最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

韓国領事館前動画


2010年2月23日 (火)

おまわりさん、いつもお務めお疲れさまでございます

今日、中村署に3/14のデモの申請に行った。昨日の記事を読んでおられたらしく、冗談まじりに少し、色々いじめられたが、な、なんと本日の申請はなんの障害もなく、スルスルスルッと終わった(汗 

おやおや、やっぱり書いてみるもんですね。ありがとうございます。
おまわりさん、いつもお務めお疲れさまです。

ところで、「なぜ通せんぼしたのですか? あのあたりは静穏区域ですか?」と聞くと、
「中国領事館のあたりは静穏区域ですが、韓国領事館のあたりは静穏区域ではあ・り・ま・せ・ん! 従って法的根拠はあ・り・ま・せ・ん! あれはあくまでお願いです♥ 近所の方から苦情がくるんです。」とおっしゃった。

攻撃してるつもりはありませんよ(汗

おまわりさんはみんないい人です。

2010年2月22日 (月)

警察は権力を行使するならきちんと法を示せ

現代において、日本は仇討ちという制度をとっておりません。国家権力が被害者に代わり、法に基づいて報復を果たします。いえ、果たすはずになっています。

国家権力を行使するにあたって、基準となるものは法です。

昨日、我々が韓国領事館に到着したとき、警察に通せんぼをする理由を聞きました。警察はもにょもにょ言うばかりで答えることが出来なかった。

また、デモの申請を行なう時も必ずと言っていいほど、コースについての言い合いになります。「このコースがダメな理由はなんですか?」といつも聞きます。条例でもあれば、押し曲げようとは思いませんが、モゴモゴ言っていれば、私はどこまでも突っ込む。こちらは警察官個人が「嬉しいのか嫌なのか」は聞いてないんですよ。

この間なんかコースの言い合いで3時間もかかってしまいました。「条例を示しなさい!!」と喉元まで出る時があるが、警察ともめようとは思わないので、私ものらりくらりとかわしながら3時間。

警察だから法的根拠をを示さなくても権力を行使できるというのは、どこぞの国のような人治国家と同じになってしまいます。

私たちが市民団体であり、ヤクザな団体でないことはわかっているはずです。理由もなく我々の活動を制限することは法治国家としての態をなしていないことになります。。警察は人民解放軍とは違うでしょ。だいたい、治安という言葉の意味をもっと考えて欲しい。

私は権力への反発を露にする左翼とは違いますが、権力を行使する場合は法的根拠をを示さねばダメダメ。絶対ダメ。今度からは我々は簡単には騙されないぞ。

本日はお疲れ様でした

明日の竹島の日にちなんで今日は「竹島を返せ」の街頭演説をしました。

ナナちゃん人形の前で1時間演説をした後、韓国領事館へ。韓国領事館の前では警察の人がたくさんいて通せんぼをしていました。

???と思っていると、公安の方が「右翼が来るらしいので通せんぼをしています。」とおっしゃった。

後からよくよく考えてみると、そういえば名古屋キャッスル前の山尾議員抗議街宣の時も、「右翼が来るから」とおっしゃったが、右翼は結局来なかった。

右翼って私たちのことじゃんか。なんだよそれ。今度からその言い訳は通じないぞ!! それに私たちは右翼ではない。保守的考えを持った一日本国民に過ぎません。

それから、韓国領事館前と街宣カーと、二手に分かれて演説を行ないました。参加された皆さま、お疲れ様でございました。

P1000393web_2


2010年2月18日 (木)

「竹島は日本の領土だ!!」

竹島が、韓国に強奪されています。皆さん、見過ごしていいのですか?
これに抗議しなければ、「保守」がすたる。
叫びましょう、抗議しましょう!意思表示をしましょう。

「竹島の日」がきました。

集まって、韓国領事館に、抗議 シュプレヒコールだ!!!

 時 2月21日(日) 13:〜
 所 名古屋駅 ナナちゃん前 集合後 韓国領事館へ

どうぞ 初めての方も、マイクを握り、3分でも訴えてください、鳩山首相も岡田害務大臣も、参政権は与えても、なぜ「竹島を返せ」といわないのか?
                              代表 伊東富士夫

2010年2月16日 (火)

カナダの愛国心

よーめんさんのブログにありました。なんだか感動しました。我々もこのように出来るといいですね。

性格サヨクが自称保守派の中にもたくさんいます。彼らは偽善と欺瞞を振りかざし満悦して、他人の行為を傍観者の立場で評論します。もう偽善や欺瞞はいりません。

これが本当の真なる心、善なる心、美なる心、国を愛する心であります。日本もこんな暖かい誇りのある国になるといいですね。

2010年2月15日 (月)

玉あり猫と玉なし猫

うちにはオス猫が2匹います。同じお母さんから生まれました。2才の兄猫は去勢済でban玉がありません。1才の弟猫はまだ去勢をしてなくてban玉がついています。

2匹とも外へ遊びに行くのが好きで、1日の半分は家にいません。ban玉のない兄猫は傷1つなくきれいなもんです。

ところがban玉のついた弟猫はヨシヨシをしていると毛の中の随所にひっかき傷を見つけます。傷は上半身に集中してます。猫のケンカの声を聞くと外に出てって弟猫の味方をしますが、それでも傷だらけです。

やはりこの違いはban玉のせいでしょうか??? 

日本人にban玉はあるのでしょうか??? アメリカ様に守ってもらって経済だ経済だと、要するに金が一番、名誉や誇りは関係ないというのは、うちの弟猫にも劣ると思います。


↓↓↓本文には関係ありません。笑えるので。。。


【外国人参政権を推進する山尾志桜里議員に抗議するぞ!】 のご報告

本日山尾志桜里議員事務所にて抗議の街宣をしました。

前回1月10日、山尾議員は留守でしたので、「山尾議員が外国人参政権に賛成する理由」を事務所の方に伺いました。返事をすると言ったまま音沙汰がありませんでした。

本日も「前回のお返事がありませんけど、早く返事をください。国民をなめるなよ。」ということと、「山尾議員にアポを取りたいのですが。」ということをお願いしましたが、返事をしますと言うだけで、いつ返事をくれるのかという明確な返事はなにもありませんでした。

こうなったらこちらも意地がありますので、明日も電話しようと思います。何度でも何度でも行こうと思います。

そして、今日は新しい方が2名いらっしゃいました。演説が上手でびっくりしました。それからよく来てくれるお兄さんも初めて演説をしてくれましたが、なかなか味のある演説でこれも新手法だと思いました。弁士がいなくて困っていましたが、渡りに船で感謝です。

それから、知らずに説得していた人が読売新聞の人でした。このまえ記者発表に来た読売の人はめちゃ感じが悪かったのですが、この人は感じがいい人でした。今度のデモに来てくれるということです。朝日の記者さん、ライバル出現ですよ。負けないように私たちの記事書いてくださいな(○゜ε゜○)ノ~~

P1000385s


2010年2月14日 (日)

終息

O会との騒動ですが、本日話し合いにより、終息したことをご報告いたします。

皆さまご迷惑をおかけしました。

意外に展開が早く、終息という運びになりました。やはり神さまのシナリオはあったようです。これ以上は書きません。人間は魔が差すということがあるものです。

2010年2月12日 (金)

高山さんてなかなかの保守なんだなあ。。

週刊新潮の2月11日号だったと思うが、高山正之さんの「変見自在」に、小沢一郎は朝鮮人の気質に似過ぎているということが書いてあった。

先日とある会合に出席したおり、小沢一郎は朝鮮人であるという話題になった。出版社の社長が「そんなことを書いたら嫌がらせがすごいんですよ。」とおっしゃっていたが、この高山正之さんはなかなかやってくれた。

確証が掴めないことには真っ向勝負を挑まず、冷やかしや仄めかしを駆使した文体で書く。これこそが伝統的な知恵と言える。過去に、上流階級のマジで上品な奥様が、ものすごい冷やかしや仄めかしを駆使して知人の批判をやんわりとしていたことが思い出される。ああ、余程たまってるんだなあと思ったが、この奥様は上品さを失わなかった。こわっ!と思いながらもなかなかやるのぅとも思ったもんだ。。。

出版社の社長のヘタレマモニズムにはガッカリするが、高山さんは過去に学んで「小沢一郎は朝鮮人ではないのか!?」ということを週刊新潮で世間に広めようとしたのだ。いや、広めたのだ。この高山さんはちょっとイヤラシい顔をしているので好きにはなれそうにないが、なかなかあっぱれな魅力あるおじさんだと今回思った。

ちょっと抜粋してみる。
「小沢一郎は・・・人の扱いも酷く秘書などは人間扱いもしない。李氏朝鮮時代の両班を思わせる。そのくせ相手が目上だと見ると人目もはばからず揉み手する。彼の血液型はB型だ。これも朝鮮半島では圧倒的なシェアを誇る血液型だ。
そんなことから小沢は父佐重喜の時代に日本国籍を取ったという話がある。スタルヒンや小泉八雲と同じ帰化人だと。そういわれてみると小沢の行動もいちいち頷ける。」

最後は小沢は日本人だとも書いてあるが、これが精一杯だったんじゃないか?でもここまで書いてあれば、読者も何が言いたいかわかるんじゃないか。

私も難しいことだが、言えないから仕方ないと諦めてしまわないで、言いたいことを言う知恵を持たねばならない。これぞ勇気と思慮の間で平衡を保つという良い例だ。せめてこのくらいの勇気を日本人が持ち合わせていたら、こんな国にはなっていないだろう。


2010年2月10日 (水)

神さまのシナリオがある

数ヶ月前、私は「主催者意識のある、あるおじさんを獲得したい」という旨の記事を書いたことを記憶している。そしてその後、「ちょうどよい時期にちょうど良い場所で協力者を私にください。」ということを神さまにお願いしていた。そのおじさんはすでに協力者の一人だったが、ある人を介していたし、あまり近しい関係ではなかった。

ところがどっこい、今回の騒動により、そのおじさんは名実共に私の直近の協力者になっていた。起こるはずもない騒動により、私はそのおじさんをしっかり獲得したのだ。

そう考えてみると、今回の騒動のことだけでなく、名古屋における一昨年から続くさまざまな騒動は、無意味なものではないと感じる。私の周りで起こっている騒動は、結果としては常に良い方向へ向かっていると感じられる。私の近くでさまざまな騒動を見て来た人もそう感じているのだ。

これらの騒動は過程であり、最終的な着地点へむかう神さまのシナリオではないのかな。。そして、私も彼も、着地点へ向かって、今、自分がなすべきことを明確に感じ、やりとげようと思っているのだ。

着地点とは、紆余曲折を経たあげくの大同団結である。間違いない。


話は戻るが、私が獲得したおじさんは、一昨日、今回の騒動について怒りを相手方にぶつけた。彼はそれまでつながっていた相手方と完全に決別した。これで私の直近の協力者であることが名実共に明確になった。神さまのシナリオがあるとすれば、ここでこの騒動は終わりのはずだ。

私はと言えば、彼の相手方への怒りにより、自分の怒りが消えてしまった。神さまのシナリオを元に考えれば、相手方の怒りもなくなっているはずである。今ごろは多分、「疲れたなあ。俺は何やってんだ!?」という心境であることは想像に難くない。

あとは収束のために動くだけだ。

2月の活動のお知らせ

【外国人参政権を推進する山尾志桜里議員に抗議するぞ!】

時 2月14日(日) 13:00〜 
所 山尾志桜里事務所前


【天皇訪韓反対!竹島は日本の領土ですが何か?ぐるぐる街宣】

時 2月21日(日) 13:00〜 
所 名古屋駅ナナちゃん前集合後、韓国領事館へ


【外国人参政権反対の街宣&ビラ蒔き】

時 2月28日(日) 13:00〜 
所 地下鉄一社駅ミニストップ前

よろしゅうたのんます。 o(_ _)oペコッ

2010年2月 8日 (月)

変わらなければ、ならないもの!

第16回のカンヌ国際映画祭で、受賞した、伊仏合作の「山猫」で、没落していくイタリアの貴族の中で,名優アラン・ドロンがの名セリフが「変わらずに生きていく為には、自らが変わらなければならない」 (We must change to remain the same) 

このセリフを、小沢幹事長が2006年4月の民主党代表選挙の演説に利用し代表に見事に当選。

2008.11月オバマは「Change]を掲げて大統領に就任。

2009.8月民主党は衆議院選で、「政治を変える」で与党になる。

ところが、鳩山首相も小沢も、自民党時代の、どす黒い悪どい「金」の問題が噴出。

何ら、体質には一向に変化なし。

ただし、自民も変わらなければ、勝てませんよ。

                               オオムラサキ

2010年2月 5日 (金)

時事ネタでごめんなさい!

TBSが、4月からゴールデンタイムに、イ・ビョンホン主演の韓国ドラマ「アイリス」を放送を決めた。

韓国では「わが国のドラマが日本のゴールデンに進出」を果たしたとはしゃぐ。

毎週水曜に21時より放送される。反日、笛木優子も出演します。

ここから、2ちゃんねるからの反論

原口総務大臣よ

こんな、「日本のドラマを製作出来ない、放送局は、電波を取り上げなさい」。

2010年2月 4日 (木)

今日は、トヨタの株がさがりました。

リコール問題で、トヨタ及び,その子会社が、急落しました。

なんだかんだ行っても、米国は、最大のお得意様です。

それを、基地問題で怒らしてしまいました。

20年前にも起こりました、日本バッシングが始まりました。

アメリカは、中国の軍事脅威の異常な高まりに、完全に警戒をしはじめました。

もう、サイバー攻撃は年間9万件にのぼり、国防総省、国務省、研究所、大学に侵入し、

情報を盗み、破壊できます。

米空母を、攻撃できる能力さえも、備えた。

こうした状態であるから、日米安保を、固めたいと思っているのに、

鳩山首相は、わからない。

2010年2月 1日 (月)

プロパガンダ戦争

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »