最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 保守という言葉 | トップページ | 朝鮮人が逃げた! 大勝利!! »

2010年4月14日 (水)

現代は男も女も不幸な時代である

現代は男が男としての力を発揮する場が極端に少ない。自衛隊が自衛隊としての力を発揮する場がないのと同じだ。

暴力はんたーい!などと女学生並みのキレイ事を言い、力を発揮できる場がないことに喜ぶだけの男のことはさておいて、男が男としての力を発揮する場がないことは、男にとってまことに不幸なことだと同情してしまう。

そのような場がないことは、男女平等に拍車をかけるどころか、ケンカをしても手は出してはならないということで、口喧嘩となると、たちどころに女に負けてしまう男が大量発生してしまうのだ。家庭の中でも電車の中でも女が制圧している。

雌鳥がなくと国が滅びるというが、まさに日本は亡国に向かってひたすら走り続けている。

いや、私が可哀想に思うのは男ばかりではない。

制圧する女の方も実は不幸だと言いたいのだ!!

今、家庭でも仕事でも地元の運動でも私がほぼ制圧している。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
それはそれで気持ちがいいものではあるが、私の内なる心を探ってみると、実は充足感というものがないのだ。私には昔から探し求めているものがある。それは強い男の原型である。強さとは肉体的だけでなく精神的な強さのことも含まれる。それに寄りそい導かれたい、また従いたいという願いがあるのだ。要するに制圧されたいと願っているのだ。

そう思っていたら(前にも書いたが)師匠が「徳」とは「直な心の力」のことで、元来は「男らしさ」「力強さ」という意味だと書かれていて納得してしまったことがある。

また、英語でもそうらしい。「徳」に当たる 英語はvirtue だが、語源はvirtusらしい。virtusは元来「男(vir)らしさ」というニュアンスをもち、「男」を特徴づける要素として、戦場での「勇気」「武勇の徳」を意味していたのだという。現代はヴィルトゥなき時代といえる。

日本で今、美徳というと「温厚な人柄」というイメージがあるが、違わい!全然違わい!!美徳という言葉をなめんなよ。

「君が探している男はいない。いるわけない。」と今までさんざん言われて来たが、いたとしても私が女らしくないので出会うことすらないのか、それともいないのか?(注1:性交渉の相手を探しているわけではありませんから、そこんとこヨロシク)(注2:この前書いたが師匠はそこのところを既に私の顔から読み取っている。怖っ。あのジイさまは怖い。)

私の夢を書こう。そういえば前にも書いた記憶があるが、もう一度書こう。
私の夢は、、今まさに闘いへと出て行く男がいる。その男はもう帰ってこないかもしれないとふと不安になる。「行かないで〜」と止める私。「いや、行かねばならぬ。」と男。というような状況を体験することだ。あはは。( ̄▽ ̄) 今まで一度も引き止めさせてもらったことがない。躊躇する男を「行ってこい。早く行かんかい!卑怯者!」と追い立てたことしかない。しょーもないなぁ。

私の願いは多分、女の本能というべきものであろう。そうに違いない。皆の者、エロく受け取るでないぞ。

ということで結論。現代は男も女も不幸な時代である。戦争の時代は男が男でありえ、女が女でありえた時代ということだ。うらやましい。

« 保守という言葉 | トップページ | 朝鮮人が逃げた! 大勝利!! »

コラム」カテゴリの記事

コメント

女は男に制圧されたいし、男は女を制圧したい。
それが女性原理であり、男性原理でしょう。

昔は「女の分際で黙っとれ!」とよく聞いたものでした。
女はそれを言われると、いくら理不尽でもたいていは黙ったものでした。
男が強かったんだなあと思います。女も弁えていたのでしょう。
死ぬまでに、一度は言ってみたいと思います。

それから、女に対していつも男ぶりを発揮している奴ほど、たいしたことはありません。
昼行灯くらいがちょうどいいのです。浮浪雲に共感します。


>それから、女に対していつも男ぶりを発揮している奴ほど、たいしたことはありません。

ああ、それもわかりますね。ここぞという時に発揮してもらいたいものです。

「女の分際で黙っとれ!」ということは女に対して責任を求めていないことの表れですね。なるほど。


女性が信用ならんという風潮は男尊女卑同様に江戸時代からだったような。夜の火の元の始末は女にやらせてはいけないなんてスローガンもありましたとさ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/34218114

この記事へのトラックバック一覧です: 現代は男も女も不幸な時代である:

« 保守という言葉 | トップページ | 朝鮮人が逃げた! 大勝利!! »