最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 保守民族運動の再興2 | トップページ | ドロンパVS水島社長 »

2009年9月 7日 (月)

保守民族運動の再興3

保守民族派運動の再興の為には、各政治運動体の協調も欠かせないだろう、私が在特

会を政治運動と書くと、いやあれは市民運動だの国民運動だの如何でもいい事でいちゃ

もんをつける輩がいるが、正しくこの姑息さこそ保守民族派の一番の問題点だろう。確か

に在特会は市民運動団体であるが、各加盟する人間は政治運動だと思いデモに参加し

ている、特攻服は着ていなくても、心は特攻隊の気持ちで参加している、其れくらい日本

の国を思い、愛する人のために闘っている。だからこそ在特会は伸びている、其の先駆

的役割は称賛する事はあっても非難することは間違いだろう。私は国家社会主義者とし

て在特会よりは外山恒一ファシスト党の方が好みだけれど、しかし在特会を高く評価した

い、其の大衆性と独創性は正しく桜井誠氏の力による、強力な指導者がいれば保守民族

派も橋頭堡を築けることを確信した、愛国倶楽部@名古屋も強力な指導者がいる、美人

である事が難点だが仕方が無い。しかし強力な指導者の下でしか強力な組織は出来な

い、在特会の発展を祈る。    by英霊の声

« 保守民族運動の再興2 | トップページ | ドロンパVS水島社長 »

コメント

≫愛国倶楽部@名古屋も強力な指導者がいる、美人である事が難点だが仕方が無い。

不細工で強力な女性の指導者であればあなたはどうしますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/31276158

この記事へのトラックバック一覧です: 保守民族運動の再興3:

« 保守民族運動の再興2 | トップページ | ドロンパVS水島社長 »