最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 女性女性とウルサいです | トップページ | 女性から選挙権を剥奪した方がいいというのは正論である »

2009年9月14日 (月)

今度の日曜日に迫りました

今度の日曜日は9月20日。在特会デモの日である。民主党政権になった今、我々に残された時間はもうない。勉強会を否定はするつもりないが、勉強会を開いて勉強した分、友人を説得するとか、デモに参加するとか、行動にうつすべきである。

新しい人をその都度誘って勉強会を開くのは意味があるが、いつも同じメンバーの保守同士で勉強会ばかりして慰めあったり、偉い人の講演を聞いて満足するのはもうやめてほしい。

手前味噌で申し訳ないが、私は妹、友人、元バイト、息子をこの運動の戦力にした。(その息子は今度のデモに2名連れてくる)戦力にならなくとも感化した人間は多数いる。自分の身の回りの人間を感化出来ずして何故大衆に訴えられるというのだ?? 

外国人参政権が危険なことは保守系の人間なら誰でも知っている。ではその危険性を大衆にアピールするべきである。


【詳細】
�集会(桜井誠・米田隆司・西村修平)
『民主党のこれまで、日本のこれから』
�外国人参政権断固反対!名古屋デモ

【日時】
�平成21年9月20日(日)10:00〜12:00
9:30開場 10:00開演 12:00閉幕
�平成21年9月20日(日)15:15〜16:30
14:30集合 15:15デモ出発 16:30デモ解散

【場所】
�昭和生涯学習センター3F 視聴覚室
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/shisetsu/gakkou/shougai/shougai/nagoya00008850.html
�栄公園(芸術文化センターの東側)
名鉄瀬戸線 栄町駅下車直ぐ
地下鉄 栄駅下車直ぐ

【デモコース】
栄公園 → 大津通 → 若宮広場 → 久屋大通西側 → 錦通り → 栄公園

【その他】
雨天決行
特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください
日章旗、プラカード持参大歓迎
当日は撮影が入りますので、顔を写されたくない方はサングラスなどをご持参ください

【生中継】
ニコニコ生放送にて �10:00〜 �14:30〜 中継予定
� http://live.nicovideo.jp/gate/lv4050986
� http://live.nicovideo.jp/gate/lv4051095
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【主な参加弁士】
桜井誠(在特会会長)
米田隆司(在特会広報局長)
佐倉一二三(在特会名古屋支部長)
川東大了(在特会関西支部長)
西村斉(在特会関西支部会計)
西村修平(主権回復を目指す会代表)
ほか

【主催】
在日特権を許さない市民の会 名古屋支部/関西支部

【問い合わせ】
在特会名古屋支部問い合わせメール
zaitokuhantai5@gmail.com

【懇親会】
時間/デモ終了後、17:00より
場所/「素材屋 栄店」
申し込み:aikokukurabu@gmail.com

<名古屋支部から>
いよいよ民主党政権が目前となり、外国人参政権成立も秒読み段階に入りました。
しかしほとんどの国民はこの悪法の存在や危険性を知らない。
少しでも多くの方に周知するべく名古屋で2回目のデモ行進を行おうと思います。
是非ご参加下さい。

« 女性女性とウルサいです | トップページ | 女性から選挙権を剥奪した方がいいというのは正論である »

コメント

いえいえ、必要です。初めての参加です。デモなんても初めて。まさか私が参加するなんて考えてもいませんでしたよ。デモの前に皆さんと少し話がしたいです。方法も分からない。何を言えばいいの?参加したくない人、必要のない人は、来ないと思います~~~

初めてのご参加ありがとうございます。2時半集合ですが、スタッフは二時には集合してると思いますし、午前中には集会もあります。
そこでお話しいただけると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/31373800

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の日曜日に迫りました:

« 女性女性とウルサいです | トップページ | 女性から選挙権を剥奪した方がいいというのは正論である »