最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

「時局大演説会」警備について

7月19日の時局大演説会ですが、弁士が桜井誠さんということもあって、左翼からの妨害が予想されます。名古屋のデモ、先日の京都のデモもそうでした。警察の方にも連絡済ですが、万全を期すために警備席を設けますので、当日お越しになる方で元気のいい男性の方は、警備席の方にお座りいただけるとありがたく思います。

7月18日 プレイベント

19日の時局大演説会に先立ちまして18日にプレイベントが行われます。皆さまどうぞご参加下さい。328

【日時】
平成21年7月18日(土) 13:00開場 13:30開始 15:30終了予定

【場所】
名古屋市南生涯学習センター第2集会室(定員36名)
最寄駅 JR笠寺駅

【会場費】
500円(学生無料)

【生中継】
13:30よりニコニコ生放送にて中継予定
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【参加方法】
在特会会員・非会員を問わずどなたでも参加いただけます。
事前申し込みは必要ありません。

開示請求について

開示請求するには疎明をしなければいけません。疎明には大量の資料を必要とします。19日過ぎるまでは資料作りができそうにありません。開示請求をすれば、開示請求→仮処分の申し立て→特定という順序で
2週間以内でほぼ100%特定可能だそうです。

今回の数々の嫌がらせコメントは、少なくとも3、4人のメンバーで遊びがエスカレートしたものだと思っています。私は、人が謝っているのにガタガタ言う人間ではありません。謝ってさえいただければ、それで全て終わりです。ただ名前と理由は聞こうと思います。仲間内だと思いますし、本当は波風を立てるようなことはしたくはありません。私の電話番号を記載しておきます。090-6463-9938 この電話も19日で切ります。19日は忙しいので18日までにお願いします。

宮崎正弘先生メルマガより転載

 北朝鮮の核保有は生き残り戦略の手段化
  オバマ政権の「無視」スタイルと北京の積極関与への転換と
************************************
***

 「北朝鮮をめぐって新しい情勢の変化がある。主として日米中韓の外交スタン
スの変化より、北朝鮮内部の変化による。また北京にも新思考が生まれ、国連も
北朝鮮に新しい考え方となり、したがって今後、五カ国の対応が重要になるだろ
う」

 北朝鮮専門家のシーラ・スミス女史が講演を始めた(6月29日、アメリカンセン
ター)。
 シーラ・スミス女史は米外交問題評議会(CFR)の日本担当上級フェロー。
前ボストン大学教授。コロンビア大学で博士号。
 以下は女史の講演要旨。

 世界が直面しているのは危機管理。言うまでもなく北朝鮮の核をどうするか、
だ。
 いまや地域的難題ではなくグローバルな問題、国連でもトップの問題となった

 このままでは韓国も核武装にすすむ可能性があり、日本とともに米国の核の傘
で安心できるシステムを確立しなければなるまい。そうして転換点にあってオバ
マ政権は新しい幕開けと見ている。

 これまでの経緯を見ると2004年に在韓米軍は南へ移動して軍の指揮系統主導は
韓国軍に移った。クリントンの八年間、北は核開発を凍結した。その後のブッシ
ュ・ドクトリンを、米国は依然有効と考えており、また北は核を小型化しミサイ
ルに搭載する技術を持っていないと認識している。
だが開発プログラムの目的が明確ではない。
 
北朝鮮の政権内部で後継者問題が急浮上し、核保有の野望とともに危機も継続さ
れる。核保有の野望は放棄されない。もし放棄するとすれば、北は膨大な代替保
障を求めるだろう。

 国連決議は前の1718と比較しても、今回の1874は厳しい内容をともな
っている。
 そして米国は国務長官クラスの交渉が今後必要になろうと判断している。
 つまり米国が懸念するのは北朝鮮の崩壊。それはありうることであり、米国は
北朝鮮の政権転覆を求めてはいないけれども、転覆が起こりうると考えている。
だからワシントンー東京―北京―ソウルの密接な連絡が必要となり、中国が軸足
を(日米よりに)移してきたのだ。
 北朝鮮は後継者問題もからみ、おりからのイラン問題が重なって、北は「イラ
ン要素」を考慮に入れて行動するだろう。


 ▲北朝鮮の動きを「無視」する外交スタイルのオバマ政権だが。。。
 
 シーラ・スミス女史の講演のあと、司会の小此木政夫・慶応大学教授が以下の
コメントをした。

 「北は必ず何かを仕掛けてくる。あるいは挑発してくるだろう。それに対応し
て米国がどう動くのか興味がある。
いまの米国は「ネグレクト政策」をとっていると見ている。あるいは「放置」と
置き換えても良いが、北のエスカーレートとネゴシエーションという挑戦に対し
、オバマ政権は無視する政策を展開してきた。しかし、これは一時的なのか、あ
るいは新しいオバマ外交のスタイルなのか」。

 米国の「無視」 vs 北の「挑発」という関係図式が描ける。
 小此木教授が続けた。
 「ともかく北朝鮮の核保有の目的とは(1)抑止力(2)外交力を高めること
になり、ここに(3)後継問題が絡み始めた。
NSAの『世界脅威報告』に拠れば、核兵器は外交の手段」と認識されており、
外交上、核保有は安全を担保できるうえ、巨大な見返りがとれる。冷戦崩壊後、
ソ連・東欧諸国は社会主義をやめ、中国も市場原理に走り、しかしながら北はど
ちらも選択しなかった。とどのつまり北にとって核とミサイルが生き残りの手段
化したのだ。体制維持と核と外交が密接に繋がっているのである」

 引き続きの討論会に筆者は時間の関係で中途退席した。
    ◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
◎ブックレビュー◎●BOOK REVIEW◎●書評◎●ブックレビュー◎●
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
  ♪
佐藤秀明『三島由紀夫の文学』(試論社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 執念籠めて練り上げられた三島文学論の決定版
    あり得ない現実が詩であるなら三島は文学を愛し、かつ憎んだ

  △
 読書の方法にも様々な遣り方がある。
 二度も三度も読む。行間を読む。書き写す。暗記するほど読む。キィワードだ
けの拾い読み。速読等々。
 しかし、この著者にとって三島の小説の読み方は「精読」を越えたレベル。精
密な調査目的、比較研究、文章心理学というよりも、DNA鑑定のような、或いは血
液検査のように、そうそう平塚八兵衛の捜査のように靴をすり減らして歩くがご
とく、幾重にも厳重な読み方をしているのである。
 裏からも読み、斜めからも読むと比喩してみたいほどだ。いやはや。本書を読
むほうも疲れる。だが、楽しい疲れを覚える。

 三島文学研究の第一人者である佐藤秀明教授は、われわれに替わって、しかも
どんな三島ファンの蘊蓄をも越えて精密に創作ノートと未発表の処女作やメモに
あたった。全集におさめられた大学ノートの「取材ノート」はホンの一部である

それらを精密に比較検証して、執筆時点での三島の心理までを想定し、創作ノー
トとの乖離を探り出し、客観的なうえに重層的な考察を試みた。はたまた多くの
謎の真相を抉る作業が進められた。これらに費やされたであろう夥しい時間を推
定すると、その研究への凄まじき執念がうかがえる。

 嘗て三島のあらゆる文章を、全集で確定するに際して、田中美代子氏は雑誌発
表時、初版、再版以後、そして文庫にそれぞれあたり、初出以後の書き換えまで
精密にトレースされた。凄い作業だった。
 なぜなら作家はふつう、文庫収録に当たっては必ず読み直し、若干の字句の訂
正をおこなったりするからである。

 ところが、山中湖の三島文学館に遺族から寄贈された膨大なノート、メモ、日
記を歳月をかけて、ひとつひとつミステリーのように謎を解きつつ、続けられて
きた佐藤教授らの気の遠くなる作業の成果は、従来の三島文学の研究成果を劇的
に高め、もっと深めた。
 さきに井上隆史氏の研究の成果により、わたし達は三島の処女作が従来の説と
は異なり、少年時代の夥しい詩作の存在も知った。榊山保のペンネームで書かれ
た切腹小説も三島が書いたと断定された。三年つきあった愛人の実名も知った。
 こんどの佐藤教授の作品は、おなじ研究仲間として、その井上説をふまえてい
る部分も多いが、精密読書の研究成果はほかにも色々と現れた。
 

 ▲聖セバスチャンの絵画は二枚あった

 さて本論に入る。
 すくなくとも評者(宮崎)が佐藤教授の研究を通じてはじめて知った事実がい
くつもある。
第一は『仮面の告白』にでてくる聖セバスチャンの絵画だが、じつは二枚存在し
、それらは弓矢の位置が違う。えっ、そんなことがあったのかと驚かされた。細
江英公のモデルになった薔薇刑は、どちらをモデルとしたか?

第二は、『潮騒』の創作ノートまで、つまりそれ以前の作品の取材に風景描写が
すくなく、構想の下書きが主であったこと。観念を越えた取材ノートが躍動しは
じめた『潮騒』はやがて商業的にも成功したが、それでも「海の匂いがしない」
という酷評があったこと。
 伊藤整がなぜか先輩ぶって三島をかなり軽く評価している事実も、この本の行
間から読めた。

 第三は『宴のあと』のモデル事件の後始末のことだ。この都知事選挙と料亭の
おかみの艶聞をめぐって、三島が訴えられた裁判も、有田八郎がモデル化されて
『宴のあと』が完成したわけだが、閨(ねや)のことを書かれたとして、「プラ
イバシー裁判」となったことはよく知られる。
 ところがノートなどから三島は有田にも取材しており、モデルの了解をえてい
たこと。閨のことまで詳しく知り得たのは、じつは有田の参謀の小森を通じてで
あっとこと、これらは裁判では表沙汰にならなかった。

 第四に『奔馬』で飯沼勲が暗殺する、腐敗した財閥・蔵原武人のモデルを池田
成彬とする説が定着していたが、佐藤教授は井上準之介の可能性についても言及
している。「三島が井上を意識して蔵原を造形したのではないかと思わせる」フ
シが、あの時代を振り返ると多いとの指摘も頷ける。

 それにしても最後の遺作となった全四巻の『豊饒の海』に関して、三島の最初
の構想から、実際の執筆段階での巨大な変容のプロセスを追う作業は圧巻である

当初から輪廻転生は半信半疑であったのか、途中から輪廻転生が疑わしいストー
リィ運びに変えたのか、最終巻で安永透という輪廻転生の「偽物」の登場はいつ
どこで、想定されていたのか等々、興味津々。


▲『海に行っても海がない』のが三島文学

佐藤は創作ノートと実作との乖離にその謎を求め、とくに最初の構想ではなかっ
た印度ベナレスへの旅行が、輪廻転生のプロットつくりの原案と実際の原稿との
あいだに巨大な影を落とした事実を突き止める。

 そして佐藤は言うのである。
 「三島由紀夫の文学は現実の許容しない詩」だが、それは「たとえ海に行って
も海がない」ように、三島は強くたくましく「文学を愛しながら文学を憎んでさ
えいた」と大胆に言う。

 その結語に至る佐藤の論考は「詩」である。
 「『天人五衰』には、自分を絶世の美女だと思いこんだ醜い狂人絹江が登場す
る。絹江には『醜い』という現実は存在しないから、彼女は<詩>を生き続ける
。そういう絹江の<現実>は、誰の保証も必要としないが、毀すことのできるた
だひとりの透は、彼女を美しい女として恭しく扱い、(透が自ら)失明すること
で絹江の一部になってしまう。こうして絹江の<詩>はしたたかに生き延びる。
(中略)<現実が許容しない詩>が<現実>であるという堅固な一元性しかない


 これと酷似した比喩を三島は『春の雪』で月修寺の門跡が語った法話として挿
入させていたと佐藤は指摘する。
それは次の箇所である。

 「名山高岳に仏道をたずねて歩くうち、たまたま日が暮れて、塚のあいだに野
宿した。夜中に目を覚ましたところ、ひどく咽喉が渇いていたので、手をさしの
べて、傍らの穴のなかの水を掬(むす)んで飲んだ。こんなに清らかで、冷たく
て、甘い水はなかった。又寝込んで、朝になって目が覚めたとき、あけぼのの光
りが夜中に飲んだ水の在所を照らし出した。それは思いがけなくも、髑髏の中に
溜まった水だったので、元暁(僧の名前)は嘔気を催して吐(もど)してしまっ
た」

 この場面を解説して佐藤は言う。

 「元暁は清水という<現実が許容しない詩>を生きたのだが、髑髏の中の水と
いう現実の前に、<詩>はあえなく潰える。本多の興味は『悟ったあとの元暁が
、ふたたび同じ水を、心から清く美味しく飲むことが出来たろうか』という点に
拡がる。これを美味しく飲めば、現実を知りつつ、<現実が許容しない詩>を生
きることになる」
 『美しい星』の暁子も、『天人五衰』の絹江も<詩>を生きた。
 そして「それもこころごころですさかい」と最後の場面で門跡は松枝清顕の存
在さえを否定する。

 かくて佐藤秀明氏はこう書くのだ。
 「三島由紀夫の小説は、<詩>への批評から始まった。三島は少年時代の詩を
否定し、しかし<詩>は生き延び、背理である<詩>こそが現実であるという小
説も書かれ、『豊饒の海』に至った」
                          
          (佐藤秀明『三島由紀夫の文学』は試論社刊、4500円

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
●◎ ◎ ● ◎ ● ◎ ● ◎ ◎ ● ◎ ● ◎ ●
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~
 ♪
(読者の声1)前号の貴論「オバマ大統領は世界情勢に無知と思ってきましたが
、周囲のブレーンが良いので、大がかりな外交的仕掛けを考え始めたフシが方方
にあります」。
このコメントを拝読して、先日の講演会が思い出されました。
「今なぜ渋沢栄一が注目されるのか」という演題で、「渋沢栄一記念財団研究部
」の木村昌人氏の講演ですが、その中で、渋沢とオバマの共通点を挙げて、
1理想を掲げ、それに向って邁進
2歴史への憧憬(オバマは建国以来のアメリカの歴史をよく勉強している)
3確固たる哲学を持っている
4リーダーシップを持っている(アメリカの選挙は前哨戦が一年もあるが、その間
にオバマ陣営から不協和音が聞こえてこなかった)
5ライバルを重要ポストにつける度量
余談、渋沢のライバルは、岩崎弥太郎だったが、その後の代になって姻戚関係が
出来た。
6演説が得意(説得するまで何時間でも演説し続ける)
7他人の向上心を上手く引き出す(人使いが上手?)
8粘り強さ、(渋沢に関して言えば、これが国家にとって必要と思えば何年でもそ
の企業を応援し続ける)
 アメリカの凄さは、この40歳そこそこの青年に国を任せるという度量の広さ
、、と講師は仰いました。
    (TF子、小平)


(宮崎正弘のコメント)オバマ信者のドグマ化かも知れませんが、冒頭に紹介し
た対北朝鮮外交に関しても、なかなかしたたかな側面が出てきましたね。
  ●

28日NHKデモ

28日のNHKデモは多くの方に参加いただき有難うございました。愛知県の人達に少しでも、今の日本の置かれた状況を知ってもらう事が如何に大切であるか痛感しました。ある人からマスコミ対策も大事であるのに、貴方達は其れをしないからいけないといわれました、真に反省しています。ある元共産主義者のブログに、新左翼党派は破産したのに、右側は今其の後追いをしていると揶揄していますが、前においらんさんが言ったように、我々は主義だけで行動しているわけではないと言う事を、戦後民主主義に毒された人間には決して理解されないだろうと思い、日本人の魂が失われた人達に行動で示すほかない事を実感しました。主義は日本及び外国に対する説明の手段に過ぎない、情念と主義の融合こそ日本人の真の姿であると言う事です。私は国家社会主義者ですが私の心は日の丸です。 by英霊の声

2009年6月29日 (月)

人の妨害ではなく、自分の信じた運動をやりなさい

私が運動を始めてから1年半経つ。私は自分の信じる運動をやって来たし、これからもそうするつもりである。

ところで、私は心臓の鼓動が人の1.5倍〜2倍ほど速い。この原因はバセドーという病気である。この病気になって10年程経つが治療する気はない。以前テレビかなにかで、心臓の心拍回数による寿命の考え方を解説していたことがある。人の心臓が一生のうちに打つ鼓動の数は約15億回だそうで、自分の寿命を計算したことがある。そしたらあと、10年もなかったことを覚えている。

10年ないというのは言い過ぎにしても、(長生きはしたくもないが)長生きすることはないだろうと予感している。

私は日本の夜明けを、この眼で見ることはないだろう。だけど、この思いを次世代の何人かに伝えることは可能である。もう間近に迫った時局大演説会は、雲を掴むような話ではあるけれど、青年に日本の現状を伝え、立ち上がってもらいたいと考えた末、ポコッと生み出された、苦肉の企画である。

この企画は同じ保守仲間からの反発や妨害が多い。しかも私、女一人に、男が10名以上も、かかって来ている。情けない。
何故、私の一挙一動が気になるのかはしらないけれど、私なんかを気にしてないで、自分の信じた運動を思いっきりやればいいのに。

しかし、とにもかくにも、今度の時局大演説会には、どこの団体にも組織されない青年が、何百人も来てくれる。嬉しいことである。楽しく有意義な演説会にしたいと思っている。


2009年6月28日 (日)

NHK抗議デモ

今日NHKの三回目のデモが有ります、皆さんの参加をお願いします。祖国日本は今非常事態を迎えています、売国勢力が外国勢力と手を組み日本の国益を売り渡そうとしています。其の最たるものがNHKです、福地会長は中共の手先であり日共に擁護される売国奴です。売国奴を速やかに排除しなくてはならない。by英霊の声

2009年6月26日 (金)

宮崎正弘先生メルマガから転載

 NHKの偏向に集団訴訟(朝日新聞も報道 ↑)
 「日台戦争」も「人間動物園」も偏向していないとシラをきるNHKに国民の
怒り
************************************
****
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
 ♪
『月刊日本』七月号 巻頭コラム「羅針盤」から再録

新聞が世界から消える日
@@@@@@@@@@@
                  

 ▲老舗新聞が軒並み経営危機に陥る

 ボストングローブの創設は1872年という老舗。廃刊の危機に直面している

 母体のNYタイムズが経営危機に喘ぐからだ。主因はネット時代に乗り遅れた
こと。いまひとつは広告収入の激減である。
 インターネットの迅速性、双方向性、広範囲で深い情報に、新聞テレビの印象
広告では適わない。広告が目に飛び込んでくるのではなく、買いたいものを検索
し、問い合わせ、ユーザーのコメントを読むことができる。

 米国の政治家とて、議会決議をまえにNYタイムズやワシントンポストの社説
を読んでから投票態度を決めた。そうしたニュースの一方交通がネット時代には
無効になりつつある。新聞が要らない時代になったからだ。
 議会に危機感が飛び火した。
 5月6日に米連邦議会上院「通信・技術・ネット小委員会」(ジョン・ケリー
委員長)が開催された。

 冒頭でジョン・ロックフェラー上院議員が「幾世紀にもわたって新聞ジャーナ
リズムが民主主義の枕となり、政府・企業・個人の行き過ぎへの番犬役をなし、
真実を追究してきた。しかるに不況とともにビジネス・モデルが変革期にさしか
かり、部数は7%激減し、およそ4万1000名がマスコミ界の職を失った。こ
れはゆゆしき問題」と演説した。
 これを受け「新聞再活性化法」を上程したのはベンジャミン・カーデン議員(
民主、メリーランド州)だ。

 カーデン法案は、「政府介入によるジャーナリズム産業の救済ではなく、これ
までの教育、病院、学校の存続に政府が介入したように、利益を追求しない分野
を救済するために購読営業、広告などを免税措置とし、将来のジャーナリズムの
ビジネス・モデルが生まれる移行期を乗り切らせる必要がある」という内容であ
る。
 自由主義、市場原理にあれほど口五月蠅い議会が、味方のマスコミが消え去る
危機を目撃し、リベラル・ジャーナリズムのビジネスモデルの崩壊を前に巧妙に
救済に乗り出したことになる。


 ▲GMを救済したように

 GM救済のために税金を投下し、オバマ政権は巨大メーカーを一時的に国有化
したように、同じく左翼の大新聞を助けよう、というわけだ。
 いずれも法案推進議員が民主党、リベラル派議員が中心にあることに留意した
い。
 テレビも展望が暗い。嘗て「三大テレビ」と言われたのはABC,NBC,C
BSだ。
 90年代に世界を席巻したCNNは二十四時間のニュース局、FOXテレビは
映画、スポーツを抑え、これら新興局の登場により、三大テレビは衰退の一途と
なった。
 三大テレビの視聴率は30%減少した。
 
全盛を迎えるまでラジオは慈善団体や、利益を追求しない機関で運営された。
 嘗てデパートには新製品や憩いの場として買い物客が押し寄せた。ショッピン
グ・モールや専門店、ブティックの登場により、デパートは衰退傾向となった(
日本でも池袋三越などの閉店が目立つ)。

 1994年にラジオを聴く人は47%あった。それが35%に減った(英誌『
エコノミスト』、09年5月16日号)。過去十年間に新聞を読む人は58%か
ら34%に激減した。とくに18歳から24歳の若者世代では新聞を読まないば
かりか、ニュースを見ない人が25%から34%に激増していた(PERリサー
チセンター調べ)。
 日本でも学生の三分の一以上は新聞を購読していない。新聞はこれまで攻撃し
批判した政治家からも明日の運命を心配されている。

「新聞は『危機に晒された種』だ」と前述の上院情報メディア小委員会でジョン
・ケリー上院議員が言った。明らかにダーウィン『種の起源』に引っかけている

 NYタイムズは本社ビルを売り飛ばし、メキシコの高利貸しから借り入れ、そ
れでもザルツバーガー家はオーナーを死守するが、山師デーブ・ジェフェンが出
資を狙う。NYタイムズ傘下の『ボストン・グローブ』は冒頭に紹介したように
廃刊の危機を逃れて延命中たが、危機は去ったわけではない。


▲左翼新聞を救済せよ、と左翼議員らが叫ぶ

 新聞を救えと動き始めた議員らは民主党が主で、換言するとリベラル左翼のメ
ディアを救えと同義語である。GM救援に反対したように共和党は自由競争の原
則から、こういう法案には反対である。
 イギリスではすでに70の新聞が廃刊し、名門『インデペンデント』紙と『ロ
ンドン・イブニング・スタンダード』は外国投資家に買い手を求めている。
 フランスは早々と政府支援を決め、事実上の補助金を出した。すでに欧米では
地方自治体がネットでニュースレターを刊行し、独自に広告を就けている。

 だが、そのネットとて右肩上がりの成長は終わった。
 04年から07年までネット広告は15%から32%に上昇したが、08年か
ら下降傾向がみられるようになり、個々の記事が有料でも閲覧される傾向が顕著
となった。
「新聞社やテレビが何時までも『情報の総合デパート』であり続ける必要はない
」(前掲『エコノミスト』誌)。

 ひとつの新聞が天気予報からクロスワード・パズルから漫画を連載する意味は
希薄となり、ブティック、情報の専門店が求められている。だからネットでもヤ
フーやグーグルは情報のデパートだが、左翼専門ブログのサイト(huffin
gton postなど)や保守派のブログ集大成サイトの「FOX NATI
ON」に急な人気が集まるのだ(後者はネット空間における米国版『諸君!』の
ような存在になりつつある)。

 そしてネットとユーチューブで国民に訴え、ネットで集金して大統領に当選し
たオバマは、5月24日の記者会見で既存の有力紙からの質問を一切受け付けな
かった。麻生首相が朝日、読売、毎日記者の質問を遮り、名もなきネットメディ
ア記者の質問に応じたと想像すればいい。
 オバマ大統領は真の世論がどこにあるかを知っている。

 ♪
(後記)通信販売がとうとうデパート、コンビニの販売額を抜いた。
昨年度ネットの売り上げは8兆円。ことしの予測は8兆5000億円(野村総研推
計)。過去八年間でネット上での販売は20倍に飛躍した。書籍はネット通販で全
体の一割、書店がつぎつぎと廃業しているのも当然の現象だろう。

 同様に『ネット世論』のパワーが20倍になったのである。
 冒頭NHKは、自らの歴史改竄を認めず、逃げ切る態勢だったが、ついに国民の怒
りがネットの力を通じて爆発し、8400名の集団訴訟となった。世論が新聞、テレ
ビからネットに移行している現実を象徴しているのではないのか。
    △
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~
  ♪
(読者の声1) 貴誌2628号 (ST生、神奈川)様投稿からの引用です。
「ところで、[国名が日本ですから、「日(太陽)の本(源)」、当時の世界的
中心の支那から見て「太陽の昇る東にある国」という意味です]とありますが、
何故「本」が「東にある」という意味になるのか私には全くわかりません。これ
を理解するには、よほど飛躍的な直感が必要なのでしょう。しかし日本とは不思
議な国号です。どうやってつけたのか判りません。一応7世紀末にできた飛鳥浄
御原律令の中で使われたのが最初と言われていますが、使われだした経緯、由来
がわかっていません。今後の研究成果がまたれます」(引用止め)。

私が仲間達と研究しておりますある古文献の次の一節をご紹介したいと思います

学者ではありませんので間違いがあればお許しいただきたいのですが解明の手が
かりになれば何よりです。
「昔この国常立の八降り子木草をツトのホツマ国東はるかに波高く立ち昇る陽の
日高見や ヤマト国マトの教えは昇る日の本なる故に日の本や然れどヤマトな捨
てそよ トの教え永く治まる宝なり天の日嗣を受くる日の三つの宝のその一つ天
成る典(ふみ)の道奥(みちのく)ぞ是」ある文献とは世の学者から偽書である
と烙印を押されているホツマツタエ(秀真伝)のことで、ご紹介した文章は日本
古代文字オシテで書かれた原文の漢字かな混じり訳文です。
ホツマツタエの序文には皇紀786年(西暦126年)に奈良県大神神社の祖、
三輪氏がそれまでの日本の歴史をまとめ時の景行天皇に献上すると書かれ、以下1
万行にわたりこの様な長歌形式で日本の皇室の由来や国の成り立ち、縄文から弥
生への移行期の日本語や日本文化の成り立ちなどの歴史が驚くほどの精密な符合
性をもって記録されています。
これまで日本の歴史学会では日本の古代を解明する手がかりとしては平安時代藤
原氏が編集させた古事記日本書紀と、それ以前に中国人が書いた魏志倭人伝以外
は一切認めないこと、また漢字渡来以前には日本には文字が存在しなかったとい
う立場を頑なに守り続けています。
しかしそれでは縄文以来1万年という世界最古の日本文明の真実を解明するには
あまりにも硬直的で非常識と言わざるを得ません。
先日、福岡の方も古事記を読むことで日本人が立ち直るといった意味の投稿をさ
れておられました。
その古事記や日本書紀に「ある文に曰く」「一書に曰く」と、編纂のもとになっ
た文献の存在が仄めかされているのはまさにこのホツマツタエではないかと思わ
れてなりません。
一人でも多くの方がこのことに関心をもたれ、記紀との仔細な3書照合比較によっ
て輝かしい日本の国の肇まりが明らかにされることは、戦後バラバラにされた国
民の意識が一つにまとまり、真の日本復活のために緊急を要すると信じています

   (岩手の頑固爺)


(宮崎正弘のコメント)思い出す詩歌があります。
 『ヤマトはくにのまほろば たたなずく 青垣山こもれる大和しうるわし』



  ♪
(読者の声2)イラン大統領選挙。不正選挙で「当選」したアフマディネジャッ
ドが米国の陰謀を批判する折も折ですが、米国は駐シリア大使の復帰を発表。シ
リアとイランとの同盟関係にくさびを打ち込もうというのでしょうか。
アサドもアフマディネジャッドに依存するのはリスクがあると考えて我が身を守
りたいのでしょう。そういうところを見ると米国外交も巧妙に見えるのですが偶
然のタイミングだったり。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090625/amr0906250827001-n1.htm
 (DoraQ)


(宮崎正弘のコメント)テヘラン特派員の経験がある高山正之氏と昨晩会ったの
ですが、イランの問題への見通しは、ムサビ政権の可能性がまだ少なからずある
、とのことでした。



  ♪
(読者の声3)通巻第2635号でのYU生様のコメントへの貴見。「先週、五
日間ほど台湾におりました。要所の人たちがまさに同様な指摘をしておりました
。台湾のメジャーな新聞、テレビにも北京の息がかかっています。日本のマスコ
ミ操作なんぞはお茶の子さいさいでしょう」(引用止め)。
 「操作」って具体的にどうやっているんでしょう。。大方なんとなく想像はつ
いているのですが。
 普通こういうのって弱みを握るか、金で釣るか。。あるいはその両方。金を掴
ませる事が後々弱みになる?  小生密かに莫大な裏金が流れているのだろうと
想像しておるのですが。。しかもその元金は我が国からのODA?
 マスゴミ関係者の分不相応な高禄(?)はその為の口封じ? 見当違いですか

   (EF生)


(宮崎正弘のコメント)古来より、スパイは人類最古のビジネス。ご参考のため
拙著『ソ連スパイの手口』、ならびに拙訳『ソ連KGBの対日戦略 ― レフチ
ェンコ証言録』をお読み下さい、と言いたいのですが、いずれも絶版。
 冷戦時代は『イデオロギー』で釣れた。ゾルゲにおける尾崎某・朝日新聞記者
。戦後も80年代まで日本でレフチェンコがたぐった多くの日本のマスコミ人。近
年は『女』と『カネ』です。時間をかけて潜在的スパイ候補をじっくりと観察し
、相手がいま、これが必要というときにあてがう。F22機密、イージス艦の機
密、しかし、いまの日本の閣議決定は30分後に北京に伝わっている。いやいやそ
の前にもちろんワシントンに伝わっていますが。。。。。
    

台湾は日本の生命線より転載

日本共産党はNHKの味方らしい。機関紙「赤旗」は 同党の山下芳生議員が昨二十五日、参院総務委員会で、福地茂雄会長を前に「JAPANデビュー」第一回「アジアの“一等国”」が、「反日的だ」などの攻撃が加えられている問題を取り上げ、「歴史を直視することでこそ、相互理解とより深い友好関係が構築できる」とNHKの高く評価した、などと得意になって書いている。

あの番組を「歴史を直視している」などと言ってのけるのだから、共産党員とは本当におかしな連中だが、同氏はさらに、自民党議員が番組を非難する議員連盟を発足させたことを受け、「NHKとして“政治からの圧力”にどう臨むのか」と質問したそうだ。

これに対して福地氏はあいかわらず「恣意的編集はなかったと私自身感じている」と答えるとともに、「公共放送が何人からも干渉されず、放送による言論の自由を確保すること、公平・公正という公共放送の生命線はゆるがせにできない」とまで言い放ったらしい。公平・公正さの欠如が問題になっているというのに…。そもそも言論の自由などと簡単に言うが、NHKは放送法により、その「自由」の前提として「公平さ」が求められているのだ。

評価する方もする方だが、される方もされる方だ。どいつもこいつも「反日ご都合主義」に徹し、「誠」というものがない。

なおこのように、公共放送の番組が、アカだけに褒められるという事実には注目したい。

さて昨日はまた、このNHKに対して集団提訴が行われたわけだが、その原告数の多さのためだろう、ようやくマスコミ各社も、この問題で国民が怒っているという状況を報道せざるを得なくなったようだ。NHKラジオなどは真っ先に報道したらしい。それを聞いた知人から電話があり、「客観的に正確に報じていたよ」と言われて笑ってしまった。本当にNHKはみっともない放送局である。

これまで抗議から逃げ回り、その不誠実な態度によって提訴を受けるとの事態を自ら招来し、そして自分でそれを世の中に伝える羽目になったのだから。

台湾でも中央通訊社が、.産経新聞に掲載された「NHKの大罪」意見広告の写真を添えて詳報していた。BBCの中国語ニュースサイトも報じている。

国内各紙の見出しを見て嬉しくなった。

毎日は“提訴:元拓殖大総長ら、NHKを 「スペシャルは捏造」”。

読売は“台湾統治巡る番組「偏向」 8389人、NHKを提訴朝日”。

朝日は“「台湾統治で偏向報道」視聴者8千人がNHK提訴”。

産経は“NHK相手に8400人が集団提訴 「JAPANデビュー」歪曲報道で”。

「捏造」だとか「偏向」だとか「歪曲」だとか…。どれを見ても「天下のNHKがとんでもないことをしでかした」ということが確実に伝わってくる。大勢の国民は「まさかあの天下のNHKが…」と吃驚したことだろう。そしてそれをきっかけにNHK番組への信頼は今後、どんどん崩れ去っていくことだろう。「8389人」の力がそれを可能にしたわけだ。

200906261237000.jpg 200906261238000.jpg
産経は1面トップ、そして3面でこの問題を詳報した。マスコミ注目下で裁判所もこの訴訟を軽視できまい

さて、明二十七日は東京と大阪で、そして翌二十八日には名古屋で、いつものように大抗議行動が行われ、視聴者を欺くNHKの実態がさらに国民に知らされることになる。

とくに東京ではNHK放送センターまでデモ行進を行うほか、参加者がいくつものグループに分かれて山手線の電車に乗り込み、「NHKの大罪」などの文字を幾万もの人々に見せる計画だ。

一人でも多くの人の力が必要につき、参加可能な方はぜひ!これは日本国民には、とても価値ある行動である。

*********************************************
20070618232827.gif

 ↑  ↑
よろしければクリックをお願いします。
運動を拡大したいので。

NHK 「JAPANデビュー」 に抗議する国民大行動・第4弾 
6・27 全都一斉街頭宣伝活動


平成21年6月27日(土) ※ 雨天決行!

【街頭宣伝】
11時00分~12時30分 JR「渋谷」駅ハチ公前広場
      水島 総、松浦芳子、三輪和雄、柚原正敬、永山英樹 各氏 ほか 文化人・地方議員 多数登壇予定!

【集会】
13時00分~14時00分 宮下公園  →  終了後、各地へ移動

【全都一斉街頭宣伝活動】
14時00分~16時00分   デモ行進+山手線でのアピール行動 渋谷、新宿、新橋、銀座、上野、池袋

【主催】
草莽全国地方議員の会、「NHK『JAPANデビュー』を考える国民の会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、在日台湾同郷会、台湾団結連盟日本支部、メルマガ「台湾の声」、NHK報道を考へる会、誇りある日本をつくる会、昭和史研究所、日本世論の会、日本会議東京都本部、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会、新しい歴史教科書をつくる会 東京支部・三多摩支部 ほか

【協賛報道】
日本文化チャンネル桜、國民新聞

【ご連絡先】
草莽全国地方議員の会  TEL 03-3311-7810
日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会  TEL 03-6419-3900

――――――――――――――――――――――――――――――

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動 in 大阪・第3弾

日時 : 平成21年6月27日(土)
集合場所 : 桃園公園 (地下鉄谷町線、長堀鶴見緑地線「谷町6丁目」駅4号出口 徒歩1分)
内容 :
  14時00分 集合
  14時45分 デモ行進 出発 → NHK大阪放送局付近で解散
           公園より北に上がり長堀通りを西へ → 堺筋を北へ → 本町通りを東へ
               → 谷町筋を南下 → 中央大通りを東へ → NHK大阪放送局付近
主催 : 日台未来会
――――――――――――――――――――――――――――――
NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動 in 名古屋・第3弾

日時 : 平成21年6月28日(日) ※ 雨天決行
内容 :
 12時00分~13時00分 街頭宣伝、署名活動  於・名古屋市中区矢場町交差点 若宮広場
 13時30分~14時00分 参加者集合、出発式
 14時00分~15時00分 抗議デモ (若宮広場→大津通→錦通→NHK名古屋放送センター)
※ 詳細は 日本李登輝友の会 愛知県支部

ご心配をおかけしました

本日弁護士さんの所へ行き、今後の方針を相談してきました。早い時期に特定可能と言って下さいました。以後の細々したことについては、このブログに書けません。ご心配をおかけしました。

2009年6月24日 (水)

NHKデモと救う会愛知

我々もNHKの抗議活動に参加します、私も12時から若宮広場にて署名活動及び街宣活動をしますので、皆さんの参加を強くお願いします。一人でも多くの方が参加していただければ、NHKに対する国民の怒りが増幅してより多くの人達が続々後に続いてくるでしょう。日本を思う人達を一人でも多く結集させたいと思います。救う会愛知も積極的に行動します。 by神風

台湾は日本の生命線より転載

六月二十日に都内のNHK放送センター周辺で実施されたNHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動の第三回目の詳報がチャンネル桜の番組で行われたが、そこで水島総氏も指摘する通り、新しい潮流が生まれているのではないかと思わせるものがあの日にあった。

mail.jpg mail2.jpg

あの番組を契機に、日本を心配する、台湾を心配する、そして公共放送の不正を許さないと考える若者たち一人一人が「許すな」と叫ぶために全国から自発的に集まり、迫力の中にも秩序ある行動を堂々と行って見せたのだ。

そしてこの新潮流をNHKは予測しなかった。そしていまだに対抗手段を考えられずにいる。

だからこそ失態、醜態をさらし続ける。デモ隊代表が抗議書を手交しようとすれば、ただ警備担当職員を一人だけ出し、柵越しに応対させる。しかも言うことはただ一つ、「郵送して」だ。

この非常識さはもはや傲慢さからだけのものではないかも知れない。逃げ道を失って狼狽し、恥も外聞もなくなったと言うことか。

そこにはもはや「天下のNHK」の姿はなかった。そしてデモ隊は、そのさまをビデオで撮影し、あるいは実況生中継を行い、天下に見せつける。

少なくともあの時点でデモ隊は、映像戦略においてNHKを超えていた。

そして極めつけは路線バスでNHKの警備網を突破し、抗議のため構内に進入する若者たちの「トロイの木馬作戦」である。

NHKはこればかりは阻止できないとも思われたが、我々の「常識」を超える形で阻止してしまった。門を閉ざし、バスの運行を阻止してしまったのだ。

これは驚くべきことだ。

有害な放送をし、やがて批判は収まるだろうと高をくくり、訂正も謝罪もしないばかりか抗議を徹底的に無視し、それで一件落着だと予測していた「天下の傲慢NHK」を、ここまで追い詰めるものは何かと言えば、こうした運動の「新潮流」がそれである。

参加者一人一人は実に真剣。前回、前々回の大行動では慣れないデモに多くが戸惑ったとも聞くが、こう何度もやっているうちに「デモ慣れ」してきた感じだ。度胸も付いたし、いろんな戦法も編み出してくる。

そして長期戦に倦むどころか「楽しんでいる」。あくまでもNHKから明日の日本を守るためにだ。

これからも様々な有効な新戦法が生み出されてくるのだろう。

こうした運動はきっと、日本を支配する反日左翼メディアに対抗する新時代の国民運動のモデルとなるはずである。何と言っても「誰でも立ち上がることができるのだ」と教えるところがすばらしい。

二十七日、東京では第四弾の大行動。今度は「山手線一周」のアピール行動だ。同日は大阪でも第三回デモ行進。翌二十八日には名古屋で第三回デモ行進。

戦いはこれからだ。国を憂える先覚者として、誇りを持って頑張ろう!

NHK抗議デモ

NHK抗議デモを行います、6月28日午後2時出発します。12時から街宣署名活動をします。デモ参加者は1時半までに来てください。場所は前回と同じ若宮広場です。  by神風

2009年6月23日 (火)

ウルサいよ愚民

他人の「少々の」悪徳に1から10までガチャガチャ難癖をつける人間が多過ぎる。

日本は法治国家である。日本人であれば誰でもルールによる支配を受け入れている。悪徳には、レベル1〜レベル10まであるとすると、法というものはレベル8以上のものに制裁を課すシステムである。

人間のやることであるから、レベル8の悪徳をせざるを得ない状況とか理由とかがある場合も当然あるので、そのために裁判がある。

法律に違反していても道徳的に称賛される場合もある。山口二矢なんかはその代表的な例だろう。今の時代だって忠臣蔵などを人々は心の底で受け入れているのである。
法律だって歴史的なものであるが、徳律なんかは不文の経験知としての法律だろう。

私は保守だなんだと普段言っているが、どちらかと言うと道徳的には劣等な人間に違いないと思っている。怠け者だし、金使いは荒いし、いやもっと、、、

だから他人のレベル1〜レベル7までに対しては、ガチャガチャ言うのは好きではない。(身内には厳しいのですが。。。)しかし、レベル7でどうにも我慢が出来ない場合は、冷やかしや仄めかしを駆使して他人を批判する。 そして新たなルール作りをしようと努める。

政治家だって官僚だって霞を食べては生きられないわけだし、一般の人間には想像もできない程の金が必要だろう。女も好きだろう。当たり前じゃないか。

ずうっと前だったっけ、宇野首相の女性スキャンダルが国政にまつわる選挙を左右するという馬鹿げた愚民の振舞があった。あんなものはヨーロッパならあんなことにはならない。

自分が出来ないことを人に要求するのは如何なものか?と言ったら、誰だったか言ってた。
「自分は国民だからいいけど、政治家は立派でないと困る。我々国民には政治家を批判する権利がある」と。
これこそが愚民の見本だと思う。偽善や欺瞞では何にも解決にはならないと腹の底ではわかっているくせに。。。そんなことを大声で言う人の数々の不徳(もちろん私以上です)を私は知っている。

一昔前、クリーンな政治家というものがモテハヤされた時があった。そんなものを持ち上げているようじゃあ、日本の政治も社会も活力なんて出ない。もうクリーンな政治家という言葉すら、忘れられている。

移民はゴミだと言ったフランスの大統領は女好きではなかったか。

他人や政治家の少々の不道徳を挙げつらう、鬼の首取ったかのように喜ぶ偽善者さんは嫌いだ。自分のいかがわしさについては不問、棚上げし、政治家や官僚のいかがわしさを挙げつらう人間の方がいかがわしい。

日本国民がもっと賢明にならなければ。反日マスコミの偽善ふりかざしにフラフラついて行くなよ!!! 度々の馬鹿騒ぎをヨーロッパは、いや、アメリカさへも冷ややかに見ているだろう。

2009年6月22日 (月)

売られたケンカからは逃げませんよ

本日知り合いと裁判所と警察へ行ってきました。それがなんと裁判所でバッタリ会ったのが、知り合いの弁護士さんでした。神さまがお導きくださったようです。明日か明後日には弁護士事務所へ参ります。

追記:「ま、これでおいらんが思っていた人が犯人じゃなければ、いい笑いものだな」とおっしゃっている方がいらっしゃいますが、そこまで執拗に私の事を気にしてくれる人やチームが他にあるとは到底思えません。
万が一違っていたら、謝るだけですよ。間違うこともあるのが人間でしょう。間違ったら当然謝りますよ。家まで謝罪しに伺います。

行動に移します

昨日まで待ちましたが、謝るどころか挑戦的ですので、本日裁判所へ相談&開示請求に行ってきます。
相手方は身元隠しに自信があるようですが、こちらでIPアドレスを調べただけでも、ある国立大学の名前が出て来たりしています。若者ですので、行き過ぎもあると思います。その子らの将来を考えると、どの程度こちらもやったらいいのか思案のしどころですが、あまりにもシツコイし挑戦的ですので、ある程度の制裁はやむを得ないと思います。
しかし多分一人ではないと思います。チームがあります。私の推測は当たっていると思います。

2009年6月21日 (日)

救う会愛知の活動

救う会愛知のブログに詳しい事は書いてありますが、雨の中多くの方の署名をいただき有難うございました。是からも拉致被害者の全員奪還を目指して頑張っていきますので宜しくお願いします。 by神風

2009年6月20日 (土)

コメントした人、また関係する人へ

ある人から開示請求してくれ、警察へ行ってくれて構わないと言われていますが、本当にそうしてもよろしいんでしょうか?
こちらは月曜日に訴訟を前提とした開示請求をする予定でいます。

それから、9なる人物がこのブログに登場したのが5/2〜5/9、複数の通りすがりと称する人物がこのブログに攻撃して来たのが5/9〜5/29、それから今回のが6/1〜現在ですが、関連があると思っています。こちらはかなりの情報を取得しております。

私だってあまり裁判なんてしたくはありません。しかしここまでナメられていますので相手の出方によっては致し方ないかとも思います。実は謝罪を待っていたのですが。日曜日一杯待ちます。月曜日には本当に行きます。なぜここまで謝罪を求めるのかと言うと、これまで8ヶ月間、私に対するいわれのない糾弾の嵐に終止符を打ちたいからです。

大騒ぎになっている時は、やはり当事者ですので、頭の切り替えがうまく出来ず、仕事で小失敗、大失敗を繰り返し、仕事もかなり減っています。随分翻弄されましたが、これに終止符を打って、仕事と運動を立て直さねばなりません。

お人好しヘタレ

その後の進展ですが、まあいいか、攻撃が無くなればと安易に思っていましたが、ある方にお人好しヘタレだと言われました。

私は押しが強いから自己主張も強いかというとそうでもないような気がします。この運動の中で私的な主張をすることは悪だと思っていました。 押しは強いですよ!!「党員になって〜!」とか、「今度の街宣来て〜」というのは創価学会並だと言われています。

ゴタゴタに終止符を打つためにも、たまには自己主張をしてみようと思います。

それにしても不思議なのは、いつもなら重箱の角を突ついて大騒ぎする方が静かなんですよね。

救う会愛知の活動

明日21日日泰寺前において、10時より救う会愛知の署名活動を行います。是非有志の方のご参加をお願いします。 by神風

保守運動か維新運動か

日本に天皇陛下が御存在していられる以上、保守運動も究極の維新運動に過ぎない。日本以外では革命運動としての保守運動は存在しない。国家社会主義も革命運動である。体制としての天皇陛下と維新運動の中の天皇陛下は、まさしく矛盾としての御存在である。しかしこの二律背反の存在としての天皇陛下こそ、保守運動を維新運動に転化させるべき確固としたバックボーンである。YP体制打倒青年同盟が過って経団連を占拠したとき資本家達は味方から何故狙われるのかと言う、馬鹿げた言葉を吐いた事の中に、彼等売国資本家の保守運動から維新運動への転換を理解できない、決定的な差異が存在する。 by英霊の声

2009年6月19日 (金)

自分の名誉は自分で守ります

自分の名誉は自分で守ります

このブログに誹謗中傷で執拗に攻撃された件で、ここまでされて黙っていられません。 今までこの運動は自分なりに個人的感情を排して頑張って来たつもりです。

今は少し落ち着きましたが少し前も、攻撃されていました。本当に執拗です。今でもほぼ12時間以上張り付いています。

要はナメられているんです。私も気持ちが悪いので、明日、警察に相談することに致します。





以下コメントの一部です。訴訟をせねばならないかもしれませんので、あまりに酷いものは載せておりません

>>ケツの穴の大きい女     
ジュクジュク・アツアツ・トロットロのケツマンコですな(*´Д`*)
しなびた年寄りオチンチンじゃ足らないでしょ
俺の若いチンコをぎっちりハメ込んだら脳みそでんぐり返っちゃうくらいイケるんじゃねー?ねーねー御淫乱さん、ケツマンコセックスしよーよw

イミフで超ウケルンデスケドーw

がんばれ削除人w
自演米も削除しろよw

きれいさっぱり削除かよ

保守運動の現在と未来へ

現在の保守運動は、我々民族派学生運動を闘ってきた人間からすると非常に優しい運動だと思う。良い悪いは別として当時は50人対2人とか5人対1人とか言う状態の中での運動でした。今の市民運動としての保守運動を継続する為にも、各人が主体性を確立しての運動への参加をしないと、分裂行動に走り自己組織の否定から他組織への批判等、自分でも何をしているのか解からなくなる状態に陥る事が、この一連の事態の真実だと思う。自分が何をしたいのか、国民運動をしたいのか、一定の地位を占めたいだけなのか。初めの国を思う心があれば分裂分派行動は生まれないはずだ。各位の賢明なる行動に期待する。  by英霊の声

2009年6月18日 (木)

おいらんの名を語って嫌がらせコメントしてくる人がいる

私の名を語って、嫌がらせコメントをしてくる人がいます。朝も早くから夜中の3時まで毎日このブログに張り付いています。どこまでシツコイのでしょう。ろくに寝てないでしょう。私のmixiのところの足跡を消したりお忙しいことです。よくそこまでエネルギーがありますよね。それでも保守と言えるんですかね。まあ頑張りなさい。

2009年6月17日 (水)

左翼の思想的後退と保守派の台頭

ブログ旗旗に日本の日の丸の事に言及していますが、国旗に対して彼等新左翼く崩れは保守派の事大主義者に迎合するかの如く論理を組み立てながら、お人好し保守を持ち上げる事により保守からの批判を誘導しようとしている事は明白である。彼等反日左翼にとっては、国旗など外国人の如く卑しめる事しか彼らは考えていない。階級闘争を忘れ、反日思想の成れの果ての醜い行動を繰り返す、彼等新左翼の思想的退廃はまさしく戦後民主主義の破産とGHQに仕掛けられた自虐史観其のものである。 by英霊の声

2009年6月16日 (火)

共闘と統一戦線

前にも書きましたが、安易な共闘は組織間では不協和音をかもし出します、現在の状況では我々も共闘しても余り意味がないと思う。共闘するときは個々の組織の間で意識の一体化を計らない限り、軋轢を生むだけです。共闘が出来て自己の主体性を確立できれば、統一戦線も出来ます。他組織のことについて色々言う事は、決して言うべきではない。  by神風

北朝鮮擁護派に陥った右翼

北朝鮮擁護派になって、元赤軍派議長と連帯しようとした新右翼の旗手の状況は何なんだろう。お玉ブログにも嬉々として取り上げられているが、原理原則を忘れた右翼とは我々も自戒しなければならないだろう。金の為に裏切る人間もいるし、アンチ体制としての反米主義から敵の敵は味方の論理に取り込まれる人もいる、西村修平氏の言うとおり主体性を忘れた安易な共闘は意味を成さないが、自己の思想の確立された共闘はおおいにするべきだ。  by英霊の声

平和とは平定の世が続くことである

在特会が力をつければつけるほど、在特会批判が喧しい。

mixiをみると、左翼の側でなく保守の側からの批判であるから情けない。いや、彼らは保守ではなく反左翼であってサヨクなのだから当然と言えば当然だ。
例えば彼らは自殺や殺人について深く考察することはない。「かわいそう〜」「ダメだよね〜」などとステレオタイプの感想しかもたないだろう。

また彼らは戦後民主主義のイデオロギーに染まった理想主義者である。理想以外のことはダメだと言う。共産主義も理想主義ではなかったか。

パクスアメリカーナの時代の終わりを告げる鐘はなったが、平和とはなんだ??平和な状態とはどのようにして訪れるのか??
答えは、強い者が平定して初めて平和になるのだ。 平和は結果でしかない。

戦国時代、織田信長、豊臣秀吉が全国統一して平定し、平和と呼ばれる時代になった。徳川家康の平定は秀吉よりぬかりなかった。 だから200年もの間、平定が続いた。 明治維新は何人の人が死んだ?

平定が続くことが平和というのだ。平和の反対は戦争じゃない。混沌である。アメリカが没落し平定の世が崩れ、今から世界は混沌に陥るのだ。平定がなければ平和はない。平定するまでに血が流れるのは必然だ。民主主義であったローマの時代だってパクスロマーナがもたらしたものである。

戦後民主主義の人間の現実が伴わない理想主義はいい加減にして欲しい。

Bannartorihada

2009年6月15日 (月)

日本に栄光あれ

H19年9月17日、私はこの運動に入りました。それまでの約15年間も保守でしたがネットも見ませんでしたので、本とお友達でした。テレビを見るとムカついていましたが、左翼はただのバカだと思っていました。

安倍元首相に対する報道には苛立ちを覚え、周囲の人々には声高にマスコミのおかしさを語っていました。安倍元首相が参議院選で大敗を喫したとき、もう黙ってはいられないと思いで、安倍首相応援団を作ろうと思い立ち、ネットに触れてみました。

そうしたら出るわ出るわ!!!!!! Σ(゚д゚;)ヾ(.;.;゚Д゚)ノモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

左翼はバカだと思っていた自分が間違いだったと気付きました。

左翼はバカではない。外国人?なのである。
これは思想や考え方の違いではなく、力と力の戦いである。正しい方が勝つんじゃない。力のある方が勝つ、それだけのことである。
力の無い者は正義を示すことが出来ない。安倍首相は首相だったからこそ正義を推し進めることが出来たのである。私もその力のために貢献したい。後から後悔するのはイヤだ。

思い立ったが吉日。即座に運動に入りました。

在特会の京都のデモは、力と力の戦いであることを如実に示しています。我々は力を持たねばなりません。日本に栄光あれ!!

Bannartorihada

オオヤマレンゲを愛しています

私の一番好きな花はオオヤマレンゲです。奈良県などの日本の深い山に自生しているのでミヤマレンゲともいいます。日本古来の花です。
オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲの花の香りはなんという例えがいいのでしょうかね。部屋一杯に広がる清涼な、甘すぎずキツすぎず、なんとも上品な香りがします。普通の花の香りとは違います。ちょっと宗教的な香りがしますよ。マジです。

またオオヤマレンゲは男性的な生け花に向きます。私はこのオオヤマレンゲを愛しているので、オオヤマレンゲを生ける時は緊張します。オオヤマレンゲを生けさせたら超ウルサいですよ、私は。

私の勝手な思い込みですが、オオヤマレンゲは境界線の花だと思います。和と洋の境界、柔と固の境界、陰と陽の境界、強と弱の境界、そして花期も暑いと寒いの境界の時期です。

この凛とした、やさしく、また力強いオオヤマレンゲの花が大好きです。
Bannartorihada

救う会愛知と自民党とのコラボレーション

6月13日は自民党とのコラボでした、これからも政党とのコラボをしていきます。民主党ともコラボをしたいですね、北朝鮮万歳派を除けば民主党の保守派とは是非共闘したいです。主体性を持てば何処と共闘しようが問題はありません、偏狭な人もいますが、我々には関係有りません。自民党の中にも北朝鮮派はいます、是々非々で運動を構築していくつもりです。国民全ての願いである拉致被害者の奪還目指して頑張って生きます。   

by神風

Bannartorihada

2009年6月14日 (日)

朝鮮人すずなり動画

13日の京都の状態がよく分かる動画が主権回復を目指す会のカメラマンの方により、ただいま完成したようです。


Bannartorihada

時局大演説会のホームページを更新してもらいました

鳥肌実×桜井誠×黒田大輔 時局大演説会のお知らせです。ホームページを更新しましたので、お知らせ致します。
鳥肌実×桜井誠×黒田大輔 時局大演説会 ホームページ

よくある質問です。

その1)第二部はなんで高いのですか??

二部は懇親会を兼ねていますので、食事と飲み放題がついています。危ないトークショーが1時間程とあとは鳥肌さんや桜井さん、黒田さんと懇親をしていただきます。

その2)チケットはまだありますか??

二部はほとんど完売状態ですが、1部のチケットはまだまだ有ります。

その3)一緒に行くお友達がいないんですけど、大丈夫でしょうか??

特に懇親会でのご心配だと思いますが、通し券や二部券を購入されている方は半分以上がお一人での参加です。トークショーが1時間程と残りの時間は食事と弁士との懇親会ですから、お一人でもボーッと過ごす時間はないと思いますし、こちらでもお声をかけますから、余程の寂しがり屋さんでもない限りご心配されることはないと思います。
第一、我々の保守運動に参加される方は、殆どの方がお一人です。coldsweats01wink

Bannartorihada

在特会「外国人参政権デモin京都」報告

いやあ、昨日は楽しかったです。極左オールスター軍団がまた盛り上げてくれました。
それよりも沿道のたくさんの人々が棒立ちになって唖然と見学していたり、携帯電話で撮影したりと、在特会が京都の町を揺さぶりました。

これだけ左翼が在特会に妨害をしてくれるということは、在特会は的をえているということでしょう。

集会時にはすでに何人も左翼が混じっており、3、4回の妨害がありました。デモが始まっても沿道から左翼がしつこくついてまわりました。京都で一番の中心であろうと思われる交差点の四隅にコスプレ左翼がたかっており、ウンコのマークの日の丸や訳の分からない旗をたなびかせ、爆竹で迎えてくれました。

あれは左翼というより、ただの反日であり、朝鮮人であると断定していいと思います。だって左翼というのは多少でも思想的な言葉でありますが、思想的なものは微塵も感じられませんでした。

私は先頭で横断幕を持つ役を仰せつかりました。3kmくらい歩いたでしょうか。ものすごく暑い。暑かった。水のスプレーをしながら歩きました。2kmを超えたあたりから私も皆もヘタレてきましたが、なにしろ京都は名古屋と違って繁華街が広く、沿道からたくさんの人々が見ているので頑張ることができました。アピール度は最高値でした。

ところで西村修平さん、カッコ良かったです。言葉に魂がこもっています。いいわあheart04。。。( ̄ー+ ̄)名刺を請求されてしまいました。ウッシッシ(○゚ε゚○) 今度は東京のも参加して下さいよということですので、行っちゃいますよ〜。行く行く〜sign03
東京はいくら安いと言っても遠いですから電車に乗って泊まりで行こうっと。今度は懇親会出るぞーsign01それと修平ちゃんを名古屋に呼ぶぞーsign01

皆さまお疲れ様でした。そして京都の在特会の方、仕込み大変だったと思います。ありがとうございました。楽しませてもらいました。

sign03

Bannartorihada

2009年6月13日 (土)

在特会6月13日デモ

今日のデモで左翼各派は繰り返し攻撃を仕掛けた訳だが、彼らが今陥っている状況は、かって右翼が陥っていた状況に良く似ている。反共主義の成れの果てで新左翼に暴力的に突撃して行った、体制内右翼暴力団と何の違いが有るのだろうか。特に中核派、ブントは階級闘争を忘れ反日左翼にみすぼらしく転落していきつつある、彼らに昔の新左翼としての理念と革命思想が存在しているのかも怪しい。反日武装戦線が日本人民=労働者階級をも敵に回した時点で、理論的な破産が起きた事は明白である。其の後は反日朝鮮人の手先としか機能できなくなった事により、彼らの行為が日本人民の敵としか存在しなくなった事こそ、左翼党派の大いなる矛盾、存在性の否定でしかない。左翼党派よ今こそ日本人として我々の戦線に加わるべきだ、自己批判をし総括して我々保守民族派の戦線に連帯しろ。破産した左翼党派よ朝鮮人の手先を辞めろ。 by神風

Bannartorihada

2009年6月12日 (金)

柘植さんとおしゃべりしたら驚かれましたが。。。

この間、柘植さんと仲良くお話をしたことをある方に言ったら、とんでもなく驚かれた。え??なんで?? だって私は確かに柘植さんのブログにはケチをつけたが、愛知の運動をもっと盛大にしようという思いからケチをつけたのであって、柘植さんが嫌いだからケチを付けたわけではない。個人的感情はそこにない。やり方が違うだけでいちいち「ふ〜んだangry」なんて言ってられませんよ。

2009年6月11日 (木)

めまいがするほどの極左オールスター

ドロンパの独り言より
「在特会主催『6・13外国人参政権断固反対!京都デモ』へ犯罪妨害予告を出した反日極左側の素性について、各所へ調査をお願いしたところいろいろと分かってきました。革労協系、黒ヘル、反グローバリズム活動家、反政府活動家……内ゲバで何人もの仲間を殺し、或いは当局から極左暴力集団と指定され、或いは昨年のサミット開催時に警察官に襲いかかって多くの逮捕者を出すなど、とんでもない犯罪集団が混じっているようです。他にもテロ国家北朝鮮系のキリスト教会関係者や反日組織民団関係者、派遣村と称する共産党勧誘施設を各地で設置して貧困者を政治運動の道具としてきた左翼活動家など、めまいがするほどの「オールスター」総動員のようです。」


東海地区からは私含め10名以上行くとの情報を得ています。敵はこの間の名古屋の比ではなく500名を超え、1000人規模を目指しているとの噂もあります。これに対抗するべくぜひ皆さんの参加をお願いします。まだ車の席が空いているそうですよ!私の車は満員になりました。


外国人参政権断固反対!在特会6.13京都デモ
【日時】
平成21年6月13日(土) 14:00集合 14:30出発

【集合場所】
京都市役所前広場

【アクセス】
地下鉄東西線 京都市役所前 3番出口すぐ

【デモコース】
京都市役所前広場 ‐ 四条河原町 ‐ 四条大宮 (約一時間を予定)
四条大宮でデモは終了します。その後、解散場所に移動します。

【その他】
雨天決行
特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください
日章旗、プラカード持参大歓迎
当日は撮影が入りますので、顔を写されたくない方はサングラスなどをご持参ください

職人技が好きです

私はアートでなく、職人技が好きです。

例えば、私の感覚では、現代瀬戸焼はアートで、常滑焼は職人技なんです。常滑の職人で本当に優秀な人の作った急須は急須と蓋がぴったりと合わさり空気が抜けません。その点現代瀬戸焼はオリジナリティーや創造性とやらにこだわり過ぎて、伝統を壊してしまっている感があります。私の好きな職人技は、職人家具と言われている民芸家具や陶器やあけびのかごです。http://miyanori39.blog7.fc2.com/blog-entry-508.htmlあけびかご作りの匠は中川原信一さんという方です。

そして人工的なものより自然の素材が大好きです。

例えば、最新のマンションは新築の物件などを見ると、まるで何処かのお店に来たように素敵なんですけど、殆ど人工物ばかりで、床も壁も台所も何もかも年数が経つにつれて褪せていきます。しかし、自然の木や石で作った家は新築の時も綺麗なのですが、年数が経つにしたがって味わいが出てきます。白州さんの「武相荘」は最高ですね。

T.S.エリオットだったっけ?こんな感じのことを言っていました。 優秀なオリジナリティ(独創性)の源泉は人間の個性の中にあるのではなく、歴史的感覚の貯蔵庫にあると。オリジナリティの源泉が人間の個性の中にあるとしてしまえば、あらゆる新奇な創作が個性解放の名の下に称賛されることになると。

私の解釈ですが、例えば、独創性を発揮してノーベル賞をとった人間がいるとします。その人間が優秀な人間であることは間違いないのですが、その人間がノーベル賞をとるに至るには、その人を育てた土壌があったということです。創造性が発揮されるには、豊富な知識がなければなりません。その豊富な知識は歴史の貯蔵庫の中にあったわけですし、人類の役に立つような独創的な技術なり物なりが出来た過程には、価値の優劣を仕分けるにあたって歴史的感覚が作用されずにはいられないということだと思います。つまり、ノーベル賞受賞者は、過去の悠久の経験値が与えられているわけです。職人もそうです。

オリジナリティーにこだわった差異化商品など、お金を出して買う価値はないと思っています。一人の人間の瞬間の思いつきなどたいしたことはありません。

在特会13日デモについて

13日に在特会の京都デモがあるそうですが、極左の反対デモがあるそうです。名古屋でも突然左翼の乱入がありましたが、彼らは反戦平和を唱えながら暴力的な行動をする輩です。我々は一人でも多くの行動者を組織して立ち向かわなくてはいけないだろう、極左暴力主義者の反日勢力を駆逐する事が、我々に課せられた責務です。京都デモを命をかけて完遂しなければならない。立ち上がれ愛国者よ。  by英霊の声

Bannartorihada

2009年6月10日 (水)

私は中毒体質なんです

おこんばんわ。今日もウーロンハイ3杯飲んできました。いい気分です。

ところで酒は百薬の長と言われますが、飲み過ぎは良くありませんね。薬も同じです。適量を飲めば効きますけど、過剰過ぎると体を壊します。

私は中毒体質??でオロナミンCを1日に8本くらい飲みますが、さすがにこれは多分NGだと思ってますが、長生きはしたくないので、まあ、いいかと思っています。
それから、ニコチン中毒です。それと買物中毒です。先程、オークションをなにげに見てたら、欲しいのが出てきて、ココ○バスというのが、高いからウ〜ンと悩んでいますが、頭の中は、

「欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しいv欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい」

になっています。私と一緒に街なかをフラついたことがある方はご存知と思います。ラシックは危険地帯です。

何が言いたかったのかというと、タバコもお酒も薬も買物もほどほどにしていればいいんじゃないか、ということです。目クジラを立てるってのは、女子供のすることで、余裕のある大人のすることではないと思います。

2009年6月 9日 (火)

欧州極右の躍進

某氏が欧州極右の躍進を羨ましいと言われていますが、日本には万世一系の天皇陛下が御存在しておられるからには、国家社会主義といえども一君万民下の日本的な制度にならざるえない以上、労働者の党であっても保守派の人達を無視は出来ないだろう、無視すれば所詮あだ花で終わる事になる。短絡的にヨーロッパの党がこうだからと言う主張では多くの国民を巻き込んで、維新革命運動は出来ないだろう。広範囲な統一戦線の構築こそこれからの極右運動になると思う。  by神風

2009年6月 8日 (月)

鳥肌実×桜井誠×黒田大輔 

鳥肌実×桜井誠 時局大演説会ですが、クロダイこと黒田大輔さんも弁士として参加していただけることが決定いたしました。

黒田さん

中国の民主化!?

天安門から20年、中国の民主化を望む声がまたちらほら聞かれる。

日本は明治維新と言われる復古により近代化を遂げた。また大東亜戦争後まもなく経済大国へと伸し上がった。(団塊の世代の改革好きにより、現在はずいぶん下降気味だが)
歴史的土壌があったからだ。

ソ連は一時期ペレストロイカ、ペレストロイカと大騒ぎして民主的改革を進めたが、混沌に陥り、またもや独裁者が登場した。血が流れてないかのような顔をしたプーチンである。

中国のことを考えると、民主化を叫ぶ学生は純粋な気持ちであることは間違いない。しかし、日本と違って民主化の歴史的土壌がない。あの中国が、本気で民主化をするのであれば、文化大革命に匹敵するかそれ以上の血が流れるに違いない。人民解放軍は民主化の抑圧装置として動くだろう。
武力のリアリズムを想像してみることが出来なければ、キレイ事日本人が民主化を応援すると言ったところで、口先だけの感情論になるのは少し考えれば分かることだ。そんなことは北朝鮮に応戦したあとで考えた方がいい。

仮に中国が民主化の道を進んだとする。ところがどっこい、ロシアのように独裁者がまた現れるのだ。独裁してもらって初めて落ち着く人民なのだ。

2009年6月 7日 (日)

外国人参政権反対京都デモ

歩くの嫌いなんですが、この前の名古屋のデモも遠方から参加していただいてありがたかったので、私も参加します。高速代もなんと千円らしいですからね。遠足気分で行ってきます。普段なら200メートルも歩くのイヤなのに。。頑張ります。

【日時】
平成21年6月13日(土) 14:00集合 14:30出発
※集合時間を13:30から14:00に変更しました。

【集合場所】
京都市役所前広場

【アクセス】
地下鉄東西線 京都市役所前 3番出口すぐ

【主催】
在日特権を許さない市民の会

2009年6月 5日 (金)

信ずることと知ること

小林秀雄氏の顔が良いと、以前おいらんさまの記事にありました。顔だけではありませんよ。著書「考えるヒント」シリーズは学生時代によく読みました。その中でいまも時々思い出すのがタイトルの「信ずることと知ること」の文章です。

小林氏は当時流行していたユリ・ゲラーの念力にふれて ~現代のインテリは、不思議を不思議とする素直な心を失ってゐます。テレビで不思議を見せられると、これに嘲笑的態度をとるか、スポーツでも見るやうな面白がる態度をとるか、どちらかでせう。今の知識人の中で、一人くらゐは念力といふやうなものに対してどういふ態度をとるのが正しいかを考へる人がゐてもいいでせう。~ と言っています。

現代は目に見えないもの、非科学的なもの、非合理的なものを嘲笑い、蔑んだ結果、実に殺伐とした世情に成り果てしまいました。連日報道される異常犯罪はこうした目に見えないものに対する畏敬の念の喪失に原因があると言っていいでしょう。現代において、知ることは実に容易なことです。何かを信ずるとは、小賢しい人智を超えて大いなるものに全託することです。そして、信ずるとは祈ることとも同義語だと思います。「私はあなたの幸せをお祈りしています」との言葉をよく使いますが、いまや社交辞令になってしまっています。祈りの本質を理解するならば、こんな素晴らしい言葉はありません。祈りはその力が強いほどに目に見えた形で現れてきます。本当です。古代の人々はそうした霊力が強く備わっていたからこそ、神々との対話もできたのでしょう。

皇后陛下は「皇室は祈りでありたい」と仰せでした。悠久の日本は天皇陛下の「国安かれ、民安かれ」の祈りによって続いてきたのです。

今日、小林よしのりの「天皇論」を買いました。帯に~天皇は今日もあなたのために祈っている~と書かれてありました。by軍艦

嫉妬の名言集

嫉妬は十七条の憲法の弟十四条にも書かれているように人類にとって永遠のテーマであるようです。現在の重要視されているイデオロギーの1つに「平等」というものがありますが、この「平等」のイデオロギーは嫉妬の感情をますます助長しているように思います。しかし困ったことに、人間の生存は不自由にして不平等であるのが自然の道理です。十七条の憲法は現在において尚、私たちの行く道を照らしてくれています。

空気のように軽いものでも、嫉妬する者には聖書の本文ほどの手がたい証拠となる。シェイクスピア 「オセロ-三幕三場」

嫉妬とは、愛の保証への要求である。トルストイ 「アンナ・カレーニナ」

嫉妬はつねに他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。フランシス・べーコン 「随筆集」

嫉妬は称讃の一種だ。ゲイ 「乞食のオペラ」

おお嫉妬よ!お前は細事の拡大したものである。シラー 「断片」

なに人も己れ自身と同レベルの者に先を越さるるを好まず。リヴイゥス 「ローマ史」

わが血は嫉妬のために湧きたり。われもし、人の幸福をみたらんには、汝はわれの憎しみの色に覆わるるをみたりしなるべし  ダンテ 「神曲-浄火編」

愛は強くして死のごとく、嫉妬は堅くして陰府にひとし。ソロモン 「旧約聖書-雅歌八章六節」

才能と意志の欠けているところにいちばん嫉妬が生ずる。ヒルティ 「断片」

嫉む者は人を非難する前にまず好んで相手を称讃するのがつねである。ローガウ 「ドイツ格言詩」

嫉む者は他の人々に比べて二重に悪し。彼らは自己の不運に怒るのみならず、他人の幸福にも感情を害すればなり。  ヒッピアス 「断片」

嫉妬とはなんであるか?それは他人の価値に対する憎悪を伴ふ羨望である。阿都次郎 「人格主義」

嫉妬には体質が大いに関係する。嫉妬は必ずしも大きな熱情の証拠ではない。ラ・ブリュイエール 「人さまざま」

嫉妬のうちには愛よりも自愛のほうが多くひそんでいる。ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」

私は現在、誰かに嫉妬を覚えることはありません。逆に今、首に巻き付く蛇を振り払いたいのです。神さまどうしたら良いのでしょうか。考えてみれば、この20年、首に巻き付く蛇から逃れたい一心で、そこを離れ、また新たな場所で違う蛇に出会うという繰り返しのような気がします。また最近、夢に蛇が出てくることが多くなりました。

2009年6月 3日 (水)

鳥肌実×桜井誠 時局大演説会


日時 平成21年7月19日(日)
場所 名古屋能楽堂 名古屋市中区栄三の丸一丁目一番一号 052-231-0088

開場 14時 開演 14時30分

全席自由 前売り、3000円 当日、3500円

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。 


第二部は大名古屋食堂ア・ロテル

懇親会を兼ねた立食トークショーお酒普通ドリンク飲み放題。
前売り、8000円 当日、8500円

何を言い出すか分からない二人ですが面白い事必見だと思います。
尚 一部、二部 セット価格は一万円になっております。

isinja@softbank.ne.jpとチケットぴあでも販売しております。
第一部、第二部 Pコード:394-857 通し券 Pコード:786-147
携帯メール(銀行振り込み)isinja@softbank.ne.jpでお名前とご住所をご記入してお申し込みください。銀行振り込み後、ハガキを送りますのでそのハガキがチケットになります。当日まで大切に保管ください。

大名古屋食堂 ア・ロテル
名古屋市中区栄2−20−15 シルクトウリーホテル2F 
地下鉄伏見駅 十二番出口 徒歩4分 052-222-0758


お問い合わせ 090-6463-9938  申し込み isinja@softbank.ne.jp 主催 維の会 

アンチを超えて

山口二矢という名前を聞いたことがありますか?昭和35年10月12日、日比谷公会堂の演壇に立った浅沼稲次郎(社会党委員長)を刺殺した当時17歳の少年の名前です。彼はテロリストとして見事目的を遂げ、自己完結して自決します。彼は16歳で愛国党に入党し、激しい反共運動に挺身します。そしてその意味を自問自答しながら、最終的にテロルを決行するに至るのです。当時の時代状況は左翼勢力が圧倒的な力を誇る一方、右翼勢力は劣勢ながら反共を統一スローガンにして、スト破りやデモ隊への殴りこみなどの運動を行っていました。彼もその最前線で闘いますが、あまりの凶暴性に周りの大人さえ戸惑ったと言われています。彼は左翼のデモ隊に激しくぶつかりながら、自らのアイデンティテイを捜し求めていました。以下に17年の生涯において、その後を決定づける書物の事を紹介したいと思います。

『天皇絶対論とその影響』 谷口雅春著 昭和16年光明思想普及会発行  ~天皇への帰一すなわち忠なり。忠は天皇より出でて、天皇に帰るなり。天皇は一なり。ハジメなり。一切のもの 天皇より流れ出で 天皇に帰るなり。わが「忠」わたくしの「忠」我輩の「忠」などといいて「我」を鼻にかける「忠」はニセモノなり。 私なきが「忠」なり~

反共であれ反左翼であれいわゆるアンチの思想は、相手が変化すれば、自ずとこちらも変わらざるをえないものです。つまり相対的にならざるをえない。彼はそのような中で悶々としていたのが、この本に出会うことによって根源的な核心にまで到達したのです。

彼の供述調書より引用します。 ~私はこの本を読んで今まで自分が愛国者であることを誇りにもち、自分の役割が国家にとって重要であるものと自負していたことを深く恥じ、私心のない忠と云うものでなくては本当の忠ではないと思いました。~ その後決行までは、明治天皇の御製だけを拝誦して過ごしたとも供述しています。

照るにつけくもるにつけて思ふかなわが民草のうへはいかにと

末とほくかかげてさせむ国のため命をすてし人のすがたは

事あるにつけていよいよ思ふかな民のかまどの煙はいかにと

戦後的価値観に毒された日本人は、日本人としての根を張る努力が必要です。古典に親しむことや、美しく生きた日本人の歴史を学んだり、天皇陛下の御製を拝誦したり、家庭で神棚をお祀りして祝詞を奏上する、などなど。そうした日常的な修養が、アンチを超えた思想と運動の源となるのではと思います。

ちなみに、山口二矢烈士を詳しく知るには 「テロルの決算」沢木耕太郎著 文芸春秋 をお読みになるとよろしいかと思います。私の知り合いで17歳の息子さんの誕生日にこの本をプレゼントされた女性がおられます。びっくりしますね。   by 軍艦

2009年6月 2日 (火)

某ブログの事とNHK

皆にあのコメントは神風のいつも言ってるとうりじゃないか、あんただろうとの声がありますが、残念ながら私ではありません。其れよりも私は今NHKの反日売国の方が問題です、国を売る放送をNHKがしている事の重大さを国民にきずいて欲しいのです。我々国民がぶつぶつ言うだけで行動しなかったからこの事態を迎えている、我々も立ち上がったのです、出来れば共闘していく事が大事です。私の同志シマフクロウさんは新風の某支部の幹部であり行動家です、一部のパチンコパチンコと言う人達がいなければ、皆一緒に行動出来るし其処から連帯が生まれます、左翼に圧倒されているのに何故共闘できないのか、我組織を悪く言うのは私には理解できません。by神風

法治国家について

現在、私がお散歩に行っているブログでは、ある議員が、パチンコ企業にパーティー券を購入してもらったことが問題となってすでに久しい。実は私はこの議員に会ったとき、声色がとても気になった。自分を大きく見せようとするその声のせいで、今でもこの議員を信頼できないでいる。あるでしょう、そういうこと。女性タレントでも「どっから声出しとるんじゃ」と思わせる人が。
そんなわけで私はこの議員に興味ないのだ。選挙区民ではないし。

まあ、そんなことはどうでもいい話であるのだが、私が今回記事にしたいのは、法治国家についてである。この議員がパチンコ企業にパーティー券を購入してもらったことは合法の範囲内であるらしい。

さて、日本は法治国家である。私たちの生活や社会は法によって一応秩序づけられている。大人ならば、他人の行為がどれほどいかがわしく見えようと、それが合法の範囲内ならば、まず我慢しようと努める。それで、その法が気に入らないのなら、法を改正してもらおうと努力する。悪法も法なりという言葉を残して死んでいった哲学者もいる。

パチンコ系企業と関わる議員に関するあのブログは、合法も違法も、ミソもクソも一緒に、ブログを見ている大衆の嫉妬心と好奇心を煽り、他人の利得を非難して止まないのである。

ある組織の地方の長たるものが、子どもっぽい論理にすすんで加担するのである。しかもそれを自分らの利得(利得と言ってもいろいろあるが)に結びつけようというのだから、その組織に属している私としては、その組織の名誉を汚すことを、許しておくわけにはいかない。どうしてもやりたいなら、彼らは個人の責任の範囲内でやるべきである。だから数日前から着手しているのだ。近いうちに解決すると思う。バカとデブは恥を知って欲しい。

2009年6月 1日 (月)

お散歩にいってます

今日は、どこまでも導火線の短い奴とか、ケツの穴の大きい女とかいろいろ言われ笑ってしまいました。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 
ところで最近は別のブログにちょっとお散歩に行ってまして、なかなか書くことができません。このブログでも書きたいのですが、軍艦とか神風とかウルサいおじさんがいろいろいまして、書くことができません。ではおやすみなさい。

北朝鮮再度のテポドン打ち上げ

北朝鮮の手先日本の社民党、共産党、民主党の左翼共産主義者達は、今度の報道を聞いて自分達の不明を少しは恥じたらどうか、特に民主党は外国人参政権のマニフェストからの削除をしたそうだが、憲法違反の外国人参政権を言うだけでも売国奴であるだろう。ましてや公明党は真摯に反省して外国人参政権の集会に参加して賛成などという馬鹿げた事を言うな。戦後の反戦平和主義者達のやってきた大罪は、北朝鮮に核兵器と弾道ミサイルを提供してきた事だ。日本を裏切り国を売る勢力が反戦平和主義者達だ。我々はこういう偽善者達を断固追及していかなくてはならない。戦後民主主義の鬼っ子反戦平和主義者に鉄槌を振り下ろせ。by神風

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »