たる対応を督励してまいりましたが、この結果を受け止め、日本政府の弱腰外交を断固糾弾し、中国の尖閣侵略阻止を訴えるデモ行進を実施します。

皆様、ふるってご参加下さい!


【日時・場所】

10月2日(土)午後1時 白川公園集合
出発時間午後1時半~2時の間

コース
白川公園出発―大須―上前津―栄解散

主 催:中国の尖閣侵略糾弾!愛知実行委員会
責任者:渡辺裕一

2010年9月23日 (木)

心底感動したのはあの戦争だけ

私は子供のとき、感動しない子だった。小学校中学校の卒業式でも、皆がクサイ芝居のように号泣していたが、私ときたら背筋が寒くなるだけで、泣けもしなかった。

感動ドラマといわれる恋愛物語だって、友達と映画を見に行ったって泣けはしなかった。高校の頃からお笑いブームになり、皆が次の日学校で「面白かったね!!」などと言い合い、真似をして楽しんでいたが、あんなもの何が面白いのだろう??といぶかしく思っていた。

最近のお笑いなどは特に、エンタの神様??を見たときなどは、芸人の必死さに嫌悪感をいだき、「なんにも面白くない」「よくこんなもので笑えるねー」などと言って家族から嫌われる羽目にもなった。今でもベッキーや徳光などは、なんや動物が生まれたとかちょっとしたことですぐ泣いて、「感動した」などとホザいているが、バカバカしくて話にならんわい。

よく女の子が泣く場面で私などは泣けず、可愛くない女でずうっと通してきた。ここは泣く場面だろうと思っても、とにかく涙なんかでないのだ。ということで、つい最近まで感動して泣くなどということは、思い出しても一度もなく、泣いたのは「悔し泣き」と、大好きなおばあちゃん死んだときだけだった。

ところがである。ある動画を見てから、なにかが腑に落ちたのだろうか、またはなにかの知識が臨界点に達したのかわからないが、「感動する」ということが起こった。17年ほどまえから大東亜戦争について、正義の戦争だという認識はあったが、たかだか知識として知っていたということに過ぎなかったのが、その動画によって「変わることのない確かな感情」に変わったのだろう。

今では、大東亜戦争の事実を知るたびに、また歌詞などで当時の情景や当時の人々の思いを想像するたびに感動してしまって、目がうるうるして困るのである。私が心底感動するのは、生涯のうちであの戦争についてだけだろう。その感情があるから私は運動するのだ。

その3つの動画については、この前リンクを貼ったので、見たい人は横のリンクをポチッと押してもらいたい。

2010年9月22日 (水)

日曜日は小牧基地航空祭にて署名活動です

■小牧基地航空祭!ブルーインパルスを愛知の空に飛ばそう!署名活動
日時:9月26日(日)10:30~
場所:小牧基地入り口
主催:ブルーインパルス展示飛行推進協議会、愛国倶楽部

先週に引き続き今週も署名活動です。昨年自衛隊協力会の方々が6000名の署名を集められ、我々もそれにお手伝いしています。協力会の方も大変喜んでくださっています。今度の航空祭では、たくさんの署名が集まると思います。ぜひご協力ください。

★もう一つ重要なお知らせ 拡散お願いします

桜井天国3 in 名古屋 ~天国太平の乱~

民主党による狂乱政治で日本滅亡?

民主党政権誕生から一年。混迷の度を深める日本の現状を桜井誠(在特会会長) と天国太平(大日本愛書連総裁) がメッタ斬り! 全国に展開する行動する保守運動の中でよりいっそう重要度を増している地域、愛知県名古屋市より桜井天国第三弾をお届けします。

【日時】
平成22年11月7日(日) 開場13:30 開始14:00

【場所】
ウィンク愛知 1104会議室
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より徒歩約2分
http://www.winc-aichi.jp/access/

【参加費】
1,000円 (※ 高校生以下無料)
特別会員無料

【申し込み方法】
事前申し込みは不要です。
参加ご希望の方はウィンク愛知 1104会議室へそのままお越しください。

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00より中継予定
中継先URL未定
※ 緊急時は下記スティッカムに中継先変更
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【現場責任者】
佐倉一二三 (在特会 愛知支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 愛知支部

【協賛】
大日本愛書連

【問い合わせ先】
在特会 愛知支部メールアドレス
zaitokuaiti@gmail.com

【参考】
桜井天国 言いたい放題! 反日政権誕生日8.30 在特会special
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8092582

桜井天国2 ダイジェスト版 民主党政権とどのように戦うのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8452082

2010年9月19日 (日)

卑怯な奴ら。初めからわかってたけどね。

先ほど知人から電話があり、ネット上である会の内情やプライベートを暴露してあるのを見た。バカバカしくて笑っちゃうようなものだが、暴露した側はあいつらに違いないと思った。卑怯な奴らだ。

マイミクでいるときから、権力者に媚び、またそのおこぼれに与って権力者の仲間である自分も権力者であるとアピールするような卑しい根性が見え隠れしていた。

いや、つまらぬようなことで、いざ自分に火の粉が降りかかるようになれば、他人を窮地に陥れるような内情を暴露をするヤカラがいなくなったことは、結果としては良かったと看做すべきだろう。

ダメだと思ったなら黙ってサッサとやめて、クリーンな指導者についたらいい。さてと、クリーンな人間がいるかどうかが問題だが。

「側近に誰を選ぶかは、君主にとって軽々しく考えてよいことではまったくない。」マキャベリ

2010年9月16日 (木)

核武装講演会動画

ご好評いただきました核武装講演会の動画がやっとできました。















あの戦争は偉大であった

昨日、師匠の会合に出席した。例のごとく、はしご酒をして楽しかった。

師匠は「外国人参政権はんたーい!と反左翼が言っているが、そう言っている当の本人たちが日本人かどうか怪しいからさ。」と言った。なるほどーと思った。確かにオツムの中身がアメリカ人みたいな奴多いからね。

日本人なら「あの戦争は偉大だった。」「竹槍でアメリカ人相手に闘おうとしたあのご婦人たちは偉大であった。」と言えるはずだ。「偉大だったで終わりでいいんだよ。。」とも言われた。

師匠の本に書いてあったことを思い出した。ちょっと詳しくは思い出せないが、外国人の前で師匠が演説することになったとき、壇上で「日本は経済大国などと言われるが、そんなものはあなた方の猿真似でしかない。日本が全世界に感動を与えた唯一のことは、神風特攻隊だ。」と話されたそうだ。そうしたら会場の外国人はたいそう喜び拍手喝采だったということだ。外国人はわかっているのに、自称日本人だけがわからないんだよね。そのことが。

師匠はいつも軍歌を歌われる。軍歌といってもどこか悲哀が感ぜられる複雑な歌を歌われる。民族としての確かな感情がそこにはある。

ここに出てきておられる元軍人は、初めのうちはなんじゃかんじゃと言われていたが、

「我々後世の人間は、ただ一言、よくぞ立派に闘ってくださった。あれこれ内部を調べればシクジリも軽卒もあっただろうが、そんなことを後から生まれてきた奴が、偉そうにあの戦争のことをシタリ顔であれこれ論評すること自体が歴史に対する冒涜だ。そんな奴はサムライの時代なら打ち首獄門だ。」

と師匠が言うと、「西部先生にそう言っていただくと、我々軍人としては、本当に一生懸命やりました。」と、とうとう言われた。

2010年9月10日 (金)

議員報酬削減という河村市長の人気取り

あしまったしまった。

そういえば、親米オジさんが私の矛盾を見つけたらしく、再度挑戦状を叩き付けたいから(笑 、何かそのような記事を書いてくれと電話があったんだった(汗

親米オジさんが弱ってるといけないし、これ以上イジメてはダメと釘をさされていたのだが、書きたくても書くのをためらってたのを書くことにした。

先日、オジさんが手伝ってるということで、河村市長のやってるリコールの署名活動をチラリと見に行った。リコール自体に興味は無い。5分ぐらいいただろうか。

道行く人に「署名お願いしまーす!」とボランティアのおばちゃんが声を張り上げた。何人かは署名に応じていた。

通りがかりの50代ぐらいのオッサンが「僕は反対だから!そんなことでは大きな政治はできん!」と言いながら通り過ぎていった。ボランティアする仲間もいたが、私は思わず小さな声で「そうだー!そうだー!」と言った。

河村市長は、市議の定数と報酬を半減する条例案を提出したが否決され、議会解散に向けたリコール署名活動を始めた。

話は変わるが「大衆」とは悪い意味で使われる。反対に「庶民」とは良い意味で使われる。

師匠が表現する(ほかの思想家も含む)大衆についての説明を簡単にしてあげてみる。

1)大衆とは自分の判断能力を疑うことを知らない。大衆は有り余る豊かさの中で退屈し、行き過ぎた平等の中で苛立ちを覚えている。大衆は既存の権力者に不平不満をぶつけ、権力の座にある代表者たちをたたきつぶす。そうかといって、それに取って代わろうという準備も能力も実は大衆にはなく、人材を次々につぶしたあげくに、もう人物はいないと嘆いてみせる。

2)大衆とはその精神が低きに堕ち混濁にまみれている人々のことである。例えば、宗教的感覚に乏しく法律的精神も曖昧で、そして世論の場で煽られている気分や雰囲気に安易に流され、おのれの束の間の欲望に惑溺してしまう。要するに大衆とは精神的階級としての言葉である。

3)大衆とは良きにつけ悪しきにつけ、特別な理由から自分に価値を見いだすことなく、自分を『すべての人』と同じだと感じ、しかもそのことに苦痛を感じないで、自分が他人と同じであることに喜びを感じるすべての人々のことである。また、優れた人間とは、自分自身に多くを課す者のことであり、凡庸な人間とは、自分自身に何も課さず、現在あるがままのもので満足している。凡庸な人間が凡庸さの権利、もしくは権利としての凡庸さを宣言し、それを強引に押し付けている。

4)大衆人の真に恐るべき性向は、究極至上のものとしての主権を自分に授ける点である。しかも当の自己が低俗かつ凡庸であると知った上でそうするのである。凡庸、低俗の権利がかくも露骨に主張されている時代も少ないと言わなければならない。

5)大衆は大衆でない者を憎み、自分たちのことを大衆でないと思っているので、大衆批判は大衆の耳には届かない

6)大衆の見本は専門人である。また、大衆は技術を携えてやってくる。大衆は普段「利口な」組織人として行動している。しかし、大衆は自分の専門以外はなんら理詰めな考えを持たず、身を処すこともできない。定期刊行物というものは、彼らの指導者として手引きとなり、大衆の意見を作ってあげている。大衆は出来合の文句をつぎ込んで、自ら熟慮反省する労を省いているのである。

7)賢者は自分がもう少しで愚者に成り下がろうとしている危険をたえず感じている。そのため彼は身近に迫ってきている愚劣さから逃れようと努力するのであり、その努力のうちに英知が宿る。ところが愚者は自分を疑わない。馬鹿は死なねば治らないのだ。

一人の個人の中に大衆性と庶民性が混ぜ合わせになっている。

リコール運動がいけないとは思わない。だけど、そんなことに固執するこたない。その主張はただ単にカネの問題であり、単に量的なものでしかない。議員定数を少なくすることに河村市長は質的表現をしていない。これはただ単に市長の人気取り政策であり、単一価値の過剰追求はただの歪曲である。減税日本などと名前を付ける感覚がいかにも大衆迎合だ。政治屋に違いない。支持率を唯一の正当性として成り立つような市長は、しょせん当座の人気を当て込む以外に手はないのであるからね。
通りすがりのオジさんの言ったように、積分的に考えたらどうだ。

リコール運動に賛成する人は、ただ単に平等要求をしているのであって、政治家の高い報酬に不満をぶつけているだけにしかみえない。高い報酬にありつく者が許せない感情論なわけさ。大衆による既存の権力に対しての集団リンチと言えなくもない。とてもじゃないが保守としては賛同できるはずがない。

ところで。いつも増税に反対!と言ってる共産党その他がなぜか減税に反対している。河村も小泉も同じやり口で面白い。

2010年9月 9日 (木)

注!!!会場変更になりました!!!

朝鮮学校無償化断固反対!! 抗議集会 in 名古屋

児童公園を不法占拠する朝鮮学校に対して抗議した仲間たちが逮捕されました。今後どのように朝鮮学校を糺す方向に活動を行っていくかを検討します。北朝鮮の直接支配下にある朝鮮学校の無償化を止めさせ、いかにして公的資金の投入をストップさせるかを考える集会です。

【日時】
平成22年9月12日(日) 開場 13:45
14:00 ~ 16:00

【場所】
名古屋会議室 名駅モリシタ名古屋駅前中央店 第1会議室(7F)
http://www.nagoyakaigishitsu.com/nagoyakaigishitsu/shisetsu.php?sid=00024

【参加費】
1,000円 (高校生以下無料)

【講師】
桜井誠 (在特会 会長)

【申し込み方法】
事前申し込みは必要ありません
※ 会場が狭いため定員オーバーの場合は入場をお断りする場合もあります

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv26372194
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【現場責任者】
佐倉一二三 (在特会 愛知支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 愛知支部

【問い合わせ】
在特会愛知支部メールアドレス
zaitokuaiti@gmail.com

2010年9月 8日 (水)

抗議集会のお知らせ 今週末です。よろしくです。

■朝鮮学校無償化断固反対!!抗議集会 
 朝鮮学校に対し正当な抗議をした仲間が逮捕された。今後我々はどのように闘うべきか、報復すべきか。 とりあえずは、喫緊の課題である朝鮮学校無償化に抗議の声をあげよう。

日時:9月12日(日)14:00〜16:00 13:45開場

場所:名古屋会議室  新名古屋高架新幹線口店 第1会議室(ちょっと狭いので立っていただく方もあるかもしれません。)

主催:在日特権を許さない市民の会愛知支部

※桜井会長がみえます


「仲良くしてください。」 やはりどうにも気に入らねえ

運動の世界で繰り返し揉めてきたからよくわかる。

揉めると当人以外の人たちが、ヒューマニズムやら性善説やらをぶら下げて、「仲良くしてください。」とか、「敵が喜ぶ」とか言う度に、やるせな〜い思いがした。そういう方には、逆に聞いてみたいが、悪口をのべつまくなしに言いつのる人たちと、どうやって仲良くするのか?「仲良くしてください。」と言うからには、一はだも二はだも脱いだらどうなのか。私だったらそうするだろう。その方が運動にとって良しとするならば、一はだ脱げば良いじゃんか? 結局喜んでるだけじゃないの??

別々になったならそれぞれ粛々と運動すればいいんだよ。一緒に運動しなければ、仲良く運動しなければいけないなんて、女学生じゃあるまいし、気持ち悪いや。学級委員会みたい。。

「行動する」という言葉だけで、理念という論理とか、どこの部分で共闘できるかといった運動論の擦り合わせもなく、野合で共闘していただけであってみれば、いわゆる仲良しクラブと同じだったということだ。

ケンカというのは理由があるわけで、理由を清算することができなければ、くっついてもまた離れざるを得ないし、同じ理念であれば一時ケンカしたとしても、いずれ共闘することは必然だ。理念とは個人的感情を排したものであり、公心(パブリックマインド)の上に成り立つものだ。

今まで私にケンカを売ってきた人は、私生活で満足を得ることができないのか、運動に居場所を求めたりとか、権力志向の強い人たちだった。公のために捧げる気持ちより、我欲の方が勝っている人たちだ。そういう人間がいると、その人間の感情や都合に運動自体が引きずられ、平衡が失われる。

みんな驚くと思うが、私は結構我が強くない。しかし、公とか大義名分とかを守る気持ちは強い。だから、個人のテーマ(プライベート)のことならズルズルと引きずられることもあるが、公とか大義名分のためには一歩も引く気がしない。絶対に押し通してみせる。だから運動してるんだからね。運動のテーマの揉め事なら、今まで6戦か7戦か知らないが、すべて勝っている。我欲のためでなく、大義名分のために闘うから勝つのだ。

政治にしても経済にしても、この運動にしても、一番重要なのは人々の公心(パブリックマインド)で、戦後、近代主義が我欲を認めたから、日本政治も日本経済も運動もおかしくなってしまっている。

私は議論してたつもりが、最近「いじめられた」とシュンとし出した親米オジさんがいる。だからと言うわけではないが、この親米オジさんの最大の美点を述べるとしよう。私がこのオジさんに我欲を感じたことは1回たりとて無い。パブリックマインドの勝っているオジさんで、だから代表になっていただいた。なぜパブリックマインドの強い人が親米なのか?なぜ私を応援してくれるのか?このオジさんはまったく矛盾してるし、辻褄が合ってないのだが、とにかく、私はこのオジさんのパブリックマインドを信頼しているのである。

2010年9月 5日 (日)

いつまで遊んでるつもりだ

政治家に文句を言うのは私の好みじゃないが、ちょっと言わせてもらいたい。こんなところで吠えていたって政治家の耳に届くはずもないが、デニーズで吠えるのよりはマシかと思うので。

ネットニュースを見ても民主党の話題ばかり。マスコミは徹底的に自民党などを無視するつもりでしょう。そこで、前にも書いたのだが、全国遊説いつやられるんでしょうか??選挙の前だけかえ??

我が師匠の提案は完全無視か?? 師匠は自民党再生の可能性として綱領、政策を保守の思想的原点に照らして作り直し(僕に頼まれれば1日でいや、1時間で出来るとおっしゃっていた)、地方議員にも協力を依頼し、全国遊説の旅に4年の歳月を費やすことを訴えられたはず。

自民党でも、たちあがれ日本でも創新党でもいい。なにやってんだ。減税日本などとくだらぬ命名をする、オツムが飛んじゃって何やってんだかわからんような○○市長は、サポーターを集めて、いま毎日署名活動をやってる。あーゆーのがそのうち効いてくるんだよ。

マスコミに無視を決め込まれる保守こそ、ブ•ナロードになるべきだ。


.゜。°。°。°。°。°今月の予定。°。°。゜。°。°。°。


■朝鮮学校無償化断固反対!!抗議集会

日時:9月12日(日)
場所:場所と時間は未定(決まり次第アップさせていただきます)
主催:在日特権を許さない市民の会
※桜井会長がみえます


■ブルーインパルスを愛知の空に飛ばそう!署名活動

日時:9月19日(日)14:00〜
場所:名古屋駅ナナちゃん人形前
主催:ブルーインパルス展示飛行推進協議会、愛国倶楽部


■小牧基地航空際!ブルーインパルスを愛知の空に飛ばそう!署名活動

日時:9月26日(日)10:30〜
場所:小牧基地入り口
主催:ブルーインパルス展示飛行推進協議会、愛国倶楽部


 

2010年9月 3日 (金)

祭りのあと

転換点が来たという感がある。次のステージへ行くべきときが来た。臨界点に達したのだ。

3、4年前だったか、「行動する」という言葉が生まれたのは。「行動する」「不逞朝鮮人は出て行けー」という簡単な言葉に大衆が飛びつき、この運動は一つの社会現象にまでなった。動画という新しい手法はスターを生み出した。スターが生まれるとさらに大衆は群がった。そして、無責任な観客は過激になればなるほど喜び、センセーションを楽しんだ。

しかし、理念なき者は迷走し、論理なき者は感情に流される運命にある。動画という手法は人を狂わせもしたし勘違いも生み出した。また、言葉を軽んずる者は言葉に泣く羽目になった。

その中でただ一人、桜井誠という人物だけは渦中にありながら、気分に流されず平静さを保っていた。日常と非日常を使い分け、パブリックの意識、公共の精神を常に忘れなかった。ロジックを組み立て大衆への影響を考えながら役割を演じていた。

あ!!違うか。もう一人いたか。それは、ひ•み•つ (o^-^o)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »