最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日に感謝感激あめあられ

ほんとなら、本年もお世話になりましたとかいうことを書くところなんでしょうけど、

これ言っても、自分で感激してるだけで、みなさんには、多分どーでもいいことだと思うんですが、

あまりに感謝感激したので、日記書きます。

ついこの間、「宗教心が足りない」という記事を書いて「自分の合理主義を超越したい」から「アマゾンで本を四冊注文した。」と書きました。

それで本がきたので、一番気になる本をつらつら読んでいました。

それが、なんとなんと、

「合理主義を超越するには」という合理主義を超越するための祈りの方法が書いてあったのです。

もーーーーっ、感激です。

これは神業です。神さまのお導きでございます。 あり得ん、あり得なさすぎる。。。

天の岩戸開きのように光がさしてきました。

神さまありがとうございます。

私の夢

私の夢は

亡国の足音がヒタヒタと迫って来たとき、

国民がそれに気付き始め、

各地でデモや暴動が相次ぎ、

テレビで売国報道していたキャスターや経営者などが集団リンチに合い、

マスコミを占拠。

テレビでどんどん真実が報道され、

国民は完全に覚醒する。

完全売国政治家は集団リンチを恐れ、海外に逃亡。ノンポリの政治家は保守ぶったことを言い出す。保守政治家はヒーローに。

民団などの侵略者の手先は叩きだされ、日本民族中心の国家が出来上がる。

ここまでは破壊。問題はここから。

ここまで至っても、日本人は戦後の民主主義を恋しがるし、性格はサヨクばかりなので、ここからが正念場。

ここで初めて国会は真正リベラルVS真正保守の闘いになる。

真正リベラルというのは、近代主義の価値観を引き継ごうとする陣営。真正保守は伝統的価値観を引き継ごうとする陣営。

真正保守はこの時点では、ほんの少数だが、次第に国民は本物の覚醒に至る。

我が師匠には是非とも長生きをしていただき、国家再建に関わっていただきたい。

私はと言うと、長生きすることが怖くて仕方がないので、もういい歳だし、この乱れた国を破壊する過程のどこかで、ほんのちょっぴりでもいいから価値ある死が訪れることを望みたい。


強く願えば現実になるかもしれない。こんなことくらい出来ない国民なら亡国になって当然だから、それでも私自身はどーってことない。すっぱり諦める覚悟もある。とにかく、がんばろっと。

追伸 私には知識というものがなく細かいことはちっともわからないので、この順番がいいとか悪いとか、ここらへんで外国が出てくるとか、全然わかりません。単なるこうなったらいいなあという夢です。そのへんよろしく。

2009年12月30日 (水)

宗教心が足りない!!

もう明日で今年も終わりですが、振り返ってみますと、去年の11月16日の勃発から揉め事の連続でした。私の暦はなぜか昔からこの日が正月と言えるほど、11月16日というのは新しいことの始まりの日であります。

初めの揉め事は、愛知の保守が十何年と仲良くやっていたところへ、私という異端児が現れて、行動する保守運動のほうへ皆を引っ張ろうとしたことに対する反感、嫉妬などです。新規参入者をのけ者にしようという嵐が起こりました。これにより愛知の保守は分裂しました。しかし、笑えるのは街宣などをする私たちを過激だと非難していた彼らが、今現在、街宣に夢中になっているということです。こちらに負けるまいという気持ちが彼らを街頭へと引っ張り出しているのです。あはは。良いことです。まあ、そのうちには一緒に運動できるでしょう。

その他の揉め事は、内部の揉め事で、ブログに書くのもバカバカしいようなものですが、このおいらんちゃんのことを好きすぎる人たちがバランスを欠いて起こしてしまい、私がプリプリしてしまったとかそんな程度です。

それにしても、自分はいい歳になったので、あとは公に奉仕しようと思ってこの運動に入り、欲心から運動をしていないという自信があるにも関わらず、私を中心とした揉め事が起こる。なぜ??

さまざま起きたことを、心を静かにしてよくよく考えてみますと、神さまが私になんらかの暗示を与えてくださっているのだと思います。これは依然としてわからないままですが、年末近くになってあることが私の中で響くようになりました。

「私には宗教心が足りない。」ということです。現実に起こるさまざまな問題、それを不合理なままに超越しなければならないと思うようになりました。

話は変わりますが、あるブログで「論理は喧嘩になりやすいから、我々は情の共有でいくんだ。」ということが書かれていました。もちろんごもっともなことだと思いますが、これに少し反論をさせていただくと、情のみ、論理のみ、どちらも片手落ちであり、TPOに合わせた情と論理の絶妙なバランスが必要だと思います。

で、私は女のくせに論理により納得するタイプで、論理で納得すれば情を切ってしまうようなところがあります。さすが近代主義の直中に生まれただけあって、精神自体が合理主義なのでありました。合理主義というのは保守思想家がことごとく嫌うものであります。有名なのはニーチェの
「神は死んだ。われわれが神を殺したのだ。」
「どう考えても、ありえないことが1つある。ーーすなわち合理性だ。」

私は保守を標榜しながら、合理主義の中に生きていたわけで、そろそろ非合理を受け入れ、非合理の中でも安定する自分というものを見つけてみようかなと思っています。これが神さまの暗示なのかどうかはまだわかりませんが、とりあえず4冊の本を買いました。

来年も1ミリでもいいから、この祖国を良い方向にもって行きたいという目的は堅持しながら、自分の成熟に向かっても突き進みたいと思います。よろしくお願いします。


2009年12月28日 (月)

やっぱ(緩やかな)階級制でないと国はまとまらない

今、日本は猫でも杓子でも平等という困難に陥っている。しかし、悲しいかな人間にはそれぞれ神さまから与えられた持ち分があって、その持ち分の中でしか生きられない。

また、立場という言葉があるが、自分の立ち位置を忘れてモノを言う人間がこの国にはごまんといる。立場を忘れて吐かれた言葉は、空虚に響き渡るだけである。

堀部正史氏が言ってることだが、

「江戸時代以前は、サムライになろうと思えば誰でもなれた時代があった。戦場に出て行って、それなりの働きをすれば、もともとの身分が武士でなくとも武士になれた。でも多くの人はあえて武士になろうとは思わなかった。戦場で殺される危険があるのも1つの理由だが、一番大きかったのは、切腹をしなければならないからだ。」

「自分で自分を殺せない人間、つまり死の恐怖を克服できない人間は、武士の仲間として合戦に参加してはいけない。日本の武士はそういう形で暴力に対する歯止めを作り上げた。。自分自身を殺せる人間のみが、人を殺すのをよしとする。」

「鎌倉幕府の成立から徳川幕府がたおれるまで、何百年にもわたって武士が権力を握ることができたのは、民衆が彼らに心から服従していた部分があったからだ。人を殺す人間が何か不始末を起こしたときに、ただ「申し訳ない」などと言葉で謝罪するのでなく、腹を割いて自分自身を殺す。切腹することができる人間だけが、武士として権力を握れた。」

指導者も立派なら国民も立派である。

7年前、加藤紘一元幹事長の秘書が脱税の疑いで逮捕されたとき、当時の鳩山首相は、

「もし、鳩山由紀夫の秘書が、同じことを行っていたとすれば、すぐに謝罪し、離党どころか議員バッチを外す。」

と演説を行なっている。
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 切腹どころか、議員バッチを外すことすらしていない。

指導者が悪いというのは簡単である。私はそうは言うつもりはない。鳩山首相はわれわれバカ国民の代表である。バカ国民にお似合いのバカ首相だ。私は「指導者も悪いし、我々国民もだらしがない。」といつも言っている。

それを言うと、今度は「民主党に入れた奴が悪い。」なんて言うヤカラが続出するが、私は違うと思う。誰かを悪いとレッテル貼りをしただけで安心している奴、自分だけは悪くないと自己反省のない奴だって手に負えない。

やはり、武士を募集し、階級制にしたらどうだろうと思う今日この頃である。

2009年12月27日 (日)

戦前の右翼人は懐が深くて包容力があったらしいよ。

保守なんて自民党を応援することでもなければ、この国はホントはすばらしいと誉め讃えることでもない。四角四面のしゃっちょこばったことばかり言う保守言論人なんて役に立つ代物ではないし、また反左翼反朝鮮反中国というアンチな思想では、破壊は出来るが創出することは出来ない。

なんかさ、戦後民主主義にどっぷり浸かって、疑問すら持たなかった人ほど、覚醒するとなんの疑問もなく四角四面の保守的言辞を垂れ流すのには困ったもんだ。バカみたい。

我が師匠は左翼から保守へ転向にあたって、10年は公的な場での言論を控えたらしい。自己反省の深い人ほど、新たな展開は本物になるんだなあ。

以前、私が説得して覚醒にむかった親類などが、なんの自己反省もなく翌日からネットで覚醒してないサヨクたちをバカにしてご訓示をたれているのには驚いたことがある。しかも性格はサヨクのまんまだから手に負えない。戦前戦後時代の180度の急転回と同じようなもんだ。戦中も優秀な人は戦争で死んでしまったんだなあ。

どうでもいいような論理をふりかざすのでなく、何百年かに渡って世界の保守思想家たちが、紡ぎ出してくれていた知見くらいは、せめて一望の下に眺めておくくらいの準備を整えたい。人間の抱く感情は、論理という精神の小刀がなければ、確かな記憶として脳裏に刻み込まれないからだ。

もういい加減、自称保守の陣営が左翼思想への反感を吐露することに終始することはやめたほうがいい。その報として、現在、この国が混乱と解体に向かっているのだ。

戦前の右翼人は懐が深くて包容力があったらしいよ。本物の保守思想は四角四面のものじゃない。もっと懐が深いもんだ。

みんなが誰か殺ってくれるだろうと思ってる。。

先日、友人と話していて小沢の話題になった。

「以前は野中なんか殺せなんて言ってたが、小沢は野中の何十倍も悪党だからね。」と友人。
「あんなものはマジで殺さないかんわ。」と私。
「◯◯××」(内緒(*^-^))
「▽△★★」(内緒(*^-^))
「無期懲役はヤダよね。死刑ならいいけど。。懲役だけはヤダし。死んだ方がマシ。」
「だけど、死刑になってもなかなか執行されないじゃんねー。」
「あ、そうか。じゃやっぱその場で死なないかんわね。」
「ムリだわ。。。」
なんてバカなシュミレーションがすっかり萎えてしばしの時が経った。

「それにしても、殺さないかんなんて言いながら、誰もちっともやらないよね。」
「きっといるよ。」
「いないって。みんなが私たちのように、誰かやってくれるだろうと思ってる。」
「そうかあ。。」
「けしからん。けしからん。なんて口角泡とばして怒ってるだけ。」
「そうだなあ。日本人全体がYの会みたいなもんだぁ。」

小沢はこんなに悪党なのに。。


2009年12月25日 (金)

草創期は終わった

私が運動を始めて2年が経った。初めの1年は見るもの聞くもの初めてだし、興味深々で、「彗星のごとく現れた」なんて言われ、気を良くしてあれやこれや頑張った。2年目は僻み恨みなどの個人的感情のトラブル続出。いやあ、これまで目まぐるしく問題が起こったし、現地点でもたくさんの問題を抱えている。

しかし、私は悶々と悩まない質であるし、マジで次から次へと問題が起こるので、前の問題なんて抱えたまま薄れてしまって平然としている。悩んでも1日か2日がいいところである。

運動を何十年とやって来て、時々お話をする方などは、私が入ってからあんまりにも問題ばかり起こるので、一時、老け、やつれたように見えたが、「最近はもう慣れた。動じなくなった。」ということで、今はツヤのある顔に戻られたようである。

先ほど、忘年会の出席者名簿を見ていて思ったのだが、よく見ると、私がゼロから運動を始めたときの仲間は誰もいなくなっている。そのときの仲間は、今から思えば、私に何らかの個人的感情のある方ばかりだった。だから協力してくれたのだ。その草創期の仲間たちの中には、新しい仲間が増えることを喜ばない人もいたし、やたらと誘ってくる人もいたりして、新しい仲間よりも私との濃密な関係を欲している人が多かった。

個人的感情があれば、私と意見調整が困難になるのは請け合いで、一人去り二人去りと、現在私の周りで運動をしてくれている仲間は、草創期のことを知らない人たちばかりになった。後から入ってきたその方たちは自然に私を受け入れ、個人的感情もない方ばかりである。

やりやすくなったぞ。次の展開あるのみ。

2009年12月23日 (水)

ついにテレビが在特会を取り上げた!!

ずいぶんと在特会を悪者に仕立て上げているが、まあいいでしょう。マスコミも在特会を潰すか潰されるかの賭けについに出たのか?? それともマスコミの中に日本を憂いている方がいて、売国奴の上司などを上手に説得してギリギリの報道を行なったのか??

先日、在特会の名古屋デモが朝日新聞に写真入りで取り上げられた。朝日の記者にはこうお願いしてある。「悪口でもなんでも構いませんから、とにかく取り上げてください。」と。今の状況では悪者でもなんでもいいから有名になることが大切である。愚民は健忘症だからだ。愚民は悪者でもなんでもいいから有名人が好きで好きでしょうがないのだ。

関西の皆さまには申し訳ないが、もっともっと在特会を叩いてくださいよ。

↓↓↓こちらがMBSの取材のノーカットだそうです。会長は天才です(爆

目の上真っ黒バカ女で行こうかなー

今日はお歳暮がまだ買ってなかったことに気付き、百貨店に行きました。

取引先の会社には、うちの会社の他に、もう一件同業者が入っていて(仲はいいんですが要はライバル)、それが同業者がやたらと気がつく同業者で、やれバレンタインだ誕生日だなんだと取引先に付け届けするので、気がつかない私でもお歳暮くらいは絶対贈らねばなりませんから。。。買ってからその足で持って行き、疲れたので喫茶店へ。

喫茶店で普段は見ないJJを見ていたら、急に私も目の上真っ黒バカ女の化粧をしたくなってきて、目の上真っ黒バカ女の化粧をしました。似合うかどうか気になって知り合いのお店へ。

「似合うんじゃない?」と言われ、どうでもいいようなことですが、今度の忘年会は内輪だけだし、目の上真っ黒バカ女で行こうかなーなんて思ってます(・∀・)ニヤニヤ

若かりし時はバカ女の時代もありましたから、似合うわけであります。

今日さっそく髪を茶色にしてやろっと。
日本人なのに髪が茶色はおかしいなんて怒る人いるんですが、たまにはいいでしょ。ぬはは(*^ω^*)

忘年会申込みしてください

aikokukurabu@gmail.com

20名になり次第締め切らせていただきます。

2009年12月21日 (月)

28日の忘年会

本日忘年会の会場を探しに行きました。予約はまだ出来ていませんがなんとか頑張って探します。

【勉強会&忘年会】

忘年会を始める前に今年1年の締めくくりとして、お酒を飲みながらちょっとだけ勉強会を致します。勉強会は愛知の保守運動のこの1年の㊙話とその分析などをしたいと思います。㊙話を聞いて喜んでいるだけなら、オバちゃんと同じになってしまいますが、それを運動論の見地から、講師の先生を招いてお話しいただき、今後の運動に役立てて行きたいと思います。講師の先生も㊙です。外野がガタガタうるさいですからね。絶対面白いし今後の運動の展開に役立つと思います。お楽しみに。
また1年の締めくくりですので、最近ご無沙汰してる方、すねている方など、皆さんお越しください。

日  時: 12月28日(月) 19:00〜

場  所: 未定。もう少しお待ち下さい。

主  催: 愛国倶楽部

参 加 費: 3000円〜4000円の間を予定しています。

連 絡 先: aikokukurabu@gmail.com
TEL:080-5120-9341

ウトロデモに参加して参りました

デモに参加してきたといいながら、なぜかデモの写真はありませんが、いいでしょう先斗町。懇親会は先斗町だったのです。京都は好きで何回も行ってますが、何度行ってもいいですね〜(o^-^o) あーもったいない。もっとゆっくり行きたかったな。

P1000320P1000322写真左はなぜか稲川さんが撮ってくれてました。これ気に入りました。サンキュです。写真右は懇親会にて。関西支部長の川東さんと見つめあってる?? いないよね(;´▽`A``

2009年12月18日 (金)

山尾志桜里抗議街宣のご報告

今月5日に行なわれた外国人参政権にガチ賛成派議員の古川元久議員、大塚耕平議員に続き、本日は愛知7区の山尾志桜里議員に対する抗議を行ないました。

今日の抗議街宣は風も強く冷たくめちゃ寒かった。暗くて寒いにも関わらず8名+公安20人程が参加してくれて、ありがたかったです。昨日右翼が来たとか、今日は誰かは教えてくれませんでしたけど、要人がキャッスルに来ていたとかで、公安の方に取り囲まれながらの街宣となりました。終わってから帰るよと言ってもおさまらず、しきしまさんがキャッスルに向かって吼えまくっていましたが、古川議員のとき「売国奴!」といって車から降りて来てくれた方がマイクで君が代を歌って〆となりました。

この外国人参政権や小沢朝貢訪中団に対する嫌悪を行動でもって示す活動は、同志の間でも結構評判がよく無理をしてでも出て来てくださる人が多いです。

それから、「今年は忘年会やらないんですか??」と聞いてこられる方が多いので、1年の活動にお疲れさまということで、今年も忘年会をすることにしました。28日の7:00位からを予定しています。皆さまご参加ください。

100casiocimg2764_2100casiocimg2766


2009年12月17日 (木)

明日抗議街宣の山尾志桜里はカンペキ国賊

明日の金曜日ですが、5:15より山尾志桜里の抗議街宣があります。山尾志桜里は小沢朝貢訪中団の一員として中国へ行ったようです。カンペキ国賊ですね。

今、カーボン紙でなぞって、明日に間に合うように横断幕作ってます。頭痛くなって来た〜。まいった〜(ノ_≦。)

ともかく明日、ウェスティン名古屋キャッスルでお待ちしてま〜す。


追伸:苦労してカーボン紙でなぞったんですが、障子紙なので、油性ペンがものすごく滲みます。カッコ悪いです(ρ_;)それに、油性ペンが床まで染み込んじゃいました。最悪です(´;ω;`)ウウ・・・

仲良くしてください??

これは私の意見です。意見に感情はありません。特に女性は意見の対立があると、感情的にも怒ってしまう人が多くいます。だから奥さん同士の会話を聞いていると、一人の人が意見を言って、あとの人が「そうよね〜。」なんて同調だけしているケースが多いのです。私はとてもじゃないけど、そこには交われません。

日本人は議論が好きじゃありませんが、私は議論が好きです。議論の末、お互いに納得して意見を擦り合せることができたら、嬉しい気持ちになります。まずそれを初めに言っておきます。

ところで、よく揉め事があると、「仲良くしてください。」と言われます。しかし、「仲良くしてください。」と言われると、いつも腑に落ちません。

そりゃ仲良くするに越したことはありませんけど、我々は少しでも日本の未来に貢献したいという目的を持って運動しているわけです。そこに意見の対立ややり方の違い、また時には感情的対立も起こります。

感情的対立の場合、謝罪や歩み寄りによって「仲良くする」ことが出来るし、合わないと思ったら初めから近付き過ぎなければ、感情的対立は起こりようがない。君子の交わりは淡き水のごとしといいますが、初めから必要以上に仲良くしなければいいのです。

意見ややり方の対立の場合はどうでしょう。その場合は目的をもって運動してる訳だから、「仲良くしないかん」程度の綺麗事で相手に歩調を合わせるなら、目的がどこかに吹っ飛んでしまいます。特に私はある会の代表という立場ですから、相手の意見に充分納得できて目的意識にも沿うなら仲良くする方を選びますが、そうでなければ「仲良くしないかん」程度の綺麗事を第一義にできるはずありません。

最近の若い男性は戦後民主主義のおぼっちゃんが多いです。よく小学校の校訓などに「明るく、仲良く、たくましく」なんてありますが、「仲良く」なんていう価値を第一義にしてしまったら、味も素っ気もない子どもが出来上がります。人とぶつかるのが怖い、意見すら言えない子どもを量産してしまうに違いありません。

ここで私の師匠の教訓が出てくるのですが、1つの価値の裏側には、あい対する価値が必ずあり、例えば、勇気という価値と、慎重という価値があり、勇気なき慎重は臆病をもたらし、慎重なき勇気は蛮勇をもたらす。だから時処位に応じ、勇気と慎重の間でバランスのとれた判断をせねばならない。ということを師匠はつねにおっしゃっています。特に運動において「仲良く」という価値は第一義にするべきでないと思います。私は万が一一人になっても運動するつもりでこの世界に来ました。


若き志士の皆さん!! 運動において「仲良く」なんていうのは第二義、第三義の価値でしかない。

朝鮮人と仲良く出来たら一番いいが、相手の態度や思惑によっても仲良く出来るものと出来ないものがある。

また国を盗られては仲良くする術もない。

だから皆さんはこの運動に入られた。反日朝鮮人と仲良く出来ないから入られた。

もういい加減いい子ちゃんはやめて男になられたらどうだろうか。


2009年12月15日 (火)

今週の活動

【外国人参政権を推進する山尾志桜里議員を我々は絶対に許さない!!】
売国奴「山尾志桜里」に国民の怒りをぶつけよう!!

日 時 12月18日(金)17:15集合

場 所 ウェスティンナゴヤキャッスルホテル正門前


※北区生涯学習センターで予定しておりました【打ち合わせ会】ですが、中止となりました。大変申しわけありません。ご迷惑をおかけします。

愛国倶楽部をなんで作ったのかといいますと

愛国倶楽部は行動する保守運動への支援と、その一端を名古屋で担う活動をします。とホームページの副題を先ほど書き直しました。

今まで愛国倶楽部の目標とか申しておりませんでしたので、ここで言わせていただきます。

私の当初からの目標は、数は力だということで、街宣で50人、デモで500人を、何かあればすぐに集まるという体制を作ることです。すぐに集めると言ってもいきなりは無理ですので、小さなことからの積み重ねで一人一人声をかけて集めるということを考えておりました。

私も皆さんも知っている組織を例にとって考えますと、(またなに言われるかわかりませんので名前を伏せます)A会は講演会中心ですので、それとは違うかと思いますが、愛知県には800人ほどの会員がおられるようです。その800人の会員をB会という10人ほどの小さな組織が担っておられます。私から見れば、そのB会という組織は何かあればすぐに一枚岩となる組織です。

800人の会員さんに案内を送れば、内容や講師にもよるでしょうが、80人はすぐに集まると聞いてます。10分の1ですから、50人をすぐに集めようとすれば、500人の会員が必要です。そして超カンタンに考えれば、800人の会員のお世役は100分の1ですから、動いてくれるお世話役なら、正味5人でよいわけです。

代表とか幹事とか名前はカッコいいですけど、要はお世話役なんです。お金など出て行く一方ですし、やることはいっぱいある。

そんなことで、とりあえず私は、メールアドレスを500集めるという目標を今年夏に立てました。

西村修平さんは、「東京、大阪、名古屋と、今は1つ1つの点だけど、これを線に、そして面にしたい。」と昨日私たちにおっしゃいました。私もこれに辛うじてかもしれませんがついて行けるよう努力するつもりです。

行動する保守運動は、ネットを通じてたくさんの人の心に火を灯し続けています。この運動がいずれ日本人全体の心に火を灯すことを、私は信じて疑いません。

2009年12月14日 (月)

もう怒ったぞ! なにが組織だ!!

組織とは価値、規範そして行動パターンを共有する人々の集まりのことである。そうした共有関係を取り結ぶ意味は、個人では外部からの、とりわけ未来という名の不確実性の海をこぎ進むことができないからだ。

一昔前だが、グローバリズムの名の下に日本的経営というのがバッシングの的になり、抜本的改悪を繰り返し、日本的集団主義が解体され、それまでジャパン・アズ・ナンバーワンと言われた日本経済が撃沈されたのを思い出す。組織というのは生命線ともいえるほど重要なものであることは、この私にもわかる。

ところで、愛国倶楽部の組織を作ると息巻いているおじさんがいるが、トタン工事のおままごとのような組織を作ることが、いずれ不協和音なり混沌なりをもたらすのは明白である。

代表の言う事を聞く組織なら組織としての価値はあるが、組織作りについてちょっと言えば、すぐワーワー反論してくる組織なら組織なんかない方がいい。組織というは情報伝達や命令系統がはっきりしていて初めて組織と言える。情報伝達や命令系統がバラバラであれば、もたらされるのは秩序でなく混沌でしかない。ごちゃごちゃなるなら私は断じて非組織を選ぶ。

どこかの党の愛知県本部のときだって、ごちゃごちゃしたら、カンタンにやめただろうが。知っとるけ? 自慢じゃないが愛知の運動で、私ほど嵐(荒らし?)を呼ぶ人間はいない。もうごちゃごちゃはたくさんだ。

私は伝統という時間の効果を重んじる真正保守主義者である。トタン工事のように作った組織は壊れるのも早い。秩序でなく混沌に向かうに決まってる。私はおままごとに付き合っている暇などない。いい加減にして欲しい。

鶴橋のデモに参加して参りました

昨日は主権回復を目指す会の鶴橋デモに参加してきました。私は妹と共に先頭で横断幕を持たせてもらいました。懇親会でも関西の皆さんとたくさん仲良くなりました。20日のウトロも来てくださいということですので、なるべく大勢の人をつれて参ります。関西の方にはいつもご協力いただいてますからね。

ウトロ参加希望の方はご一報を→aikokukurabu@gmail.com 電話なら→080-5120-9341(岩橋)

2009年12月13日 (日)

天皇陛下のシナ人との会見について

天皇陛下を政治利用するとはバカ鳩、汚沢は足利義満以来の大国賊である。我我はこ

の様な売国奴で国賊を許す事は出来ない。何を狂ったのかこの二人は、国民はこの様な

基地外国賊に天の意志を示すべきだ。国賊鳩山小沢に怒りの鉄槌を。

         by英霊の声

2009年12月12日 (土)

ひゃ〜!! 迫力が違いました

本日は50名ほどの方にご参加いただきました。ありがとうございます。

やはり西村さんは破壊力が違いますね〜。鮮やかでございました。博物館側なんて昨日は日の丸の小旗持ってただけで「出てってください。」なんていってたのに、今日は「人数が多くてビックリして何も言えなかった。」なんて言ってましたが、スルスルと大勢を素通りさせました。

民団の方も「静かにしてください。」なんて言いながら、大きな日の丸やカメラなどを手に持った大群を入れました。民団の人は西村さんの質問に答えられず、すぐにノックアウト。長々いても仕方ないのですぐに撤収。

その後正門前に戻って30分少々シュプレヒコールなどをし終了しました。

動画はこちら

西村修平さん曰く、「短い時間で最大の効果をあげねばならない。」だらだら長時間してもダレルだけですね。勉強になりました。
PhotoPhoto_2

とりあえず、明日はこれ↓↓

抗議デモ<在日朝鮮人の「殺害予告」を糾弾する>

   殺害を予告する朝鮮人テロリストを逮捕せよ
差別されている朝鮮人は本国へ帰れ!


日時:平成21年12月13日(日) 集合12:30 デモ出発13:00


場所:大阪市天王寺区 真田山公園南西側(JR環状線鶴橋駅 徒歩5分)

予定コース 鶴橋ガード〜玉津3南下〜生野区役所西行〜桃谷駅〜五条公園


◆主権回復を目指す会宛に、「主権回復を目指す会関西の中谷を1年以内に拉致して殺害する」と書かれた(平野郵
便局消印)「殺害予告」の脅迫文が送付されてきた。

◆主権回復を目指す会は関西支部を本年10月に設立して以来、とりわけ在日朝鮮人の不当な権利要求と横暴な振る舞いに対して徹底的な糾弾を行ってきた。
 
◆竹島を軍事占領する韓国の日本侵略の糾弾、さらには朝鮮学校が50年にもわたって公園を不当に占拠してきた違
法行為を糾し、これを府民の手に取り返す等々、在日朝鮮人の横暴を許さない活動を果敢に展開してきた。

◆今回の「殺害予告」は主権回復を目指す会により数々の不法行為を糾されてきた在日朝鮮人の焦りを象徴した脅迫だが、当会と<『語る』運動から『行動する』運動へ>はこうした脅しには決して屈しない。

我々は「殺害予告」をした不逞な在日朝鮮人に対して然るべき反撃を下す。主権回復を目指す会の理念は言わないことは実行しないが、公言したことは必ず実行する。

主催:主権回復を目指す会 協賛:在日特権を許さない市民の会

※雨天決行 プラカードの持参歓迎

連絡:荒巻(080-3802-0900)

行けない人はこれ↓↓

【外国人参政権反対周知活動 街宣+ポステイング 名城線右回り作戦】

日 時 12月13日(日)10:00〜12:00位

場 所 地下鉄 砂田橋交差点 マックスバリュ(イオン)前

【外国人参政権を推進する大塚耕平議員を我々は絶対に許さない!!】
売国奴「大塚耕平」に国民の怒りをぶつけよう!!

日 時 12月13日(日)14:00〜15:00位

場 所 大塚耕平事務所前

今日のもようは生放送します

顔バレイヤな方は工夫してください。
生放送URLはこちら

2009年12月11日 (金)

いつも在日がどうだこうだと吼える皆さんへ

明日は民団抗議の最終日です。東西の両横綱、ダブル西村様がたも参上されます。

あのー、いつもネットなんかで在日がどうだこうだとお怒りの皆さま。いつもネットで朝鮮人を討伐したと自慢する超嫌韓の皆さま。明日は敵が目の前にいるんですよ。この機会にぜひ怒りをぶつけてください。敵がいないところで吼えてもダメですよ。男らしくいきましょう。

【民団主催「在日韓人歴史資料館開設4周年記念 名古屋特別展」に抗議!】
参政権を求める不逞在日に怒りの声を直接ぶつけよう! 日本の選挙権を要求する反日組織民団を日本から叩きだそう!
日 時 12月12日(土)12:00〜14:00位
場 所 名古屋市博物館正門前


追記
博物館側がだいぶピリピリしています。今日警察を呼ばれました。約1名、事情聴取をうけました。本人から「恥ずかしいから絶対ブログに書かないでください。」とお願いされていますけど。(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

2009年12月10日 (木)

12月前半戦 まとめて告知

今週の日曜日は朝のポスティング後、愛知7区の山尾志桜里事務所への抗議を予定していましたが、金曜日に山尾志桜里議員がウェスティンナゴヤキャッスルホテルで18時からパーティーを予定してるそうですので、そちらの方に変更いたしようと思います。わかりにくいので、今後の予定をまとめて告知いたします。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

【民団主催「在日韓人歴史資料館開設4周年記念 名古屋特別展」に抗議!】
参政権を求める不逞在日に怒りの声を直接ぶつけよう! 日本の選挙権を要求する反日組織民団を日本から叩きだそう!

日 時 12月12日(土)12:00〜14:00位

場 所 名古屋市博物館正門前

行動する保守運動、東西の横綱 ダブル西村が名古屋に参上!!


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

【外国人参政権反対周知活動 街宣+ポステイング 名城線右回り作戦】

日 時 12月13日(日)10:00〜12:00位

場 所 地下鉄 砂田橋交差点 マックスバリュ(イオン)前

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

【外国人参政権を推進する大塚耕平議員を我々は絶対に許さない!!】
売国奴「大塚耕平」に国民の怒りをぶつけよう!!

日 時 12月13日(日)14:00〜15:00位

場 所 大塚耕平事務所前

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

【外国人参政権を推進する山尾志桜里議員を我々は絶対に許さない!!】
売国奴「山尾志桜里」に国民の怒りをぶつけよう!!

日 時 12月18日(金)17:15集合

場 所 ウェスティンナゴヤキャッスルホテル正門前

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

【打ち合わせ会】
横断幕やプラカードなどの武器を作りと、マーケット部隊を編成につき会議を開きたいと思います。マーケット部とは今後バザーやフリーマッケットに出店し、運動費用を捻出する部隊です。

日 時 12月20日(日)10:00集合

場 所 北区生涯学習センター

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

2009年12月 9日 (水)

民団主催の展覧会に対する抗議最終日は西村修平さんもおみえになります

ビックニュースでございます。民団主催の展覧会に対する抗議最終日、12/12は西村修平さんもおみえになります。

名古屋市役所教育委員会文化財保護室への抗議と、民団主催の展示会に対する抗議の1日目、2日目のご報告をいたします。
100casiocimg2594_2

展示会の前日、名古屋市役所へ抗議に行きました。係の方は早川さんという方でしたが、展示会の初日に教育委員会文化財保護室室長の大野さんという方が展示会の初日に我々と一緒に展示会を見て判断するとの約束をしました。

約束した大野さんは女性の方でしたが、来るには来たのですが、「一緒に展示を見ることはできない。」と約束を反古にして帰ってしまわれました。この約束を反古にした件については、現在も抗議を継続中です。

展示内容ですが、民団さんは反日ぶりが足らないと仲間の者も残念がるほどの薄められた内容でした。従軍慰安婦の「従軍」の文字は消え、「慰安婦」との記載がありました。

皆で約2時間をかけて展示内容を見て回りましたが、もっとガンガン反日をしてくれないと、我々の盛り上がりに欠けるではありませんか。この日は、名古屋市博物館の正門前で抗議街宣をしました。

100casiocimg2610 100casiocimg2639 前日の正門前での街宣は民団に抗議の声が届かないということで、民団の特別展のギャラリーの前まで行っての抗議に切り替えました。我々が横断幕を持って行くと、初めは民団もピリピリした雰囲気がありましたが、出てけと言われることもなく、しばらくするとお互いにふんにゃーとしてきて、敵だかなんだかわからない雰囲気になり、現場に溶け込んで眠たくなってしまいました。民団もゆるい集団なんですなぁ。。
帰る際には、民団の受付のおばあちゃんに
「在特会さんですか??」
と聞かれたようです。あはは。

民団も我々も困ったもんです。最終日は西村修平さんに締めてもらうしかありますまい。

13日の予定

おいらんさんは参加しませんが、英霊の声と残りの部隊は愛国倶楽部での行動予定の通

り砂田橋の抗議街宣ポスティングの後山尾事務所にお伺いします。

           by英霊の声

2009年12月 8日 (火)

主権回復関西の中谷さんに殺害予告が出ているそうですね

      声 明 文

<在日朝鮮人の「殺害予告」を糾弾する>

主権回復を目指す会宛に、12月7日着(平野郵便局消印)で「殺害予告」の脅迫文が送付されてきた。以下は全文である。

        「犯行予告」
主権回復を目指す会関西の中谷を1年以内に拉致して殺害する。地下室で日本刀でメッタ切りにして殺す。必ず実行する。
われわれの怒りは頂点に達した。
この責任はわれわれを怒らせた貴様らにある。よって自業自得である。

             東アジア反日武装戦線「雷」

主権回復を目指す会は関西支部を本年10月に設立して以来、とりわけ在日朝鮮人の不当な権利要求と横暴な振る舞いに対して徹底的な糾弾を行ってきた。

竹島を軍事占領する韓国の日本侵略の糾弾、さらには朝鮮学校が50年にもわたって公園を不当に占拠してきた違法行為を糾し、これを府民の手に取り返す等々、在日朝鮮人の横暴を許さない活動を果敢に展開してきた。

今回の「殺害予告」は主権回復を目指す会により数々の不法行為を糾されてきた在日朝鮮人の焦りを象徴した脅迫だが、当会と<『語る』運動から『行動する』運動へ>はこうした脅しには決して屈しない。

我々は「殺害予告」をした不逞な在日朝鮮人に対して然るべき反撃を下す。主権回復を目指す会の理念は言わないことは実行しないが、公言したことは必ず実行する。

平成21年12月8日
主権回復を目指す会代表 西村修平

:;;;:★:;;;:★:;;;:★:;;;:★:;;;:★ 以上、主権回復を目指す会の掲示板より :;;;:★:;;;:★:;;;:★:;;;:★:;;;:

この間、主権回復関西による「朝鮮学校による領土侵略を許すな! 」の動画を、すげ〜ということでこのブログにもアップしましたが、その抗議により、朝鮮人が怒り、殺害予告となったようです。これを受けて、主権回復を目指す会は声明文を出し、13日に(多分大阪で)デモを予定しているようです。

抗議の動画を見る限りにおいて朝鮮人はまともな反論をしていません。反論をすることなく、いきなり殺害予告とくるわけですから、我々はこんな餓鬼道に堕ちた民族を相手にしているのだということを肝に命じなければなりません。ネットや内輪で朝鮮人がどうだこうだと吼えるだけなら、単なる遊びにしか過ぎませんけど、関西の面々はハンパじゃないですね。

この方たちは四方八方敵だらけの状況に自らを投じたわけです。保守派の中にだって後ろから弾を撃ってくる奴がいるのですからね。こんな時にこそ、我々同志が彼らの保護膜となるべく多様な努力をせねばなりません。

本当は13日に、ポスティング後、愛知7区の山尾志桜里事務所へ抗議を予定していましたが、私は関西のデモに参加することにいたします。12日に彼らは名古屋へ来てくださる予定ですので、帰りは私も一緒に関西へ行くことにしようと思います。
お時間のある方は一緒に応援しに行きましょう。

主権回復への脅迫状

しかし東アジア反日武装戦線とは、時代錯誤も甚だしい人間がいるものだ。其れも日本

刀というのが笑える。日本刀は日本人の魂である、其れを極左の腐れが使うなど頭が可

笑しいだろう、こういう脅迫状が来るのも若者や主婦が続々我が陣営に加わって来ている

事の焦りだろう。目には目を我我も臨戦態勢に入るときが来た。

          by英霊の声

2009年12月 7日 (月)

明日市役所へ抗議行かれる方へ

民団の件について明日市役所へ抗議行かれる方は参考になりますので、ぜひご覧下さい。

2009年12月 6日 (日)

動画出来ました

怒りの通りがかりの弁士編

やっぱり関西はすごかった。。。

なんじゃこりゃ。すげー。関西ってやっぱハンパじゃないっすね。こりゃビッツラしました。動画もセンスいいっす。

2009年12月 5日 (土)

どえりゃあ盛り上がったでいかんわ

Photo_2Photo_3本日は雨にもかかわらず16人の方にお集まりいただきました。いつもの周知活動とは違い、マイクを握っての演説にも、参加者のかけ声にも迫力があり、外国人参政権賛成議員に対する怒りの大きさを感じました。

Photo_4Photo_5古川元久事務所前では、我々が活動していると、突然車から飛び降りて来て、事務所に向かって「売国奴ー!!」と叫ぶ方が現れました。???と思って見ていると、「自分は民主党の選挙に協力した者だけど、まさかこんな売国奴だとは思わなかった。」と言われ、演説を勧めると怒りで震えながらの演説をして下さいました。すげー。

休憩後、大塚耕平事務所前にも全員が参加してくれました。最近は弁士が増えて増えてトムちゃんなんかもうマイク離しませんよ。マイクを握るエクスタシーというのは人を変えてしまうものなんですね。

ところで私は今まで晴れ女だったのですが、今日はどういうわけか雨がザーザー降りました。最近の日頃の行ないが悪いのかと反省しています。雨が降ったのは主催者の私の不徳のいたすところです。明日からちょっと精進に務めます。


のぼりの紹介忘れてた。イケメンK君とのぼりの写真です。
Photo_7

2009年12月 4日 (金)

明日は古川事務所前へ。お願いしますm(_ _)m

ガチガチの外国人参政権賛成議員には、ガンガン抗議しましょう。古川元久事務所は今池、大塚耕平事務所は覚王山ですので、古川事務所が終わったら、休憩してから、有志で大塚耕平事務所にも行くつもりです。大塚耕平事務所ですが、覚王山のバリバリ目立つところにありますよ。楽しみですね。

それから、のぼりが出来上がりました。毛筆体に日の丸の赤ののぼりです。まるっと右翼ですが、毛筆体なので生地にこだわり、テトロンでなく綿にしました。カッケーですよ。


【外国人参政権を推進し、国益を損なう国会議員古川元久を我々は絶対に許さない!!】
 売国奴古川元久に国民の怒りをぶつけよう!!
日 時 12月5日(土)13:00〜14:00位
場 所 古川元久事務所前 愛知県名古屋市千種区内山3丁目8-16
ご参加よろしくお願いします!! 

MDについての反論にたいする反論

私は反論に反論するのが三度の飯より好きです(o^-^o)

まず、上の人、に対しての反論です。

>約20年前の湾岸戦争時のPAC-2の戦績は47発のスカッドにPAC-2を158発が発射され、45発のスカッドを破壊 「百回に1回」とは程遠いですね。
ちなみにこの時のPAC-2は通常の地対空ミサイルであり、必要に駆られて急遽プログラムを改良しただけのもの現在のMD用に開発されたPAC-3とは全くの別物で、当然迎撃率はPAC-3の方がずっと高いです。SM-3は実戦経験はありませんが、制御不能の偵察衛星の迎撃に成功しています


どこの情報ですか??あなたはこの分野の専門家ですか??教えてください。
私の反論を申し上げます。
私はあなたに質問しましたけど、私にとってその情報のソースなど本当はどうでもよいのです。
仮にあなたの情報がアメリカの出所がしっかりしたものであったとしても、信じようとは思いません。
あなたは、このニュースを覚えていらっしゃいますか??

【SM3試射でミサイル迎撃成功[2009年10月28日 16:12]
 日本を狙う弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)計画で、防衛省は28日、海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」が海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で標的の模擬ミサイルを撃ち落とす発射試験を米ハワイ沖で行い、迎撃に成功したと発表した。】


標的の模擬ミサイルは何時何分に発射するかわかっているものです。それを迎撃したとしてニュースになるのですから、常識で考えてMDなんてのは、技術崇拝のフェイク話だということ以外に私には答えが出てきません。アメリカのやりそうなことじゃないですか。私はフェイクだという話を聞いた途端、なるほど〜と思いましたよ。


次にシマフクロウさん、

私は民主党について是々非々などではありません。しかし、敵だからと言って「何でも反対」は、旧社会党などを思い出しますし、私には馬鹿げているように思えます。

「何でも反対」というアンチな思想は私は持ち合わせておりません。民主党を少し誉めてもいけないという感情論は嫌いです。私を福島瑞穂と同じにしないでくださいよ〜。

もう1つ。MDは防衛システムです。私は通常兵器がなくて良いなどと言った覚えはありませんよ。防衛するなら核武装でしょう。

2009年12月 3日 (木)

「ミサイル防衛 抑止力損なうは禍根残す」??

産経ニュース
北朝鮮の弾道ミサイルという直接の脅威に対し、日本がどのような抑止力を持つべきかという、安全保障の根幹にかかわる問題を鳩山政権はどう考えているのか。
 24日に開かれた防衛予算に関する閣僚委員会で、北沢俊美防衛相は北の弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の追加配備を主張した。これに対し、岡田克也外相は「PAC3は防衛予算のかなりの部分を占める。有効性について国民に理解される説明が求められる」と慎重な考えを示した。以下省略


たまには民主党もいいことやるじゃあありませんか。何度もブログに書いているんですが、ミサイル防衛なんて金食い虫なだけで、詐欺師アメリカのカモにされているようなもの。やはり産経はアメリカのポチと言われるだけあって、MDを宣伝するだけで核武装のことは書きませんね。なにが「ミサイル防衛 抑止力損なうは禍根残す」だ。そんな抑止力なんて誰も信じてないから、北朝鮮だってバカにしてミサイル撃ってくるんです。

前のブログでも書きましたが、師匠の友人である自衛隊幹部が、「MDなんて気休めです。」と吐いて捨てるように言っていたそうですし、東谷暁氏がこのことについて詳しく解説してくれています。

「『ミサイル防衛の専門家たちは、いったん発射されてしまった長距離ミサイルを破壊する可能性について否定的だ。彼らは迎撃には大きな障害があるという点で一致している。』という報道がアメリカで行なわれている有様である。」

「防衛論の分野では『実は、MDの命中率は、百発に1回といった程度のものだ。』という情報が飛び交っている。」

一番うなずけるのは、「1991年の湾岸戦争で、スカッドミサイルをアメリカのパトリオットミサイルが迎撃、撃墜するという映像が何度も放映されましたが、その映像はいつも同じです。つまり、政治的宣伝のために繰り返し放映しているのです。」

核に対抗できるのは核だけで、核武装すれば経済だって蘇ります。MDの件に関しては民主党を応援しますよ。ガンバレ。

2009年12月 2日 (水)

民団への抗議を大幅に追加変更

ただ今、西村修平さん直々にお電話をいただき、運動の不備の指摘をうけました。名古屋市博物館の民団の行事への抗議について、最終日に抗議しただけではバカにされて終わり。ということらしいです。素人ではなかなか頭が回らなかったですけど、民団への抗議を大幅に追加変更したいと思います。

民団への抗議日程(新)

12月7日(月)15:00 名古屋市役所前集合「抗議文を持って教育委員会文化財保護室へ抗議」

12月8日(火)10:00 名古屋市博物館前「民団に抗議」

12月9日(水)10:00 名古屋市博物館前「民団に抗議」

12月10日(木)10:00 名古屋市博物館前「民団に抗議」

12月11日(金)10:00 名古屋市博物館前「民団に抗議」

12月12日(土)12:00 名古屋市博物館前「民団に抗議」

西村修平さんが横断幕をプレゼントしてくれるそうです。

【注】通りすがりの草莽人さんが民団への抗議隊長に内定しました。暇にまかせてあちこちの保守の揚げ足取りばかりしているから、皆さん怒ってますよ!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ。その粘着体質を敵へ向けていただけるよう検討を重ねた結果、隊長就任とあいなったわけです。隊長の仕事は以下の通り。
1。公衆電話から巻き舌で何回も抗議の電話をし、粘着すること。
2。上記日程で応援者が誰も来ない時でも、横断幕を出して粘着すること。
よろしくお願いします。m(_ _)m

2009年12月 1日 (火)

自民党こそがブ・ナロードとなるべきだ

【異論暴論】正論1月号 谷垣総裁「保守は情熱」
2009.12.1 07:34

「正論」1月号
  
戦う自民へ、わが決意に一点の曇りなし
 二転三転する普天間問題や鳩山由紀夫首相自身の虚偽献金疑惑などにもかかわらず、高支持率を維持する鳩山政権。一方、野党となった自民党への不信は依然として根強く、党再生の道筋はなかなか見えてこない。こうした中、谷垣禎一総裁が正論編集部の単独インタビューに応じ、「保守のあるべき姿」について本心を語った。これまで、どちらかといえばリベラル寄りとみられていた谷垣総裁のイメージを一新するような内容で、党内外の注目を集めそうだ。 正論1月号によれば、谷垣総裁は「保守」について、「愛するがゆえに守りたい、そしてより良いものにしていきたいという、情熱から生じるもの」と強調。自国を断罪した上での変革を目指す革新的発想を明確に否定し、「保守は『肯定』した上での改革を志向する」と述べた。そして、こうした“保守すること”の意義を、天皇陛下ご在位20周年の記念式典で改めて実感したという。
 靖国神社参拝についても、谷垣総裁は消極的とみられていたが、インタビューでは「一番考えなければならないのは、陛下にお参りしていただくため、静謐(せいひつ)な環境を取り戻すにはどうしたらいいか-ということ」とし、自然な気持ちで参拝できる環境づくりの必要性を訴えた。半面、民主党が求める国立追悼施設の建設には反対する姿勢を見せた。
 このほか、外国人参政権や夫婦別姓についても、「党内に賛否両論がある」としつつ自身は反対の立場を表明。自民党を保守政党として再生し、鳩山政権と対決する意志を熱く語っている。(川瀬弘至)


自民党が良い方向へ向かい始めた。自民党が真正保守政党として再生し一致団結すれば、日本はまだまだ大丈夫である。だが、私はまだまだ信用していない。谷垣総裁がちょこっと保守的言辞をしただけで拍手喝采するほどバカではない。

マスコミは自民党が保守になればなるほど、無視し叩くはずだから、西部師匠の言う通り、4年の歳月をかけて全国行脚の演説に突き進め。吹けば飛ぶような世論なんかに迎合せず理念や政策を訴えて訴えて訴えまくれ。必ず国民はわかってくれる。自民党こそがブ・ナロードとなるべきだ。
自民党の真正保守政党としての再生こそが、保守陣営の大同団結への足がかりとなるだろう。

とはいってもまだ私は自民党を信用していない。これに変わりはないから今まで通りやって行くつもりだ。

まだまだ眠たい谷垣演説↓↓↓↓

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »