最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« あっぱれ河村市長激励街宣のご報告 | トップページ | 保守派への提言 »

2009年9月24日 (木)

民族派と保守派

保守運動の中核部分は民族派が担うべきであると考えます、保守派は体制内でしか存在

できませんし、保守派は保守派で担うべき運動もあります、日本では天皇陛下の御存在

ゆえに、保守、民族派運動と言うように両者が曖昧に入り混じっています。峻烈に区分け

れば保守運動は国家の変革運動としての位置に立ってはいません。しかし 日本ではあ

る地点までは共闘できるし、現に共闘しています。何度もいいますが、民族派が主体的に

闘わなければ、国家革新運動は進みません。ポッダム体制への後退的路線を取る自民

党が、果たして保守政党として生き残れるのかポッダム政党として崩れていくのか、何処

かで保守派は決断しなければならないだろう。

       BY英霊の声

« あっぱれ河村市長激励街宣のご報告 | トップページ | 保守派への提言 »

コメント

保守運動の中核部分は民族派が担うべきであると考えます>おお、私もこの事が言いたかったんです。
それと、私も9月20日の名古屋デモ、参加させていただきましたが、ブログ主さんはウグイス嬢を?残念ですね、ご挨拶させていただきたかったです。河村市長には私のほうも電話で市役所に激励の電話をしました。

お!!そうでしたか。ありがとうございます。

愛国者にはぜひ、一人でも多くお目にかかりお話がしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174965/31505963

この記事へのトラックバック一覧です: 民族派と保守派:

« あっぱれ河村市長激励街宣のご報告 | トップページ | 保守派への提言 »